<< 1  2 

2010年02月28日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




ハンガリーで紫色に空気が染まった夜明け



PURPLE HAZE
Spaceweather.com 2010.02.27

Monika-Landy-Gyebnar1_strip.gif


normal-day.jpg

下の写真が同じ場所のふだんの様子。


(*) 理由は、霧の拡散と日の出の太陽の光線の組み合わせによって起きたということのようです。

[参考記事] オーストラリアのシドニーで全域が赤く染まった夜明け(2009.09.23)

"I was work early yesterday, just before local sunrise, when I looked out the window," says Monika Landy-Gyebnar of Veszprem, Hungary. "What I saw made me wonder if someone had put something 'extra' in my coffee." The landscape was blanketed by an intense purple fog:

" I asked my colleague, who's not a coffee drinker, if he also saw the unbelievable color and he said 'yes.' I took some pictures and they also had the same color. So it was reality, not a psychedelic vision."

What caused this strange apparition?

It was the sunrise. "Using some weather webcams, I looked around the city and saw that other places without fog were also purple, pink and red," she continues. "Colorful sunrise rays were painting everything. The scattering of this light by tiny water droplets in the fog was truly wonderful!"

"Today's fog reminded me that the 43rd anniversary of Jimi Hendrix's Purple Haze is just around the corner. It was first released on March 17, 1967."

Purple haze all in my brain
Lately things just don't seem the same
Actin' funny, but I don't know why
'Scuse me while I kiss the sky

タグ:ハンガリー

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Drought uncovers hidden underwater village
干ばつが水没した村の姿を出現させた
Metro.co.uk 2010.02.26

drougt-venezuela.jpg

ベネズエラを襲っているこの数十年で最もひどい干ばつは、1985年に水没してからずっと水面下にあった村の姿を出現させた。

アンデスの町であるポトシには約1,200人の住民がいたが、1985年水力発電用に建設されたダムのために立ち退きを余儀なくされた。町の象徴だった教会は、水が満水の時には、屋根の十字架しか見ることが出来なかったが、今では建物すべてが姿を見せている。また、墓地、住居、町の広場などが出現した。

Venezuela's worst drought in decades has brought to the surface a village that has been underwater since 1985, when it was flooded.

The Andean town of Potosi had around 1,200 inhabitants but was evacuated and its residents dispersed to create the Uribante reservoir that now feeds a hydroelectric dam.
But the dry spell has revealed eerie remnants: the church, demolished houses, a cemetery, a square.
Normally only the church spire can be seen sticking out of the 20-square-km reservoir.

タグ:干ばつ

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年02月26日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





湖底堆積物吹き上げ 高島沖などの深層部計1.3キロ

京都新聞 2010年02月26日

P20100226000033.jpg

土砂などの吹き上げが確認された琵琶湖の湖底(高島市沖約5キロ地点)=滋賀県琵琶湖環境科学研究センター提供)

 琵琶湖・北湖深層部の2カ所で、土砂など湖底の堆積(たいせき)物が吹き上げられている現象を、滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)が初めて確認し、撮影に成功した。湖底からの堆積物の吹き上げは全国の湖沼では報告例がないという。地殻変動や、地下水やメタンガスの噴出など、複数の原因が考えられるという。

■琵琶湖環境科学研確認 地殻変動影響?

 確認されたのは、高島市沖約5キロ地点と安曇川河口付近の水深100〜90メートル地点で、それぞれ長さ900メートル、400メートルの計約1・3キロにわたっていた。湖底から土砂が吹き上がっており、高さ1メートル超の大きな土煙も確認できたという。

 同センターは昨年12月下旬、撮影機能を備えた自律型潜水ロボット「淡探」を同市沖の琵琶湖底で南北に走らせ、調べていた。

 調査を行った熊谷道夫環境情報統括員によると、原因は▽湖底の地殻変動の影響▽地下水の噴出▽メタンガスの噴出▽強い水流−の可能性があるという。

 このうち地殻変動は、湖底のプレートとともに沈み込んだ土砂が活断層でぶつかり、土砂や土砂に含まれる水が圧迫されて舞い上がったとする。地下水やメタンガスの噴出も想定できるが、この場合は土煙より気泡が出る可能性が高い。強い水の流れが土砂を吹き飛ばした可能性もあるが、範囲が広すぎるという。

 撮影した映像は28日午後5時から大津市のびわ湖大津館で開く調査報告会で紹介される。

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





AFRICA: Early arrival of meningitis "alarming"
アフリカでの髄膜炎の早い流行への懸念

ロイター 2010.02.22

(要点)

・アフリカの「髄膜炎ベルト」と呼ばれるサハラ砂漠より南の地域で、細菌性髄膜炎の流行がいつもより早く始まっている。

・感染者数の最も多いのがブルキナファソでの1,251人で、死亡率が15.4%。

・死亡率が最も高いのがトーゴで、死亡率23%(感染した108人のうち25人が死亡)

・2月7日に健康省は、2,298例のケースを報告。死亡率は13%に達する。

・なぜ予想より早く流行したのかはわからない。

・専門家は「かつては、8年から10年毎に大規模な髄膜炎の発生が起こるような傾向にあったが、今や、4年毎に起きている」と言う。

・2009年の髄膜炎の流行では、アフリカの14の国から、合計7万8416人の患者が報告され、4,053人が死亡(1996年の流行病以来の感染力の最多数)している。



DAKAR, 22 February 2010 (IRIN) - A meningitis epidemic has struck earlier than usual and is spreading across sub-Saharan Africa's "meningitis belt" from Senegal to Ethiopia, according to health ministries in the region. The disease occurs during the dry season, with most cases reported in mid-April.

As of 7 February, health ministries in high-risk countries reported 2,298 cases, with a 13-percent fatality rate. Burkina Faso has reported the highest number of cases, but Togo has experienced the highest fatality rate, where 25 of 108 infected people died.

The World Health Organization (WHO) described the situation as "alarming".

Mamoudou Harouna Djingarey, a WHO epidemiologist and meningitis expert, told IRIN it was still not clear why infections were spreading earlier than expected. "This [timing] is a sign of a major epidemic risk if no action is taken," he warned. Extensive meningitis outbreaks tended to occur every eight to 10 years, he said, but were now occurring about every four years.

In the 2009 meningitis season, 14 African countries reported a total of 78,416 suspected cases, including 4,053 deaths, the largest number of infections since the 1996 epidemic.

Studies are being carried out to determine whether climatic and environmental factors might be influencing the extent of the current epidemic. Djingarey told IRIN that infections had also been reported further south than usual, including in Uganda, Kenya and Democratic Republic of Congo.

Burkina Faso

On 17 February the Health Ministry in Burkina Faso reported 1,251 meningitis cases, with a 15.4 percent fatality rate. This time last year there were 25 percent less infections, but a similar percentage of deaths.

The disease has reached epidemic proportions in Pama in the east, Titao in the north, Sapouy in the centre west, and Batié in the southeast, defined by WHO as areas where at least 10 out of 100,000 people are infected. Three other districts with half as many reported infections are on alert, according to Burkina Faso's Ministry of Health.

Vaccinations have been carried out in Pama and Titao, and more are scheduled to take place in the centre west on 20 February. "If we can react quickly the numbers will drop," Health Ministry epidemiologist Jean Ludovic Kambou told IRIN.

WHO recommends vaccinating everyone aged from 2 to 29 years and living in an epidemic zone, as well as people in neighbouring areas that are on "alert". If the country does not have enough vaccine, it can request no-cost or minimal-cost vaccines from a meningitis vaccine stock managed by WHO. Alejandro Costa, a WHO vaccine scientist, told IRIN no countries have requested vaccines as of 19 February.

Costa told IRIN 100,000 doses of vaccine from the stockpile had been sent to Chad, which did not have vaccines on hand but was facing an epidemic in the southern regions of Mandoul and Logone Orientale. Chad's Ministry of Health said 42,000 people in the southern town of Doba needed vaccination.

On 19 February the government reported 507 meningitis infections that have led to 56 deaths, an 11 percent fatality rate.

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年02月24日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





MAGNIFICENT MAGNETISM(壮大な磁気)

Spaceweather.com 2010.02.23

NASAの宇宙船もアマチュア天文家も太陽で磁気で揺れている長いフィラメントをモニタリングしています。 それは太陽の南東のあたりで100万キロメートル以上の長さに渡って伸びています。

hyder-flare.jpg

こちらのムービーが示すように、フィラメントは少なくとも2日間は安定したまま残っています。 しかしながら、過去の同様のフィラメントは、フィラメントが太陽の表面を衝撃音と共に打つ時に崩れていくことが知られています。これは、ハイダーフレアと呼ばれる、太陽で起きる強いフレアの中で最も強いものに匹敵する爆発となります。 太陽物理学者は、いまだハイダーフレアを予測することはできないので、私たちにその発生の可能性を予測することはできません。 太陽望遠鏡をもっている読者たちの観察がさらに促進されることを奨励いたします。


MAGNIFICENT MAGNETISM: NASA spacecraft and amateur astronomers alike are monitoring a staggeringly-long filament of magnetism on the sun. It stretches more than a million kilometers around the sun's southeastern limb:

As this movie shows, the filament has remained mostly stable for at least two days. However, similar filaments in the past have been known to collapse, and when they hit the surface of the sun--bang! A tremendous explosion called a "Hyder flare" results, sometimes rivaling the strongest flares produced by sunspots. Solar physicists have not yet learned to predict Hyder flares, so we cannot estimate the odds of one now. Readers with solar telescopes are encouraged to monitor developments.

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年02月18日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





An Unusually Smooth Surface on Saturn's Calypso
土星の衛星カリプソの異常に滑らかな表面

NASA (Astronomy Picture of the Day) 2010.02.17

calypso-2010.jpg

土星のこの月はなぜそこれほど滑らかなのでしょうか?  この週末、土星の周囲を軌道を描いて回るカッシーニ宇宙船は、土星のカリプソ(Calypso)に接近して、その詳細な画像を描きました。 写真は、20kmの長さの不規則に形成された月の、生で未加工のイメージです。 姉妹テレスト月と羊飼い月のパンドラのように、カリプソは、異常に滑らかなその正体を表しています。土星の、より大きい月の大部分よりはるかに滑らかです。

カリプソの滑らかさの主な仮説は、カリプソが瓦礫の堆積月で作られていて、その表面の多くが瓦礫の比較的ゆるい寄せ集めであるということです。 小さい氷片のもつ緩さの性質で、それらは多くの小規模なクレーターと他の表面の特徴にも現れています。 新雪と似たカリプソの白い表面は土星のリングから崩落した氷の粒子の蓄積の連続から生じているものかもしれません。

(原文)

Explanation: Why is this moon of Saturn so smooth? This past weekend, humanity's Saturn-orbiting Cassini spacecraft passed as close to Saturn's small moon Calypso as it ever has, and imaged the small moon in unprecedented detail. Pictured above is an early return, raw, unprocessed image of the 20-km long irregularly shaped moon. Like its sister moon Telesto and the shepherd moon Pandora, Calypso has shown itself to be unusually smooth, much smoother than most of Saturn's larger moons. A leading hypothesis for Calypso's smoothness is that much of the moon's surface is actually a relatively loose jumble of rubble -- making Calypso a rubble-pile moon. The loose nature of the small ice pieces allows them to fill in many small craters and other surface features. Calypso orbits Saturn always behind Saturn's much larger moon Tethys, whereas Telesto's orbit always precedes Tethys. Calypso's extremely white surface -- not unlike fresh snow -- may result from the continuous accumulation of fresh ice particles falling in from Saturn's E ring.


タグ:カリプソ

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年02月17日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





コウモリを死に追いやるカビ、米で流行
ナショナルジオグラフィック 2010年02月17日


025857_170-cb1266351968.jpg



アメリカ、テネシー州で最近実施された調査によると、アメリカ東部のコウモリに致死的な真菌感染が広がり、大量死しているという。

冬眠中のコウモリが発症する「白い鼻症候群(White-nose syndrome)」は、低温下で繁殖する真菌(カビ)と関連があり、翼、耳、鼻口部が白い粉末状のカビだらけになる。

これまで、この病気の感染地域はアメリカ北東部の大西洋沿岸地域、バーモント州からバージニア州にかけての範囲にある洞窟のみだった。

だが、2010年2月16日、テネシー州野生生物資源局が、同州サリバン郡のウォーリーズ洞窟で、発症した2匹のアメリカトウブアブラコウモリが見つかったと発表した。

ニューヨーク州環境保全局のコウモリ専門家アラン・ヒックス氏はテネシー州の調査には関与していないが、「実際にバージニア州からテネシー州へ拡大したとなるとショックだ」と述べる。

また、白い鼻症候群がテネシー州全体に広がれば、コウモリの複数の個体群が打撃を受け、2つの絶滅危惧種が死に絶える恐れもあるという。

「東部の洞窟には大規模な冬眠コロニーが少ないが、テネシー州には1つの洞窟に10万匹以上のコウモリが生息しているケースもある。致死率95%として考えると、膨大な数のコウモリがいなくなることになる」。

白い鼻症候群は2007年に初めて確認されたが、その全容は解明されていない。

真菌感染から死に至るプロセスが不明なだけでなく、そもそも真菌が感染動物の主な死因なのかどうかもはっきりしていない。

白い鼻症候群は人間には直接的な危険はないが、コウモリの大量死は非常に困ったことになる。

テネシー州野生生物資源局の狩猟対象外・絶滅危惧種担当コーディネーターのリチャード・カーク氏は、「ほとんどのコウモリの種は主に昆虫を大量に捕食するため、害虫防除という点で公共サービスに多大な貢献をしていると言える。仮に50万匹のコウモリが消滅すれば、災難はわれわれに降りかかってくる。コウモリがいなくなれば)数百から数千トンもの昆虫が近所の町や農場、そして森林を飛び回る。そのことを想像して欲しい」と声明で述べている。






Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年02月13日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





元ニュースは、All humans are aliens from outer space: UK scientist Chandra Wickramasingheなど。

chandra2.jpg

チャンドラ・ウィクラマシン(Chandra Wickramasinghe)教授。


地球人はみんな宇宙人?=英科学者

大紀元日本 2010年2月13日

英国カーディフ大学(Cardiff University)天体生物学者チャンドラ・ウィクラマシン(Chandra Wickramasinghe)教授は2日、英紙「ザ・サン」に対して、「地球人はみんな宇宙人、みんな同じ宇宙の祖先を持つ」との持論を発表した。ウィクラマシン教授は、人類は数100万年前に彗星を通じて地球に持ち込まれた宇宙微生物であると示した。

教授は、「新しい恒星システムが形成した時に、一部の微生物が一定の方式によって彗星に入り、さらに多くの微生物を生み出し他の星へ運ばれる。それ故、人類は膨大な宇宙チェーンの一部分である。科学的証拠はこの説の方向付けになっている」と語った。

教授は、数億光年の歴史の中で彗星は宇宙を満たしている生命にぶつかり、持っている物質を宇宙に放ち、あらゆる星へ振りまいたとし、最初の「生命の種」が38億年前に地球に持ち込まれたと示した。教授は最初の生命の生成過程について説明はしていないが、生命の起源に対して明確な知識はなくても、一旦生命が生まれれば、その生命の宇宙における存続は必ず存在すると示した。

教授は亡くなった同僚で、天分学者兼科学フィクション作家のフレド・ホイル男爵と共に60年代から、地球の生命の起源は地球ではなく、他の天体で発生した微生物の芽胞が地球に到達したものである「パンスペルミア説」を提唱していた。




All humans are aliens from outer space: UK scientist Chandra Wickramasinghe

Whats on Xiamen 2010.02.12

THE human race began as microbes brought to Earth by comets millions of years ago according to a British scientist.

British professor Chandra Wickramasinghe said: "We are all aliens. We share a cosmic ancestry.

"Each time a new planetary system forms, a few surviving microbes find their way into comets.

"These then multiply and seed other planets. We are thus part of a connected chain that extends over a large volume of the cosmos. Evidence is pointing inexorably in this direction."

Prof Wickramasinghe, an astrobiologist at Cardiff University, said the first "seeds of life" were deposited on Earth 3800 million years ago, The Sun reported.

He said life through the universe was transferred from planet to planet over billions of years as comets hit them and pushed matter into space.

But Prof Wickramasinghe accepted that the theory did not explain how life originally came into being.

He and his late colleague - astronomer and science fiction writer Sir Fred Hoyle - championed the theory of panspermia from the 1960s.

It says that life did not start on Earth but was brought here from space.

The professor said: "Although we have no definite knowledge how life started in the first place, once started, its spread in the cosmos and survival is inevitable."

タグ:普遍的人類

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(※)住民たちの証言では、爆発音と閃光があり、約30メートルのクレーターが残っているようなので、空から来た何かが衝突したことは間違いなうよです。それが何かが現在のところわかっていないようです。今のところ、「隕石」という意見と、「ロシアのスパイ衛星」という意見などが出ているようですが、まだはっきりしていないようです。

AFP にメキシコでいん石目撃情報、実はロシア人工衛星の残がいという日本語の記事がありました。


Meteorite Hits Mexico Leaving 30 Meter Crater

Earth Changes Media 2010.02.12

A meteorite has smashed into the ground in Mexico, leaving a 30 meter (100 feet) wide crater, reports said. The meteorite impact was in the Ahuazotepec Municipality in Central Mexico between the cities of Puebla and Hidalgo. The Ahuazotepec, Mexico meteorite impact was so massive it broke windows in homes many kilometers from the epicenter and people reported buildings swaying and mass confusion. Other reports said the Mexico meteorite impact partially damaged a road and a bridge.

780.jpg

The precise impact area of the meteorite was in a relatively unpopulated area and hit around 6.30pm local time, Mexican media said. The Mexican military was called-in to lock down the area where the apparent space rock slammed into the ground. Initial fears where that the impact was a aircraft crashing to the ground, but that report was later dismissed.

781.jpg

The Central Mexico meteorite event was witnessed by countless people in the region of the impact, with people as far away as Mexico City saying they saw the burning object enter the atmosphere.



MEXICAN METEORITE: WAS IT RUSSIAN SPACE JUNK?

Discovery News 2010.02.11

UPDATE (4:00 am ET, Feb. 12): It would appear the initial reports of a "30 meter wide" crater may have been incorrect. No photographic evidence of the location of this mystery crater has emerged and AFP journalists are reporting that "nothing was found after a through search of the area yesterday." However, it remains probable that space debris originating from the Russian Cosmos 2421 spy satellite did re-enter over Mexico -- accounting for the eyewitness accounts -- but very little debris may have made landfall, if at all.

ORIGINAL POST: According to media sources in Mexico, a 30 meter wide crater was left after a meteorite impacted approximately 100 miles to the northwest of Mexico City in the municipality of Ahuazotepec, Puebla.

Eyewitnesses report seeing a light and then a "roar" as the alleged meteorite hit, swaying nearby buildings. According to one translated source, a bridge had been damaged by the impact that occurred at 6:30 pm local time on Wednesday evening. Windows were also shattered as a result of the blast.

Local authorities reported that emergency phone lines were jammed with scared people calling to find out what was happening.

The Mexican army arrived at the scene and cordoned off the area according to another news source. The possibility of a downed aircraft has been ruled out by the authorities.

However, new reports from the region suggest that the impactor wasn't a meteorite at all, but it did come from space.

José Jaime Herrera Cortes of the Mexican Space Agency has gone on record to say the object was a piece of space junk originating from a Russian satellite.

Cortes indicates that the U.S. Department of Defense has confirmed the object was a piece of the Cosmos 2421 satellite that was launched in 2006. As of 2008, 15 fragments of the spacecraft were being tracked.

The piece of space junk, cataloged with the ID number 33006 was expected to pass over Mexico at the approximate time of impact.

Personally, I find it strange how there are no photographs of the impact site and few details about the damage that has been done (although the impact site does appear to be in a sparsely populated region). Also, the reports are sketchy, so before we can start drawing any conclusions we'll have to wait for an official announcement.

6a00d8341bf67c53ef0128779226b8970c-300wi.jpg

he Cosmos 2421 Spy Satellite

NASA's Orbiting Debris Quarterly News newsletter from 2008 goes into some detail as to the nature of Cosmos 2421. Perhaps unsurprisingly, it was a spy satellite and the U.S. Space Surveillance Network (SSN) had detected "significant fragmentation" of the three ton object earlier that year.

During the April-June period another two fragmentation events were detected, increasing the number of pieces of detectable junk over the size of 5cm to 500.

Cosmos 2421 was the 50th spacecraft of its class to be launched since 1974.

According to the report, "nearly half (22 out of 50) of the spacecraft have fragmented at least once, typically within a few months of the end of their primary missions." Bizarrely, the cause of these fragmentation events remain unknown.


Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年02月11日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





中国には「純粋な漢民族」は存在しない!DNA鑑定で明らかに

サーチナ 2010年02月08日

national_0208_005.jpg

  DNA測定の結果、中国にはすでに純粋な漢民族は存在しないことが分かった。7日、重慶晩報が伝えた。

  蘭州大学生命科学学院の謝副教授の話によると、特定の定義は存在しないものの、「漢民族」とは現在の河南省および山西省南部などを含めた「中原(ちゅうげん)」に居住もしくはルーツを持つ人びとを指し、本来は周辺地域に住む人びとと区別するために設けられた概念であると話す。

  しかし、中原に居住していた「漢民族」は服役や戦乱からの逃避などさまざまな原因で中原から各地へ移動し、長い時間をかけて周辺の国や民族と融合していったため、現在の中国にはもはや純粋な漢民族は存在しないという。

  その一方で、客家(ハッカ)と呼ばれる人びとは言葉や生活習慣、風俗などの面で「漢民族」の文化を継承しており、謝副教授は「現在、客家は少数民族として存在しているが、彼らこそが本物の漢民族と言えるだろう」としている。

  このニュースに対し、中国ネット上では、漢民族かどうかは遺伝子によって決まるものではなく、同じ文化背景を持つ人びとを指すべきだなどといったコメントが寄せられていた。
タグ:漢民族

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。