<< 1  2 

2010年03月12日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




日本のスズメの数が 50 年で 10 分の 1 に激減



スズメ激減 50年で10分の1に
東京新聞 2010年03月02日


2010030999155513.jpg スズメのお宿はどこへ? 環境省は、かつてどこででも見かけたスズメが1960年ごろに比べ10分の1に激減しているとの調査結果をまとめた。4月から国民に呼び掛けスズメの目撃情報を収集する。生物多様性保全活動の一環として取り組む。

 同省は動植物の分布を調べた「自然環境保全基礎調査」や「農作物被害の経年推移」などからスズメの国内生息数を分析。現在のスズメの個体数は1960年ごろに比べ10分の1になったと推定している。

 東京都東久留米市の自由学園では生徒が1963年から月に1回、学校敷地内の鳥の種類や数を観察している。このデータを研究した立教大理学部の三上修特別研究員によると、1963〜98年の観察調査で最も多くスズメが観察された月を比較すると、60年代は約300羽観察された月もあったが、近年は十数羽にまで減少しているという。

 同省はスズメの減少の原因として高層マンションの増加に伴い、スズメが巣作りできる木造住宅の減少、都市部での空き地や草原の減少を指摘。農村部でもコンバインの普及で餌となる落ちモミが少なくなるなど生息環境の変化も一因に挙げている。

 同省生物多様性センターはインターネットを使って身近な生物の観察記録を集める「いきものみっけ」サイトを開設。「ウグイスのさえずり」など30種類の情報を掲げているが、4月からは「その他のいきもの」の項目の中でスズメの観察記録を募集する。生息数を細かく把握し、どうすれば減少を食い止められるかを検討する。

 東京など都市部で生息する鳥類を調査している都市鳥研究会の唐沢孝一代表は、「スズメの生息域は減少し、日比谷公園(東京都千代田区)でもヒナはすぐにカラスの餌食になってしまう。いったん減り出すと絶滅へと転げ落ちていくので、今のうちに警戒し、スズメと人が共生できる街づくりへ、建築物の在り方から注意することが重要だ」と話す。
タグ:絶滅



  

2010年03月09日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Cancer Kills Many Sea Lions, and Its Cause Remains a Mystery
癌がたくさんのアシカを死に至らしめている。原因は謎のまま。

ニューヨークタイムズ 2010.03.05

05sfsealion_CA0-articleInline.jpg

(長くて訳す時間がないですが、タイトルのことが起きているようです。原因はわからないようで、「ミステリー」と書かれています。)

For 14 years, since they first reported that a disturbing proportion of deaths among rescued California sea lions were caused by metastatic cancer, researchers have been trying to pinpoint the source of the illness.

In 1996, Dr. Frances Gulland, the director of veterinary science at the Marine Mammal Center in Sausalito, and colleagues at the University of California, Davis, found that a striking 18 percent of deaths in stranded adult sea lions were the result of tumors in the reproductive and urinary tracts.

“It’s such an aggressive cancer, and it’s so unusual to see such a high prevalence of cancer in a wild population,” Dr. Gulland said. “That suggests that there’s some carcinogen in the ocean that could be affecting these animals.”

The center has not observed the same syndrome in other seals.

Years of study have led researchers to think the answer lies not with any one culprit, but with several. Their research has added to a body of evidence concerning industrial contaminants in the ocean and their effects on the health of its inhabitants.

Sea lions have had to cope with a variety of challenges lately. There was the animals’ mass exit from Pier 39 in San Francisco late last year, which experts suspect was driven by a hunt for a better food supply. Also in 2009, the Sausalito mammal center had an unusually busy year. It took in a record 1,370 sick and injured California sea lions, and doctors found major problems in many, including malnutrition, parasitic diseases and bacterial kidney infections. Some had brain seizures from a toxic algae poisoning.

But the cancers are what Dr. Gulland found most worrisome.

One day last month, a volunteer rescue crew netted an ailing sea lion stranded on Stinson Beach and drove back to the hospital, which was newly rebuilt and reopened last summer. The thin, lethargic 200-pound young adult male had paralysis in its genital area and in its swollen hind flippers, clear signs of cancer.

“It’s pretty distressing to see,” Dr. Gulland said.

The veterinary team had to euthanize the animal. A post-mortem examination revealed not only cancer in the penis, but also tumors riddling the lymph nodes, lower spine, kidneys, liver and lungs. The disease typically starts around the penis in males and the cervix in females, then spreads. In an average year, the Marine Mammal Center sees 15 to 20 California sea lions with cancer.

The center always performs a post-mortem dissection. That work is “really what tells us about health trends in the ocean,” Dr. Gulland said.

The nonprofit center is one of the two biggest marine mammal rescue-and-rehabilitation facilities in the world ― the other is in the Netherlands ― dedicated to researching the health troubles of the animals it finds, said Dr. Sylvain De Guise, a veterinary scientist at the University of Connecticut.

Members of the medical staff in Sausalito, Dr. De Guise said, “have been pioneers at going beyond treating one individual at a time and releasing it, and have tried to understand the bigger picture, the causes and consequences.”

Ordinarily, veterinary experts do not see much cancer in wild animals, but there has been little monitoring for the disease. Recently, however, cancer has emerged as a key concern for some endangered species, including green sea turtles, Attwater’s prairie chickens and Tasmanian devils, said Denise McAloose, a veterinary pathologist at the Wildlife Conservation Society in New York City.

In addition, about 18 percent of dead, stranded beluga whales in the St. Lawrence River estuary in Canada were found to have intestinal tumors or other cancers, which have been linked to industrial pollutants.

No one knows how much of the general California sea lion population has tumors, or if the current rate is higher thanbefore. No diagnostic test for the disease exists, said Dr. Robert DeLong, a research biologist at the National Marine Mammal Laboratory in Seattle who has participated in the cancer studies.

In his field observations among a colony of 100,000 animals in the Channel Islands ― the birthplace for most California sea lions that travel the state’s coast ― Dr. DeLong said he saw two to five sea lions a year with huge advanced tumors.

When Dr. Gulland and Dr. Linda Lowenstine, a veterinary pathologist at the University of California, Davis, began investigating the cancer mystery, the obvious suspect was environmental contaminants. The Channel Islands lie off the Southern California Bight, where, from the late 1940s until the early 1970s, manufacturing companies discharged millions of pounds of DDTs and PCBs into the sea. Cleanup continues, but the chemicals linger.

But if those chemicals are solely to blame, the researchers asked, why was cancer originating mainly in the uro-genital tract, and not in the kidney or liver, as one would expect?

“That didn’t really fit,” Dr. Lowenstine said.

But, in examining sea lion tumor cells with an electron microscope, Dr. Lowenstine noticed what looked like viral particles. And indeed, in a major discovery in 2000, a different team of researchers in Washington, D.C., identified a herpesvirus in the sea lions, a close relative of the human herpesvirus that fosters Kaposi’s skin cancer lesions in AIDS patients. Recent studies by the California researchers have shown that the sea lion virus likes to live in the reproductive tract and, among adults, is twice as common in males ― infecting 45 percent of them ― as in females.


But environmental contaminants are not off the hook. Because it takes several “hits” of environmental or genetic damage to turn a healthy cell into cancerous one, the researchers speculated that the virus and chemicals could be interacting to trigger tumors.

Sea lions accumulate high concentrations of PCBs and DDTs in their blubber from eating contaminated fish; mothers also pass the compounds to babies. An analysis by the California researchers and experts at the Northwest Fisheries Science Center in Seattle found that animals with higher blubber PCB concentrations were more likely to have died of cancer.

“PCBs are notorious for two different things,” Dr. Lowenstine said. They can suppress the immune system, which may increase a sea lion’s vulnerability to the herpesvirus infection, but they also have estrogen-like hormonal effects.

In research published last summer, Dr. Lowenstine and Dr. Gulland and their associates began exploring the possibility that the contaminants interact with hormone receptors in the reproductive tract of sea lions to help promote cancer.

Meanwhile, a third piece of the puzzle is genetics. Another study revealed that animals with cancer are more inbred than those without it, so bad genes are probably also at work.

But proving cause and effect in the cancer mystery is difficult, the investigators said, especially given that experiments cannot be done on sea lions, which are federally protected.

“We don’t have all the answers by any means,” Dr. Lowenstine said. But the scientists are now mapping out a large study of 300 sea lions to study which of the three prime suspects ― virus, PCBs or genetics ― is most strongly tied to cancer.

To the California investigators, sea lion cancer is further evidence that what people do on land directly influences what happens to marine mammals in the ocean. And what makes them sick might affect us, too.

“Sea lions do eat a lot of the same things we do,” Dr. Gulland said. “So we really should start paying attention to what we’re putting into the oceans.”

タグ:大量死



  

2010年03月08日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





‘Gorilla’ seen in Nasa snap from Mars
SUN 2010.03.03

sun-gori.jpg

これは火星の巨大なゴリラなのか?

宇宙ファンの中にはこの火星の写真を見て、生き物の兆候を感じる人もいるのかもしれない。

熱狂的なマニアであるナイジェル・クーパーは「これは絶対にある種の生物だ」と言う。クーパーは、NASA のローバーから送られた写真を何枚も研究して、オンラインで発表している人物だ。

クーパー氏は「私は地球以外に生命があると確信している」と付け加えた。

続きを読む
タグ:火星 NASA



  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





古代壁画に描かれた宇宙人とUFO - インド

大紀元日本 2010年03月08日 

m74142.jpg

 インド奥地の密林の中の洞窟で不思議な壁画が発見された。ドイツのビルト紙によると、この壁画はつい最近人類学者がインド中央の山奥の洞窟で発見したもので、宇宙服を着た人型の生物がはっきりと描かれている。この他にも飛んでいる皿状の物体や螺旋状の物体も描かれており、宇宙人がどのように地球にやってきたのかを伝えているのではないかと想像させられる。

 インドの考古学者によると、このようなUFOを思わせる壁画がインドで発見されるのは初めてだという。

 この壁画が本当に古代に訪れた宇宙人を描いたものなら、人類は数千年前にすでに宇宙人と接触していたことになる。数十年来、一部の科学者が主張してきた、人類の古代文明は他の星からきた生命の力を借りて築いたもの、という理論を裏付けているかもしれない。

 宇宙人の謎は世界中でホットな話題として取り上げられている。宇宙人が地球にやって来たというSF作品も数多くあり、中国古代の文献にも記載が残っている。

 最も古い壁画は寧夏回族自治区の西北部と内モンゴル自治区の境にある賀蘭山で発見されており、規模は南北に220キロ、東西に20〜40キロ。氏族等の生活を描いた絵の中にも円形のヘルメットをかぶり、身体に密着した現代の宇宙飛行士にそっくりな宇宙服の人物が確認できる。さらに賀蘭山南端にある壁画には2機のUFOとその開口部には宇宙服の人物が描かれ、地上の動物や人々が逃げ惑っている様子が描かれており、賀蘭山に宇宙人が到来したときの様子ではないかと考えられている。
タグ:エイリアン



  

2010年03月04日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





「おなかの病気」治療に光、消化器官内の微生物の全容を解明
AFP 2010年03月04日

 ヒトの消化器官に生息する微生物の遺伝子の全容が3日、100人余りの科学者らによる研究で解明され、英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。潰瘍(かいよう)や炎症性腸疾患(IBD)などの疾患治療に利用できる可能性があるという。

■2年以上かけ微生物1000種のゲノムを調査

 研究は中国科学院北京基因組研究所(Beijing Genomics Institute、BGI)の主導で2年以上をかけて行われた。

 デンマークとスペインで、健康体、肥満体、炎症性腸患者などさまざまな成人124人を対象に、腸内検査を実施。最新のDNAの塩基配列決定法を用いて、ヒトゲノムに換算して200人分に相当する遺伝子データを収集、そこから単細胞生物約1000種の遺伝子約330万個を発見した。これは、研究者らの予想の2倍で、事実上すべての微生物に相当するという。

 研究に参加したベルギー・ブリュッセル自由大学(Vrije University)のイェルン・ラース(Jeroen Raes)教授は、「今回の研究は青写真だ。発見された微生物の大半は、これまで知られていないものだった。今後はそれぞれの機能や、疾患にどのように関連するのか調べることができる」と成果について話した。

 だが、驚くべきは見つかった微生物の数ではない。

■大半の人は同じ微生物を共有

 研究の最大の発見は、食事や住環境の違いにかかわらず、大半の人がその体内の微生物叢(そう)について、かなりの最小公分母を共有していたことだ。これまでは、特に異なる地域の人の間では微生物叢に共通点はほとんどないとみられていた。

 研究では、各人につき少なくとも160種の微生物が生息していることが分かった。これは遺伝子別に換算して50万個以上に相当し、うち約40%が被験者の約半数に共通していた。また、体内に生息する微生物の個体数は、人間の細胞の約10倍に上り、数兆個が口内、皮膚、肺、そして特に腸内に集中して生息していた。

■微生物の「最適化」で病気予防や治療も

 微生物は健康には欠かせない存在で、消化の悪い食べ物を分解し、免疫システムを活性化させ、ビタミンを生成する。しかし、最近の研究では、肥満や心疾患、IBDなどの腸内疾患に影響を及ぼすことも指摘されている。

 今回の研究について、やはり研究に参加したフランス国立農学研究所のスタニスラブデュスコ・エールリッヒ(Stanislav-Dusko Ehrlich)博士は、「研究者の考え方を完全に変えるものだ」と述べた。

 どの主要微生物が健康な腸内に生息するのかが分かれば、潰瘍や炎症性腸疾患、IBDの1種で痛みを伴うクローン病などのより正確な診断や予後診断ができるようになる可能性があるとエールリッヒ博士。「将来的には、健康のために微生物叢を『最適化』することもできるだろう。食事による病気予防や、個人の遺伝子や微生物の状態に合わせた治療もできるようになるのではないか」と語っている。



  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





民家で発見!3000年に1度しか咲かないという伝説の花
サーチナ 2010年03年03日

(参考) うどんげ - Wikipedia によると、一般的に「うどんげ」と呼ばれるものは、

・フサナリイチジク
・バショウの花をウドンゲと呼ぶことがある。
・クサカゲロウの卵塊

となっています。
他は「架空」と書かれていますが、このニュースでのものはどうなのでしょうかね。



national_0303_023.jpg

  3000年に1度しか咲かないと言われる伝説の花「優曇華(うどんげ)」が、中国の民家に姿を現した。海外メディアが1日報じたもので、民家の近隣にある寺の僧侶が確認し、間違いないという結論が下された。

  優曇華とは、仏教経典において3000年に一度花を開き、そのとき如来が現れるとされる伝説の植物。日本でも「めったにないもの」を例える用語として古くから使われており、『竹取物語』『源氏物語』といった古典文学や、夏目漱石の『虞美人草』などの近代文学にもその名が登場する。また、実在するクワ科のフサナリイチジクを指す場合、昆虫クサカゲロウの卵塊を指す場合もある。だが今回見つかったのは、霊験あらたかな伝説の植物だったそうだ。

  江西省のある民家で優曇華が発見されたのは、先月27日のこと。正体を知らなかった民家の主人は不審に思い、長さ1ミリ程度の植物を虫メガネで観察。すると小さな花が見えたため写真を撮影し、近隣の寺へと届けた。その後、その寺の僧侶が民家を訪れて観察し、伝説の花だと特定した。驚くべきことに27日の発見当初は2輪しか花をつけていなかったが、翌日には18輪に増えていたそうだ。

  民家の主人は「初めは昆虫が生んだ卵だと思ったが、虫メガネで見てみると花の形をしていたので寺に届けた。3000年に1度しか咲かない花が、我が家で見つかるなんて信じられない」と喜びを語る。また優曇華だと確認した僧侶は「私だけではなく、3つの寺から僧侶を集めて確認した結果だ」と述べた。