<< 1  2  3  4  5  6 

2010年04月30日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




「70年間何も食べずに生きていた」と主張する男性をインド軍が調査中



Man claims to have had no food or drink for 70 years
Telegraph 2010.04.30

(※) ブリザリアンとは水などの液体だけで生きている人のこと。
参考ページ:ところでブリザリアンって何?





70年間、食物も飲物も取らなかったと主張する男性

インド軍の科学者たちが、70年間、まったく飲まず食わずで生きてきたと主張する82才の男性を現在調査している。

food_1625954c.jpg

プラーラド・ヤニ氏は、現在インドのアフマダーバードの病院で隔離されている。

そこで、彼はインドの防御研究の組織によって監視されている。組織の人間は、ヤニ氏は食糧不足時などに人命を救うための術を本当に持っているのかもしれないとしている。

ヤニ氏は今は厳しい監視の中で食物も水もない状態で、6日間過ごしている。
医者は彼の体が、飢えや脱水からまだ何の影響も受けていないという。

ヤニ氏は7歳の時に家を出て、アフマダーバードをさすらう聖人として生きてきたという。

彼は、「精神的な生命の力」によって生きることができる「ブリザリアン」と考えられている。ヤニ氏は、彼が彼の口蓋の穴を通して「万能薬」を注ぐ女神によって支えられ ると信じている。

彼の主張は超自然的な能力を要求する人々の研究を専門とするインドの医者によって支持されているが、しかし、彼のことを「村の詐欺師」として相手にしない人々もいる。

様々な新しい種類の武器や爆弾を開発するインド軍の防衛組織は、食糧が途絶えた時などに、ヤニ氏が、援助が到着するまで、兵士たちにより長く持ちこたえ、犠牲を出さずに生きのびる方法を教えられるかもしれないと考えているようだ。

「彼の主張が確かめられれば、医学上の大変な進展だ」と、防御生理学の責任者である G Ilavazhagan 博士は言う。

「我々は、天災などの様々な状況で人命を救う方法をレクチャーできるが、水と食べ物がない状態で生きのびる方法をまだ知らないのだ」

これまで、ヤニ氏は6日間の間、何も食べていないし何も飲んでいない。同様にその間、尿も排泄もしていない。彼は健康そのもので、気力も衰えていない。

医者は、今後15日間何も与えない状態で、筋肉消耗、脱水症状、臓器の状態などを検証し、問題が現れなかった場合は、なぜ飲まず食わずで人体に影響を及ぼさないのか調査するつもりだ。

宗教的な崇拝の一部として、ジャイナ教徒やヒンズー教徒は8日間の断食をすることはインドではよくあることだ。しかし、大部分の人間は50日間以上、食物なしで生きのびることはできない。これまで記録されている最も長いハンガーストライキは、74日間だ。

2003年にヤニ氏を検査したことのあるシャー博士によると、10日間、飲まず食わずでいた際に、彼の膀胱で出来た尿がふたたび彼の体に吸収されるように見えたという。


Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





謎の液体:霧雨状に油降る? 福岡・博多
毎日jp 2010年04月30日

 福岡市博多区で26日、車などに油のような液体が付着する被害が出ていたことが福岡県警博多署への取材で分かった。空港近くのため、飛行機から油などが漏れた可能性も指摘されたが、成分を調べた国土交通省は「飛行機で使われているものではない」としており、関係者が首をひねる事態になっている。

 博多署によると、同日午後2時半ごろ、現場近くの会社で働く女性から「霧雨状のものが降って、油のようなものが付着した」と110番があった。博多区金の隈1の南北約200メートルの範囲に駐車していた車やバイク約40台と、プランターの植木などに霧状の液体が降った跡を署員が確認した。液体は無色透明で、乾燥している状態だったが、触れると油のような感触がしたという。

 現場は、福岡空港の南東約2キロ。航空機の離着陸コースからはややずれていたが、飛行機から漏れた場合、風で流された可能性もある。

参考記事:
イスラエルの海岸に「謎の物体」

タグ:宇宙戦争

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





「ノアの方舟」確率99.9%で発見と探検チーム、トルコ・アララト山頂
2010年04月29日

ararat.jpg

旧約聖書に登場する「ノアの方舟(はこぶね、Noah's Ark)」を探す探検チーム「ノアズ・アーク・ミニストリーズ・インターナショナル(Noah's Ark Ministries International)」が、トルコのアララト山(Ararat)山頂で発見した木造構造物の内部の棚。探検チームは方舟の残がいだとしている(2010年4月27日撮影)。

 旧約聖書に登場する「ノアの方舟(はこぶね、Noah's Ark)」を探す中国とトルコの探検家チームが26日、方舟が漂着したといわれるトルコのアララト(Ararat)山の山頂付近で、方舟の木片を発見したと発表した。

 トルコと中国の「キリスト教福音派」の考古学者ら15人からなる探検チーム「ノアズ・アーク・ミニストリーズ・インターナショナル(Noah's Ark Ministries International)」が発表したところによると、木片はトルコ東部にあるアララト山の標高およそ4000メートル地点で発見した構造物から採取したもの。炭素年代測定を行ったところ、ノアの方舟がさまよったとされる今から4800年前と同時期のものであることが確認されたとして、方舟のものであることにほぼ間違いないとの見解を示した。

 探検チームに参加する香港のドキュメンタリー映像作家、楊永祥(Yeung Wing-cheung)さんは、「100%とは言い切れないが、99.9%は確信している」とAFPに語った。

 発見された構造物はいくつかの部屋らしきものに分かれ、木の梁(はり)があるが、これはノアが動物を乗せた船室ではないか、と楊さん。探検チームではこの構造物について、普通の住居の残がいなどではあり得ないと結論付けたという。標高3500メートル以上で人の住まいが発見されたことは過去にないからだ。

 楊さんによると、発掘作業が完了するまで現場を保存するためユネスコ(UNESCO)に世界遺産指定を申請するよう、地元自治体がこれからトルコ政府に要請する。

 旧約聖書の物語では、堕落した人類を大洪水で滅ぼそうとした神が、ノアに方舟を作ってあらゆる動物をつがいで乗せるように命じる。洪水が引いた時、方舟がたどり着いた陸地がアララト山の山頂とされている。アララト山は中東で最も標高の高い山で、同山こそが本当に方舟が乗り上げ、乗っていた人間や動物の子孫が船を降りた場所だと信じる人は多い。
タグ:ノアの方舟

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





37 die of Meningitis in Uganda
Taragana Health News 2010.04.27


ウガンダ:37人が髄膜炎で死亡

ウガンダの東ブギリ県で先月発生した髄膜炎の大流行以来、少なくとも37人が死亡していると厚生省職員は火曜日に述べた。

それらの死亡例は、ウガンダ人とケニア人の漁師が住んでいるビクトリア湖のハマ島で起きたと地区の検疫官のイサック・マリンガは新華社に語った。髄膜炎は、脳膜に影響する細菌性疾患で、重い脳の損傷を引き起こす場合がある。その場合、50パーセントの確率で致命的となり、対処法もない。 病気のもっとも一般的な兆候は、肩こりと高熱、そして、頭痛と嘔吐だ。

マリンガによると、病院の職員には警戒体制が敷かれ、また、健康省から現地に医療班を送るように命じられたという。

この地区の施設は貧弱なため、多くの患者たちは、処置のためにやむを得ず、隣接しているケニアの州に移送された。

世界保健機関によると、東西のセネガルからエチオピアまで伸びているサハラ以南のアフリカでは、髄膜炎病の発症率がもっとも高いとしている。

2009年には、 4,053 の死亡例を含む合計 7 万 8416 回の髄膜炎症を疑われる例が、アフリカの14の諸国で報告されている。


関連記事:
アメリカで細菌性髄膜炎での死者
最大死亡率 23% の細菌性髄膜炎の感染がアフリカで進行中


タグ:髄膜炎

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





THE TREE OF AVATAR
Spaceweather.com 2010.04.29



・その様子の動画です。


アバターの樹

NASAの新しい太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー ( SDO ) は、くっきりとした太陽の写真を撮るだけという以上の仕事をしてくれています。
私たちの太陽が、地球外の美とさえいえる、激しく何物かである光景を明らかにしてくれているのです。今日のこのイメージは、私たちが「アバターの樹」と呼んでいるものです。

treeofavatar.jpg

この木の幹は、非常に大量の冷たいプラズマを含む磁気の柱が絡まり合ってできています。天蓋は温度が100万度にも達するガスの雲です。 4月19日に太陽物理学者がこの樹を見た時には、最近では最も大きな爆発の1つを作り出しています。

ムービーの色は温度の違い表しています。赤は比較的低温 (6万度--8万度K)で 、青と緑は高温 (100万度--220万度K) です。 木の冷たい幹が爆破で上方に行く時には急速に熱くなって、そして、天蓋は冷えることで再び太陽の上へばらばら落ちていくのです。

さあ、もう一度ムービーを見て下さい。
一度では充分ではないです。


関連記事:
太陽の病気: SDO がとらえたプラズマの雨
太陽に何が起きているのか?
太陽のフィラメントが起こす壮大な「ハイダーフレア」


Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年04月29日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





PLASMA RAIN
Spaceweather.com 2010.04.29



・ NASA のサイエンス・ニュースにあった動画より。中央部分に見える「黒い毛髪状のもの」は、 NASA によると、CCD カメラに付着した塵の小片。


プラズマの雨

NASAの新しい太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」が、太陽での大規模な爆発を観測した。 HDTVより何倍も良い画質の映像は、爆発の残骸が爆発現場の周りに爆発の雨を降らせている間に、おびただしい物質が宇宙の中に爆破放射されていくことを示している。 月のサイズほどもあるプラズマの断片は、太陽の表面に戻り着陸する時に明るく跳ねる。

coronalrain_strip.jpg

・2010年4月19日にSDOによって写真を撮られた「プラズマ雨」。


ベテランの太陽物理学者でも、このような光景は一度も見たことがないと言う。
SDOのイメージのこの流体の詳細に関してはまったく前例がなく、 NASA はそれらを「太陽のハッブル」と呼ぶ。

しかし、 SDO はプラズマ雨の神秘のひとつを解明した。それは、雨の不可解な動きに関して、太陽の強力な重力に抵抗して起きているように見えるということだ。いったい何がこの落下を遅くしているのか。この現象に関しては、NASA のサイエンス・ニュースで、 NASA から説明されている。


関連記事:
太陽に何が起きているのか?
肉眼で見える巨大な黒点が太陽に出現
太陽のフィラメントが起こす壮大な「ハイダーフレア」


Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





カナダ極北の北極圏で降雨、「異常な現象」と関係者
ロイター 2010年04月28日


220px-Ellef_Ringnes_Island.jpg

・エルフリングネース島(Ellef Ringnes Island)はクイーンエリザベス諸島を構成する島の一つ。

 カナダ極北の北極圏で先週末、雪ではなく降雨が記録されていたことが分かった。現地で活動する英国のチームが27日に明らかにした。

 雨が観測されたのは、首都オタワから北方約3900キロにあるエルフリングネース島の補給基地周辺。基地に滞在するペン・ハドー氏によると、雨は約3分間降り続き、同じころに約145キロ離れたカナダのキャンプ周辺でも雨が降ったという。

 極寒の地での降雨に、ハドー氏は「本当に驚いた。4月にこの場所で雨が降るのは異常な現象だと思う」とコメント。北極圏の気温上昇で、こうした体験が増えるとみる科学者もいるだろうと語った。

 北極圏の気温上昇は、ほかの地域に比べて3倍のスピードで進んでいるとされ、専門家は地球温暖化の原因といわれる温室効果ガスとの関連が指摘されている。


関連記事:

韓国に48年ぶりの異常低温
世界中で進行する「強烈」な干ばつ

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





キム・ソンチャン海軍総長、「報復の意志」を固める
韓国連合ニュース 2010年04月29日

ten-an-1.jpg


「苦痛を与えた勢力を探し出し、大きな代価を払ってもらおう」

天安艦沈没事故の事後処理を精力的に手がけてきたキム・ソンチャン海軍参謀総長が29日、犠牲となった将兵の告別式で、「報復の意志」を明らかにしたことが関心を集めている。

キム総長は就任一週間で艦艇沈没という初めての事態に遭遇し、捜索救助を徹夜で指揮するなど収拾に当たってきたが、その中で沸いてくる怒りを抑え、これまでは慎重に言葉に選んできていた。

彼はこの日午前、平沢(ピョンテク)の艦隊司令部で開かれた「天安艦46勇士」の告別式で、葬儀委員長として故人になった後輩らの遺影の前で読んだ追悼辞を通して、「国民に大きな苦痛を与えた勢力に対し、それが誰であろうと、私たちは決して黙って座視しているわけではない。探し出し、より大きな代価を必ず払ってもらうことになるだろう」と述べた。

いずれかの国の水中武器と推定される外部での爆発によって天安艦が沈没させられて以降、軍の上部関係者の口からこのように強い「報復意志」が飛び出してきたのは、キム総長の発言が初めてだ。

告別式に参加した李明博(イ・ミョンバク)大統領夫妻と軍首脳部、そして、ウォルター・シャープ韓米連合司令官は、遺族と後輩の将兵たちの前で決然とした意思を確かめ合った。

キム総長のこの発言は、西海(ソヘ)北方境界線 ( NLL ) 海上での海軍の作戦概念に大きな影響を与えると見られ、 NLL を守る海軍将兵たちの「精神武装の指標」となるだろうという観測が出ている。

引き続き、キム総長は震える声で、「3月26日、ペクリョン島で起きたことはあってはならないことだった。我々はこのことを決して許してはいけないし、忘れてもならない」と強調した。

また、「この悲しみ、この苦しみを乗り越えて、また我々はあなた方の魂が宿った海に出て行く。そして、あなた方が終えることができなかった任務を継続する」と犠牲将兵らの御霊を慰労した。


関連記事:

北朝鮮「核抑止力を含んだすべての手段を総動員する」
韓国与党が自国民に「覚悟」を説く
兵力の急減に悩む北朝鮮軍

タグ:天安艦事件

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年04月27日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





The Bloop: A Mysterious Sound from the Deep Ocean
NASA APOD 2010.04.27



・ APOD の写真にその音を被せたもの。


深海から聞こえる謎の音

地球の太平洋でこの奇妙な音を出しているのは何なのでしょう?

上記写真は、その奇妙で大きな音の視覚的描写です。これは、Bloop (ヒューヒューとする音のこと)と呼ばれていて、1997年に深海にあるマイクロフォンで捕えられました。上記のグラフの中で、時間は水平軸で示され、音の高低は垂直軸で示されます。明るさは音量を示します。

Bloop はこれまで、地球の様々な海でいくつかの違った音量で記録されていますが、これが何から発せられているのかはわかっていません。Bloop 音は南米の南海岸沖でしばしば発生していて、これは 5,000 キロメートル離れた地点で聞き取ることができました。

この音は、生きている生物によって出される声と類似点はあるのですが、しかし、巨大な生物であるシロナガスクジラさえ、こんな大きな声は出すことはできないのです。 その点から、この音が、(シロナガスクジラなどより)さらに大きな形態の生物が地球の深い海の未知の領域に棲んでいるのではないかという興味をそそる仮説を示してもいます。

しかし、他の可能性として想像できることとしては、この音がある種の氷山の産出から生じたという説もあります。1997年以来、Bloops はいっさい記録されていません。

-------------------------

(参考)
Calls from the deep 深海からの呼び声
New Scientist 2002.06.15

タグ:深海

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Is Vatican Observatory Trying to Tell Us Something? - "LUCIFER"
Earth Changes Media メールマガジン 2010.04.23

バチカン天文台は私たちに何か言おうとしているのだろうか? - " 新型望遠鏡 ルシファー "

「ルシファー」と名付けられた新しい望遠鏡の除幕に関する通知を、アリゾナ大学から受け取った。 バチカンには、「なぜ」自身の星の観測所を持つかということに関しての持続的な思惑があった。

その目的は、聖書に提示された警告を監視するためのものだと信じている人もいる。 その警告とは、新約聖書のヨハネの黙示録にある「ニガヨモギ ( Wormwood ) 」のことだ。

Pope_Vatican_Observatory_med.jpg

  拡大写真はここ

「第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、松明のように燃えている大きな星が空から落ちてきた。それは、川の三分の一とその水源の上に落ちた。この星の名は「ニガヨモギ」と言い。水の三分の一が「ニガヨモギ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ」  (ヨハネの黙示録8章10 - 11節)


10年に渡るデザインと製造、そしてテストの後、新しい光学天文観測施設(ルシファー1と呼ばれる)は、天の川から遠方の銀河まで、宇宙の壮観な洞察を獲得するための強力なツールとなる。 ルシファーは、ドイツの研究所によって作られた、まったく同じ2つの器具により、2011年前半に支えられると思われる。

vatican_mayan_prophecy_med.jpg

バチカンは、古代マヤ族と同じ情報を持つことができるのだろうか。どちらも、天の川銀河の中心(フナブ・クー)からやって来る出来事について語っている。それは、どちらも強力な天体の出来事だ。

しかし、もっとも重要な質問は「それはいつか」ということだ。

私は、いかなる科学者や集中して研究している個人も、宇宙科学と宇宙の現象のすべてがそれが緊急性を持っていると主張できるとは思っていない。今は、ガンマ線バーストにしろ、今後発見される小惑星などにしろ、「可能性があることをできるだけ早く見つけてほしい」と思っている。

タグ:バチカン

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。