<< 1  2  3  4  5  6  7  8 

2010年06月30日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




北朝鮮の推定保有プルトニウム量は40キロと韓国軍上層部が発表



north-korea-0630.gif
韓国ニューデイリー 2010年06月30日

北が40sのプルトニウムを保有と推定

20100630134822964f6_142706_0.jpgハン・ミンク合同参謀議長候補者は6月30日、「北朝鮮は現在、40キログラムのプルトニウムを保有していると推定される」と明らかにした。

ハン候補者はこの日、国会の国防委員会で開かれた人事聴聞会において、北朝鮮が核兵器を保有するかどうかという質問に対し、「使用済核燃料棒の再処理を通じて50キログラム余りのプルトニウムを抽出し、1度目と2度目の核実験の際にそれぞれ数キログラムを使ったと理解している」と話した。

ハン候補者は戦時作戦統制権返還延期と関連して、「主権問題とは関係がない」と線を引いた。 彼は、「統帥のガイドラインが韓米連合司令官に下りて、戦作権が行使されるため、主権問題ではない」と説明した。

また、「我が国(韓国)が置かれた様々な安全保障状況を総合的に考慮した正しい判断」としながら、「2015年までは十分な移行が可能だと思う」と話した。

ハン候補者は、軍服務期間については、「軍服務期間は、少なくとも22ヶ月ほど必要だという意見がある」として、「兵士の訓練をしようとするなら、戦闘の熟練度などに関しても、18ヶ月の訓練期間だけでは問題がある」と話した。
続きを読む
タグ:北朝鮮有事

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





浙江現丑陋水怪半透明状太阳下融化
dbw.cn 2010年06月29日

浙江省に出現した醜悪な半透明の怪物は太陽の下で溶けていく

new-creature.jpg

浙江省上虞市の鎮南村で、ゼリーのような半透明の体を持った「水の中の醜い怪物」が大量に発見されている。

体の内部には赤い血管のような筋が見え、表面には小さな穴が無数にある。村人たちがこの不思議な生き物を太陽の下に置くと、この「水の怪物」は日光に晒されて、アイスキャンデーのように溶けてしまい、人々はさらに「この生き物は何なのか」と疑問に思うようになった。

この「怪物」が初めて見つかったのは1カ月前のことだった。鎮南村の村人たちが現地にある竹洞湖という湖のほとりで見つけた。この地区では最近、雨が降り続いており、それによって竹洞湖の水位が上昇し、この「水の怪物」が漂いだしたのではないかと、村人たちは指摘する。

竹洞湖は、地元の人々が洗濯や入浴で水を使う湖だが、この「水の怪物」が大量に出現してから、水の色は変わり、水に異臭が漂うようになった。また、水を浴びた人は皮膚が痒くなったという。

上虞市水産技術センターの専門家の魏祥泰氏によると、この「怪物」は、バクテリア、真菌類、および放射状菌などの3種類の微生物による複合体であることが確認されたという。体の表面にある黒い斑点は、真菌が不良環境と出会った際に成形する胞子の袋「有害環境胞子嚢」で、無数の胞子が生まれ続け、将来の世代のための新たな成長と繁殖を可能とする。

「怪物」が発生した原因は、水の中の「栄養」が過剰であることだと思われると、魏氏は話した。


Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月29日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





US arrests 10 for spying for Russia
Press TV 2010.06.29

米国がロシアへのスパイ容疑で10人を逮捕

(写真) 当局は、スパイ活動は政治的な情報をロシアへ送信するために収集する使命を帯びていたという。


spy-us-russia.jpg米国内でのロシアに対してのスパイ活動容疑で10人を米国当局が拘束していると、司法省が発表した。

報告書では、合計11人の個人が「米国内で、ロシア連邦の不法工作員としての活動の共謀」の容疑がかけられている。

その中の8人は、6月27日に拘束された。彼らは長い期間にわたり、ロシア政府に替わって深い内容の任務を遂行してきたと非難されている。

他の2人は同じ計画の一部を担っていた疑いで逮捕された。

11人目の容疑者は現在逃走中だ。

逮捕は、ニューヨーク、ニュージャージー、マサチューセッツ、北バージニアの各州と地域、そして、首都ワシントンの郊外でも逮捕が行なわれた。

この容疑では、最高で懲役5年の刑を課せられる可能性がある。

今回の逮捕は、米国のオバマ大統領がロシア大統領のメドベージェフ氏とワシントンで会合を行なったわずか3日後のことであった。

その会合では、オバマ大統領はメドベージェフ大統領を、「大変信頼できるパートナーだ」と賞賛していた。
続きを読む
タグ:諜報活動

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Researchers predict larger-than-average Gulf "dead zone" caused by oil spill
新華社 2010年06月29日

原油流出によるメキシコ湾の「デッドゾーン」が平均よりかなり大きくなると研究家たちが予測

13374080_11n.jpg

・2010年5月30日に、ルイジアナ沿岸のメキシコ湾上のディープウォーター・ホライズン近くの油の漂う海域を航行する補給船。


ミシガン大学の水生生態学の教授ドナルド・スカヴィア氏らの研究グループによると、今年のメキシコ湾の「デッドゾーン」(生物が棲息しない死の海域)は、通常年の平均よりかなり大きくなると予測され、また、6億5900万ドルにのぼる米国の漁業生産を今後数十年に渡って脅かす可能性があるという。

6月28日に米国立海洋大気局(NOAA)から発表された 2010年の予測によると、メキシコ湾の今年のデッドゾーンは 6,500 〜 7,800 平方マイル( 10,500 〜 12,500 平方キロメートル)の広さに及び、これはオンタリオ湖の面積と等しいほどとなる。

研究グループの描くもっとも可能性のあるシナリオは、メキシコ湾で酸素欠乏状態か、あるいは低酸素状態になるであろうデッドゾーンの広さは今年 6564 平方マイルとなるとされ、これはメキシコ湾でのデッドゾーンの規模の記録としては10番目になるという。過去5年間の平均サイズは約6000平方マイルだった。

数多くの要因が働いているので、ディープウォーター・ホライゾンからの原油流出が、今年のメキシコ湾でのデッドゾーンのサイズにどの程度影響するのかはっきりしないと、研究者たちは言う。

「今後どうなるのかよくわからない。しかし、ただひとつ明かな事実があり、それは、この夏の低酸素と有毒な原油の組み合わせは大量死を招き、魚類の産卵と魚類の健康回復に重大な影響を及ぼすだろうということだ。これにより、水産業とフィッシングなどの娯楽産業において大幅な経済の減少を招く可能性が高いと思われる」とスカヴィア氏は語る。

陸地の農地からの肥料や畜産廃棄物などの流出によって窒素やリンなどが海へと流れ込んでいて、メキシコ湾でも毎年これが低酸素の原因となっている。遠くはコーンベルトからもミシシッピ川を下りやって来る。毎年、春から夏にかけて、これらの栄養素がメキシコ湾に爆発的な藻類の大量発生を引き起こしている。

藻類が死んで海面に浮かぶと、海底近くに住むバクテリアは有機物を分解し、そのプロセスの中で酸素を消費する。 結果として海底や海底近くの水中酸素が不足してしまう。これがデッドゾーンと呼ばれる死の海域が発生する原因だ。

今年は、メキシコ湾での原油流出の不確実な状況が絡み、事態は複雑になると思われる。

通常のメキシコ湾の夏の低酸素状態のところに、さらに大量な原油が到達した場合、この夏のメキシコ湾のデッドゾーンが増える理由にはこの2つがあるとスカヴィア氏は言う。

1 石油が微生物によって分解され、酸素を消費してしまう。

2  通常、水の中の酸素レベルを一定に補給する役割を持っている「大気中から水中への酸素の拡散」が原油により減らされてしまう可能性。


一方、石油の存在は、低酸素をもたらす藻類の成長を抑制し、メキシコ湾のデッドゾーンの規模を抑える役割もある。

2001年以降に発生したメキシコ湾でのデッドゾーンの記録としては5つの大きなものがある。もっとも規模の大きかったものは、2002年に記録された 8484 平方マイル(13,500平方キロメートル)のものだ。

「デッドゾーンの範囲が拡大していくことは、生態的な時限爆弾ともいえる。我々は今後、深刻な漁業被害の脅威にさらされる可能性があるということを踏まえて、デッドゾーンの拡大を制御するために、地方、地域、国家の意志決定が不可欠だ」とスカヴィア氏は語った。

続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月28日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





cri-flood-0628.gif
中国国際オンライン 2010年06月28日


cri-01.jpg

2010年6月27日、江西省の撫州市。
洪水の水が引いた通りは廃虚のようになっていた。



cri-02.jpg

2010年6月27日、江西省撫州市。
臨川区にあるルーマニアタウンには流された大量のゴミが溜まっていた。



cri-03.jpg

2010年6月25日、江西省撫州市。
臨川区では大通りの洪水はの水は引いたが、しかし、依然として多くの通りの洪水の状態は深刻だ。市民が次から次へと船に乗って出かけていく。



cri-04.jpg

2010年6月27日、江西省撫州市。
人民解放軍が清掃を手伝う。



cri-05.jpg

2010年6月25日、江西省撫州市。
依然として多くの通りは水没しているが、それでも人々の顔にようやく少しの笑顔が戻ってきた。

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月27日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





heat-russia.png
utro.ru 2010.06.26

モスクワで異常高温

558big.jpg

今後1週間、非常に暑い天候が、モスクワ市民の生活を苦しめそうだと天気予報官は言う。

モスクワでは土曜日(6月26日)に気温は最高潮に達し、高温の記録を塗り替えた。最高気温は32.4度に達し、11年前に記録した高温記録を破った。

この暑さは多くの人々の生活を脅かしている。中でも、熱中症は非常に危険な症状だ。特に高齢者や持病のある人にとって、熱中症は死に至ることもあるので注意が必要だ。

また、車のドライバーにも注意を呼びかけている。慣れない暑さのために運転中にめまいなどの症状が起きる可能性があり、それが集中力を欠かせ、大きな事故に繋がる可能性がある。


モスクワの多くの市民たちは週末には暑さから逃れるため、大都市を離れ、公園や湖で過ごした。

多くの首都の住民は公園の噴水のしぶきを浴び、また、あまり考えずにその水を飲んでいるが、噴水の水の水質は飲料用としてはチェックしておらず、安全性は保証されていない。

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月26日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Emergency Evacuation Of US Gulf Coast Imminent?
BEFORE IT'S NEWS 2010.06.26


メキシコ湾沿岸からの緊急避難が差し迫った?

National-Guard_SPP.jpg

・アメリカ国家警備隊パートナーシップ・プログラム(クリックで拡大)


緊急避難に関しての最初の報告が広まった時、これに関してリポートした複数のウェブサイトが攻撃を受けた。それから1カ月後の現在では、この緊急避難という可能性については多くの人々に認知されるに至っている。

6月23日のワシントンポスト紙の記事では、上院議員のマット・シモンズが「2000万人の人々が湾岸沿いから避難するべきだ」と語ったと報じられている。

6月13日付けのインフォウォーズのメキシコ湾沿岸からの緊急避難という記事ではその可能性について論じている。これらの緊急避難は、今度のハリケーンの後に実施されるのかもしれない。


退職したカンザス・ハイウェイのパトロール官、グレッグ・エヴェンソンは、3000万人から4000万人が、メキシコ湾の海岸線(内陸の少なくとも200マイル=約320キロ以内)から遠くに避難する必要があると見積もっている。この巨大なプロジェクトを実行するために、連邦政府は、FEMAや他の政府機関を通して、最初は移動手段のコントロールと管理に乗り出し、次に、避難民を管理するための収容所を運営すると思われる。

連邦航空局は、通知があるまでは、重油流出地域の上空領空を飛行禁止区域にしたと宣言した。 様々な情報筋によると、地元警察、ハイウェイ・パトロール、国家警備隊、米軍、そして、外国人部隊がメキシコ湾から避難するためのオペレーションに関わることを示唆している。ルイジアナの知事は、国防総省と国家安全保障省にルイジアナ州への避難支援を要求したという。

私たちの国(アメリカ合衆国)は、2001年9月11日以来、国家非常事態にある。それは、どんな大きな理由によるものであろうと、あるいはどんな小さな理由によるものであろうと、大統領がいつでも戒厳令、すなわち、軍事政権下に国を置くことを宣言できることを意味している。

もし、戒厳令が実施された場合、憲法と権利の保護が中断してしまう可能性があるので、避難民たちは自分たちがいつどこへどうやって移動するかというような決定権を失ってしまう。はっきり言えば、避難民たちが不特定の期間に渡って収容所に入れられてしまうというシナリオもなくはない。



さらに、最近のFEMA、国防総省、国家警備隊、州政府、および地方自治体のナショナル・エクササイズを、 アラスカのシールド、油断なき防御、災害のためのアラスカでの準備と呼び、これはメキシコ湾の災害の何週間も前に公共のニュースリリースに引用された。


「2010年 アラスカ・シールド計画」は、「2007年 アラスカ・シールド計画」に続いてすぐに始まった。 51の組織からの4,000人以上の関係者がこの合同演習に参加すると思われる。

「この合同演習では、FEMA、国防総省、国家警備隊、州機関、および地方自治体は、災害に応じるために共に行動する。お互いの能力を補佐し合い、統合的な、調整されたものとなるだろう」と、キャンベル氏は言った。

「この重要な演習のためにアラスカで準備が進んでいる。私たちのそれぞれのパートナーの仕事に感謝し、また、演習が行われている時に、個々のアラスカの人々には、災害が起きる前からの心構えを常にされているように望む」

続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(訳者注) 紹介されているビデオは、2008年頃にヒストリーチャンネルで放映されたもののようです。番組は英語です。与那国島の海底にこのような形の遺跡が存在しているとのことで、下に、番組のいくつかのスクリーンショットを載せますが、こんな形の巨大建造物(これは模型)が与那国島の海底に事実として存在しているようです。

yona-1.jpg




ここから記事です。




Japan's Mysterious (under-water) "Pyramids" - video
The Rumor Mill News Reading Room 2010.06.25


日本にあるミステリアスな海底ピラミッド


超古代文明のようにも見えるいくつかの記念碑や建造物などの驚くべき再発見のうちのひとつとして、1987年に、日本の南方の沖の海底で発見された謎の海底の遺跡のビデオ。

こういうものは、どんな考古学者も地質学者も(ただひとりの学者を除いて)この話題には触れたくないし、見たくもないだろう。

いつもそうだが、有史以前の文明に関しては、疑い深い人もいるし、ビリーバーもいる。それぞれの意見が予想されるが、考え方は人それぞれでいいと思う。

ここに、この42分の驚くべきビデオのリンクがある。


http://www.guba.com/watch/3000111861/Japan-s-mysterious-pyramids

--
参考写真:番組のスクリーンショット

yonaguni-2.jpg

・これが実物らしいです。


yonaguni-4.jpg

・沖縄の場所から、与那国島への詳しいアクセス方法も紹介されています。


yonaguni-3.jpg

・上の文章にある「ただ1人の学者を除いて」というのは、琉球大学の木村政明教授などのことのようです。
続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





peru-flood.gif
Thai TV Channel3 2010.06.25

南米各地で悪天候

peru-1.jpgペルーの地滑りでの犠牲者は、少なくとも5名とされる。ドミニカ共和国では豪雨と鉄砲水に見舞われ、公式アナウンスでは27の州に地滑り警報が出された。

写真は、リマ近郊の丘陵地帯で鉄砲水による洪水が発生した時の様子を、ペルーの地方テレビが放映したニュース映像からのキャプチャー画像だ。

5人の子ども(そのうちの1人は2歳)を含む10人以上の人が死亡した。昨日行われた当局による捜索と救援では、取り残されている人がいる模様。

また、ドミニカ共和国は1週間で2度の嵐に見舞われ、豪雨によって川が氾濫して洪水が発生した。家が流され、サンマルコから首都への道路が寸断される被害となった。少なくとも1名が死亡している。また、150の家が破損し、3000人り人々が避難をしている。当局は31の州と1つの首都地区のうちの27の州に地滑りの警報を出した。

ブラジルでは、今週、深刻な洪水が発生した。軍が出動し、犠牲者と負傷者を手当てしている。アラゴアス州では大きな被害が発生した。昨日、ブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ大統領が被災地を訪れた。ブラジルではこれまでに少なくとも50人が死亡し、12万人が家を失った。
続きを読む
タグ:南米の洪水

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Africa 'witnessing birth of a new ocean'
BBCニュース 2010.06.25


今回は、上の英国 BBC の記事をご紹介したいと思います。
アフリカが将来的に「ふたつに分断する」ということが発表されたというものです。
ここからです。



アフリカ大陸に新しい海が誕生する

_48174567_2005vent_royalsociety.jpg

・2005年にエチオピアに60キロの長さに渡って開いた溝は、その後も拡大し続けている。

英国王立協会の科学者によると、アフリカに新しい海洋が誕生しつつあるという。

エチオピアのアファー三角帯で研究を続けている地質学者は、海がアフリカ大陸を2つに分断するだろうと言う。もっとも、普通ならこういう大陸の大きな変化には1000万年はかかるとは思われるのだが、しかし、王立協会の研究者ティム・ライトは、今起きている出来事を「本当に信じられない」と言う。

何百万年というような長い単位で地球の変化を理解してきたライト博士を含む研究チームにとって、エチオピアのアファー三角帯でのこの5年間での変化の規模とスピードは驚くべきものだった。そこでは、あっという間に大陸に断裂が走り、大地がこじ開けられたのだ。

2005年に、この地で、たった10日間の間に、60kmの長さに渡り、8メートルの幅の断裂が開いた。地球内部の奥からの溶融状態の岩石が表面に上がって、大陸の分断を促しているのだ。

地下での爆発は今も続いている。そして、結局アフリカ大陸のその部分は陥没すると思われる。そして、そこには新しい海洋が形成されるだろう。


アフリカ大陸は小さなものとなる

アファーで研究を続けているブリストル大学の地震学者ジェームズ・ハモンド博士は、一部の領域はすでに海面下にあると言う。そして、エリトリアで大陸は20メートルの幅で断ち切られているという。

「結局、ここは分断するだろう」と、彼は BBC に言った。 「そうして、ここには新しい海ができるだろう」。

「この地は2つに引き離され、そして、より深い場所に沈んでいく。南エチオピアの地域とソマリアの近辺に新しい島が形成されるだろう。そして、アフリカ大陸は小さくなり、別の大きな島がインド洋に浮かぶことになる。」

通常なら海の下で起きるこの「新しい海洋の誕生」を直接目撃できることは非常に幸運であると研究者たちは言う。

研究チームは、地球の表面がどのように形成されていくのかを知る手かがりを得る調査を行ないたいと考えている。

地球の形成を観測することにより、収集される情報が、地震や火山噴火などの天災に関しての理解を深めることにも関係するはずだと考えている。

続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。