2010年07月14日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




中国で相次ぐ不思議な光の現象





china-light.png
jhnews.com 2010年07月14日

厦門の空に「光の雨」が降る

b8ac6f2213a50da7d4b801.jpg

7月10日の明け方、福建省厦門(アモイ)市の全島で、空に数十本の垂直の光線が現れた。記者が駆けつけた時には、光線はすでに弱まっていたが、カメラでこの不思議な光景を撮影することに成功した。

住民の王さんによると、9日の夜11時半頃、王さんの友人が最初に垂直の光線を発見し、他の人たちを呼び出した。外に出て見た人々は思わず目を疑ったという。

「最初は5本ぐらいの光線があっただけで位置も低かったが、次第に光線は50本ぐらいにまで増えていき、位置も高くなった。それは明るくて、まるで五線譜が空に掛かったようだった」と言う。

記者が駆けつけた時、光線は雲に遮られて、光は弱くなっており、肉眼では、ぼんやりと何本かの光線があることを確認できただけだったが、記者がカメラで撮影する時に、不思議なことにたくさんの光線が再び現れた。

この現象について厦門の気象台に問い合わせたところ、気象台の職員は、類似する天文現象は観察されていないし、同じような通報は受けていないと言った。また、流星雨の可能性もないと話した。

ただ、職員は今回の現象には興味を持っていると語った。



タグ:光線



  

2010年07月12日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Reader Says our Sun is Setting in the wrong place - What caused this change?
The Rumor Mill News Reading Room 2010年07月11日

(訳者注) アメリカの掲示板のもので、真偽も投稿者も不明です。ただ、この投稿に致しての返信コメントがとても多かったので掲載しました。関係のない内容が書かれてある前半は省略しました。

--

太陽が間違った位置に沈んでいっている。この変化がもたらすものは?

私の経歴に関して少し書いておきたいと思います。 私は、航空経営学の学士号を保持する大学の教育を受けました。私は、米国海軍と国家警備隊の双方で8年間ずつパイロットを勤めたキャリアを持ちます。米国海軍では7年間の現役時代を過ごしました。

私は特別な訓練を受けた科学者ではなく、決して深いレベルではないですが、科学に興味を持ち続けています。基礎科学には詳しいです。

私はこれから、何が私をこんなに怖れさせていて、また、私たちが今、どれほどのとんでもない問題に直面しているのかを書くつもりです。

今夜のことです。北ミネソタの湖沿いにある私たちの家に近い場所にキャンプ場を持つ友人たちのところへ妻と出かけました。そこで1時間半ほど友人たちとおしゃべりをした後に、そろそろ帰ろうということになりました。そして、町で何か食べようかと。

町に向かって運転している間、私は妻に夕陽の美しさについて語っていました。太陽が北西寄りの進路から沈んでいく地点に着いて、私はあることに気づきました。そして、恐怖とショックに見舞われたのです。私はこの地にかれこれ35年間住んでいます。なので、この季節にこの地点からなら、太陽がいつどこに沈んで見えるかということを知っています。

私は「これは何もかもおかしい」と言いました。太陽が北寄りの進路から沈んでいるのです。「それがどうかしたの?」と妻は言いました。私は彼女に、このことについての重大さを語ることにしました。

もし、太陽が今の位置にあるのなら、地球と太陽の位置関係が変わってしまっているということです。

「それが何?」と、妻はふたたび言いました。

私は、今見えていることは本来ならあり得ないことだし、仮にこういうことがあったとしたら、地球に破壊的な結末を与える可能性だってあるんだよ、と妻に言いました。その結末は今現れるというわけではないでしょうが、何ヶ月も、あるいは何年にも渡っての影響だと思われます。

妻は、「どんなことが起きるの?」と尋ねました。私は、太陽と月と地球の微妙なバランスのことを語り、これらの位置やタイミングの惑星間の相互作用の変化が地球に大きな影響を与える可能性について話しました。

たとえば、通常とは違う場所で太陽の光を受けるので、地域によって受ける太陽光が通常より多くなったり少なくなったりすることによって、地球が極端な温暖化や寒冷化などの大きな気候変動を体験するかもしれません。あるいは、それはすぐ起きるかもしれない。

しかし、これが惑星たち自身が自発的に変化しているもので、その変化が人類の文明に順応するように適合していってくれるのなら、人類が時間の経過に応じて住みやすい環境に移動していけばよく、それほど心配は要らないだろうと私は彼女に言いました。しかし、本当の質問として、どうしてこんなことが起きたかということ、そして、私たちの未来はどのように変化するのかということです。

私はこれらの質問に対しての答えを持っていません。しかし、私は今、地球が宇宙の中での定位を変えているということをほぼ確信しています。どうしてこんなことが起きたのかはわかりません。大きな天都が迫っている? それとも、地球を動かすほどの新しい武器? 地震? それとも他の何か? わからない。

どなたか私の見間違いだとおっしゃってくださると嬉しいです。
私が見間違ったのだと信じたいです。

タグ:地球



  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。