2010年10月01日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




中国で始まった史上最大のサイバー戦争: 産業コントロール網を破壊するスタクスネット



Stuxnet 'cyber superweapon' moves to China
AFP 2010年10月01日

「スーパーサイバー兵器」 Stuxnet の照準が中国に向けられる

ALeqM5h-jR0U2O0Sj42H5UkajbyTh_TQbQ-1.jpeg

▲ 専門家は中国の600万台のコンピュータに感染したと語った。


専門家が「世界初のサイバー超強力兵器(サイバースーパーウェポン)」と呼び、そして、イランの核施設を攻撃するために設計したと思われるコンピュータウイルスが新しいターゲットを見つけたようだ。

その新しいターゲットは中国だ。

その Stuxnet (スタクスネット)コンピュータワームが中国をメチャクチャに破壊し続けている。少なくとも中国の数百万台のコンピュータに感染したと、中国の国営メディアが今週、報じた。

スタクスネットは工業の中心に位置するような機械を制御するコンピュータに侵入することができるという点で世界中の専門家が恐れている。攻撃者はポンプやモーターや警報などの重要なシステムの制御を乗っ取ることができるのだ。

技術的には、工場のボイラーを爆発させたり、ガスのパイプラインを破壊したり、あるいは、原子力設備を故障させる原因を発生させることができる。このウイルスは、給水、石油採掘装置、発電所などで使用されているドイツのメジャー多国籍企業シーメンス社の特定のシステムを標的にする。

「これまでのように個人データを盗んだりするのではなく、この破壊工作ソフト(マルウェア)は、プラントを破壊して、産業のシステムに打撃を与えるために特別に設計されているのです」と、アンチウィルス・サービス・プロバイダのライジング・インターナショナル・ソフトウェア社のエンジニアがグローバル・タイムズに語った。


「もし、スタクスネットが中国で工場のコンピュータに入り込むことができたなら、それらの産業そのものが崩壊するかもしれません。それは中国の国家安全保証に損害を与えると思います」と、そのエンジニアは付け加えた。

今回の攻撃で、これまで中国の 600万台以上の個人のコンピュータと、ほぼ 1,000社の会社のコンピュータに感染したと、中国の新華社通信が報告したという。

自分自身をコピーして、ネットワークを通して自分の分身を他のコンピュータに回送する悪意のある破壊工作ソフトウェアであるスタクスネットが公的に特定されたのは6月だった。インドとインドネシア、そして、パキスタンなどのシーメンスのシステムの中に潜んでいるのが発見された。しかし、ソフトウェアのセキュリティ研究者によると、最も大きな浸入はイランに対してのように見えたという。

9月30日にAFP通信は、シーメンス北京のスポークスマンにコメントを求めたが、拒否された。

中国情報技術安全評価センターのアナリストであるユ・シャオキ氏は、この破壊工作ソフトの脅威を見くびっていた。

「こんなにひどいウイルスでの被害は見たことがない。」とユ氏はグローバル・タイムズに語った。続きを読む





  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。