2010年12月01日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




スペインでマウスの胚と卵子に固体識別バーコードを埋め込むことに成功。人間へのテストも開始



今回ご紹介するものはあくまで胚移植の合理化のためなどの医学的進歩の記事ですが、一応、参考資料を貼っておきます。なお、「胚」とは生物の個体の発生の初期の段階の個体を指します。「胎児になる前段階」のような認識になりますでしょうか。
--

(参考資料 1) 聖書 ヨハネの黙示録

ヨハネの黙示録 13章 16-18節

また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。

そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。

ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は666である。


新共同訳より。六百六十六は666に表記変更。


(参考資料 2)

Is "www" in Hebrew equal to 666? (www は、ヘブライで 666 を示す?)より。

インターネットを表す www が 666 を示すという説。理由はヘブライ語における W が 6 を指し示すことによる。しかし、聖書における 666 はそれぞれの文字=数字を加算した数であると書かれていることなどから、この説はほぼ否定されている。WWWは単に 666 の羅列であり、加算した場合は 18 になる。また90年代後半には 666 に関しての「バーコード説」も支持された。

barcode.gif






Scientists attach barcodes to mouse embryos – human ones coming soon
gizmag 2010.11.22

科学者がバーコードをマウスの胚に貼り付けることに成功。人間への実用もすぐ

barcodes.jpg


映画ブレードランナーには、人工的に作られたヘビの体内に、そのひとつひとつの固体を識別するための微細な固体識別番号(シリアルナンバー)がつけられているシーンがある。しかし、現実の科学はどうやら映画の中で予測されていたテクノロジーを凌いだようだ。

そのテクノロジーとは「胚へバーコードをつけること」だ。

スペインのバルセロナ自治大学 ( UAB ) の科学者たちが、 スペイン科学研究高等会議の研究者たちと共に、マウスの胚と卵母細胞(卵子)に、シリコンで作られた微細なバーコードを付着させる固体識別システムを開発した。

研究者たちはもうすぐ、このシステムを人間の胚と卵母細胞で試す。

このシステムの目的は、体外受精と胚移植手順を合理化することだ。卵子と胚が迅速かつ容易に特定されることがでれば、手順の流れもスムーズになり、また、成功率も高くなるはずだ。

バーコードのラベルは、細胞膜と透明帯の間にある「囲卵腔(いらんくう)」に微量注入される。囲卵腔は胚の原形質膜を囲んでいる場所だ。胚は子宮に入る前に透明帯を出るので、バーコードはその場所に放棄され、付着する。

なお、このバーコードのラベルは、生物学的に無害であることが以前に行われた医学的調査でわかっている。
続きを読む