2011年02月01日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




太陽への訪問者は 2011 年も健在



ひゃっひゃっひゃっ(おいおい)。いや、この話題はやっぱり嬉しいんです。久しぶりに大変にクリアな「太陽を周回する物体」の写真が NASA の STEREO に映っていたようで、それが米国の BBS にアップされていました。
今回のは形もとてもいいです。

001-sun.jpg


大きさは地球くらいだと思います。

これに関しては、過去記事の、

太陽の周囲に飛ぶ地球サイズの飛行物体が今再び米国で話題に (2010年10月22日)

などでふれていますが、最近、「ペアである自分」を昔のブログに仮移動していて、そちらもいくつかまた公開したりしていますので、「私が太陽に夢中だった頃」の記事もリンクしておきます。すでに1年以上前となりますが、毎日、NASA の STEREO に釘付けでした。NASA が写真を修整する前に無修正画像をゲットしなければならなかったので、常時見続けなければなりませんでした。

すべて「クレアなひととき」というブログの過去記事です。

何かが太陽を周回? (2010年01月28日)
太陽を周回するもの - エピソード2 (2010年02月01日)
太陽騒動は続く (2010年03月22日)


いちばん上に載せた画像は 2011年01月11日に写っていたもののようですが、昨年も似た形のものが観測されています。
こちらです(画像をハイライト処理したもの)。

shape-2.jpg

太陽来訪の常連みたいです。



太陽周辺の「物体」は90年前から常に観測され続けてきた

なお、太陽周辺に「何か」が観測されていた歴史として、2003年にも同じ疑問が NASA に提示されたことが、当時の英国 BBC の記事(英語)にあります。下の写真はその時のBBCサイトに掲載されていたものです。

bbc-2003.jpg


また、1921年にも地上から観測されていたことが、NASA 自身の保管している文書に出ています。「宇宙物理学関係文献情報検索システム」という中の下のリンクに原文があります。

http://adsabs.harvard.edu/full/1921PASP...33..258C

sun-friends.gif

▲ その文書の冒頭部分。タイトルは「1921年8月7日に太陽の近くで観測された正体不明の物体に関して」。お、8月7日は私の誕生日。

なので、それほど唐突な話というわけではないようです。

2003年の時には NASA は黙殺しましたが、昨年の「太陽騒動」の際には、量子物理学者のナッシム・ハラメイン氏という人が NASA にメールで質問をした後に、NASA は大量の写真をウェブサイトから削除しました。このあたりの顛末はクレアの記事でふれています。
写真が削除されたことに関しては、私もリアルタイムでそれを経験しています。

太陽周辺に来ている物体の大きさは、小さなもので地球くらい、大きなものだと木星くらいの大きさのものと見られています。正体が何かは知らないですが、見間違いでも故障でも重力の歪みが原因でもなく、「そこにその大きさの物体がある」ということは、少なくとも他に説明のしようがないように思います。


sun_planets.jpg

▲ 太陽と太陽系の惑星のサイズの比較。


なお、記事には YouTube の動画が貼られています。URL はリンクしておきますが、動画は削除などがありますので、スクリーンショットでの静止画を掲載しておきます。

なお、今回記事には大変に興味深い「2つの写真」も載せられています。それは、
オリジナルの写真と NASA による修正後の写真」の2つです。オリジナル記事にはリンクで示されていますが、これも消される可能性がありますので、写真として掲載しておきます。

この「NASA の写真修正との追いかけっこ」は私にとってもいい思い出です。
それでは、ここからが今回の本文です。





NASA Caught Doctoring Near Sun UFO Image - Red Handed !
Before It's News 2011.01.31

NASA が太陽の近くに写った物体の写真を修正しているのをリアルタイムで発見

sohoufosun.jpg

2011年01月22日。YouTube ユーザーの "BeePeeOilDisaster" が、サイトに動画を投稿した。そこには、

「 NASA の STEREO に行って、EUVI 195 で 2011年01月22日の10:46:10 の画像を読み込んでみてほしい。そのうち、オリジナルとは違う画像が表示されるようになると思うので、各自のパソコンに画像を保存しておくことを勧める。このオリジナル画像が外された時のために動画を作った」とあった。

この動画だ。

YouTube のリンク

(訳者注)下のはスクリーンショットで撮った連続写真です。この動画では1枚目の写真の太陽の右上に小さく(といっても地球くらいの大きさ)で写っているものを拡大していっています。


sun-ob-2011-1.jpg


sun-obje-2011-02.jpg


sun-obje-2011-03.jpg


sun-obje-2011-04.jpg


さらに、YouTube の投稿者は次のように書いた。

「2011年01月27日には、 NASA のアーカイブにはすでにこの物体は写っておらず、その後、私の投稿した動画がニセモノだろうというコメントが寄せられ始めた。自分自身で NASA のサイトに行ってチェックしてみると、確かにオリジナルの画像は修正されており、なかった。検閲を受けたようだ。」

そして、こう続けた。

「私は NASA がこんなことをしていることに本当に驚いた。まあ、私ができることは、私の見た事実を伝えることだけだ」。


(下は共に写真クリックで拡大します)
・オリジナルの写真

1-20110122104530n7eub195.jpg


・現在、 NASA に掲載されている写真

20110122_104530_n4euB_195.jpg


続きを読む



  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





最前線で戦うアメリカ兵たちの膨大な数の自殺者たちの多くが PTSD や、あるいは道理的な理由なく自殺している


(訳者注) この「米兵の自殺」は以前からいろいろな意味で注視しています。人の死の絡んでいることなので、一口で書いていい問題ではなく、その問題の本質論のようなことは置いておいて、オリジナル記事の中に「 PTSD ( 心的外傷後ストレス障害 ) 」という単語が出てきます。

私がパニック障害に陥ったのも、原因理由はともかく、 PTSD です。

PTSD から分岐されていく症状は様々で、昔の私のようにパニック障害になる人もいるし、鬱状態になる人もいますが、対策を取らないと、どちらも行く先は「成功する自殺(死)」か「失敗する自殺(自殺の考えだけで終わるか自殺未遂)」です。多分、これは方向性としては間違いありません。対策にも発症にもマニュアルはありませんし、治療法も確立したものはありません(あれば、こんなに米兵を自殺させない)。

自殺した米兵の話は何とも気の毒ですが、 PTSD は決して戦争と関係するというものではありません。交通事故でも地震災害でも、性的被害などでも、つまり何でも引き金となり得ます。

「トラウマ」という言葉はそんなに強くないかもしれないですが、「トラウマは人を殺す力を持っている」ということを今回の報道も示しますし、実体験でもわかります。

今後、社会全体に何もショックなことが起きないで続くのであれば、個別の問題ということだけの話なのですが、そのあたりは何ともわからないですので。


もう10年以上連絡を取っていない方ですが、十数年前に初めて日本で PTSD のサイトを作った方とメールなどで当時は親交がありました。米国の Yahoo の立ち上げなどをやっていたと記憶していますが、当時米国に住んでいた日本人の女性です。その方のサイトが残っていましたのでリンクしておきます。更新は数年されていないようですが、かなりキツい体験記が出ています。英語のタイトルですが、内容は全部日本語です。

PTSD.info

もちろん、今回の「兵士の自殺」というのは PTSD という問題を越えた、もっと大きな、人間性の本質の問題のようにも思います。






More U.S. Soldiers Killed Themselves Than Died in Combat in 2010
GOOD 2011.01.27

2010年には、戦闘で死亡するより多くのアメリカ兵が自殺で死亡した

soldier-2010.png


2009年と2010年と2年連続で、イラクとアフガニスタンでの戦争では、戦闘行為で死亡した数より自殺で死亡した兵士のほうが上回った。これは男性、女性、古参兵を含めたすべての合計だ。

事故と病気で死亡した兵士を除き、2010年には 468人の兵士が自殺で死亡した。対して、戦闘で死亡した兵士は 462人だった。6人という数の差は小さいが、自殺者が戦闘での死亡者より多いという象徴的な意味は大きい。

2009年には 381人の兵士が自殺している。この時も、戦闘で死亡した兵士の数を上回っている。


今月(2011年1月)の始め、米軍当局は、現役の兵士の自殺者数が減少していると発表した。しかし、同時に、予備兵の自殺と国家警備隊員の間での自殺者は増加していることも明らかにした。軍当局は、現役兵の自殺者数が減ったのは、兵士の精神衛生に関してのチェックを頻繁に行っていることが機能していると述べる。なので、予備兵と警備兵にも、このメンタルヘルス的なチェック機構を有効にすれば、自殺は減るはずだと訴えた。


現在の米国の兵士の最大の危険は、実は敵兵ではなく自分たちであるということを示した 2010年のこのデータは、「何かが機能しているとしても、そのシステムはすでに壊れている」ということを示しているのかもしれない。

米軍が、兵士たちの自殺防止に対しての取り組みに関して有効な手段を見いだせていない理由のひとつとして、自殺する兵士たちに「自殺する明確な理由や、合理的な意味が見いだせない」からだ。

多くの自殺者は、中東での激しい戦闘に直面した後に、PTSD ( 心的外傷後ストレス障害 ) に陥った中で自殺している。また、昨年自殺した 112人の警備兵にいたっては、アメリカ国内から出国する前に自殺した。

米軍のピーター・キアレッリ陸軍参謀次長は、雑誌アーミー・タイムスの中で、「どうして人が自殺するのか理由を知っている人がいるなら、ぜひ米軍に教えてほしい」と述べた。


「我々にはそれが何だかわからないのだ」。

続きを読む
タグ:戦争とPTSD