<< 1  2 

2011年06月09日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




抗生物質に代わる物質がドイツの機関で特定される(短鎖ペプチド)



ドイツ最大の科学医学研究機関のひとつ「フラウンホーファー協会」から、「抗生物質の代替となるもの」が発見されたという発表がありました。

抗生物質に関しては、昨年、 NDM-1 という超強力な抗生物質への耐性を持つ細菌が発見されていたりと、実は「抗生物質は存続の崖っぷち」にあったと言えそうな感じでしたが、ついに新しいものが出たのかもしれません。「新しい」といっても、今回の物質は要するにアミノ酸のようなので、「その働きが発見された」という感じなのかもしれません。

NDM-1 については「抗生物質に耐性をもつ新しい「超」細菌がインドから拡大していることを科学者が発見(地球の記録 2010.08.11)という記事に、昨年のロイターの記事の翻訳があります。

また、今回この記事をご紹介したのは、記事の中の、

2010年には抗生物質の多くに耐性を持つ結核に 50万人が感染し、その3分の1が死亡した

というくだりにショックを受けたこともあります。
抗生物質に代わる薬剤の登場は、世界中が待ち望んでいたもののように思います。


医学に詳しくないので、内容的には今回の発表に関しては理解が難しいのですが、アミノ酸に含まれる「短鎖ペプチド」というもののいくつかが、細菌やカビなど様々な病原体に対抗することがわかったということらしいいです。この発表がただちに新しい治療に結びつくものなのかどうかは私にはわからないですが、お詳しい方などのお役に立てばと思います。


ところで、今回発表のあったフラウンホーファー協会というのは、私は知らなかったのですが、ドイツで非常に有名な研究機関のようです。Wikipedia によると、

フラウンホーファー協会は、ドイツ全土に56の研究所を持つ研究機関。各研究所は科学の様々な応用を研究テーマとしている(マックス・プランク研究所は基礎研究中心である点が異なる)。12,500人以上の科学者と技術者を抱え、年間研究予算は約12億ユーロである。


とのこと。

先日の「数百万年前に地球上で人類を拡散させたのは女性」に出てきたマックス・プランク研究所もそうですが、ドイツすごいですね(適当な賞賛)。

翻訳は、そのフラウンホーファー協会のプレスリリースからです。

ちなみに、文中の雰囲気からだと、この研究が進むと、「虫歯も消える」かも。
人類の宿敵の筆頭のひとつでもある虫歯が。




続きを読む



  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(訳者注) これは、NASA の宇宙での実験のひとつのようで、今年の4月29日に、こちらのページ(英語)で発表していたもののようですが、つまり、

「国際宇宙ステーションの中でクモが地球と同じように暮らしている」

ということが注目を浴びているというニュースです。

spider1_lg.jpg


下の記事内の動画をご覧いただければわかると思うのですが、無重量状態である宇宙ステーション内で、地球と大差ない感じで「クモの巣」を作っています。まあ・・・ここにクモの巣を作ったところで、本来は獲物の虫は飛んで来ないでしょうけれど(笑)、でも、ちゃんと実験サイドでハエを用意しているようです。

無重力だと蜘蛛の巣とか作れないような感じがしますが、ちゃんとできてる。しかも、ほぼ無重力の中なのに、動きが地球と同じようにものすごく速い。「やるじゃん、クモ」と思いました。


ちなみに、これは国際宇宙ステーションで行われている実験のうちの「商用の汎用培養装置を用いた科学実験」の施設でのものようです。


あと、知らなかったのですが、少なくともここに出てくるジョロウグモというのは、毎日、巣を作るのですが、驚いたのは「自分の巣を毎日食べる」という生態なのだそうです。これによって、次の日の巣作りのタンパク質を補うのだそう。

これはすごい。

自分で分泌したものを自分の栄養にできるってのは、学びたいですね。
人間だと何だろう?
ウンチとか食べたくないし、他のもので(笑)。

記事は米国のナノ・パテント&イノベーションズより。



続きを読む



  

2011年06月04日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





ストロンチウム同位元素分析が示した古代の猿人たちの「大陸横断」の真実


(訳者注) 200万年以上前の人類の「移動パターン」が、元素分析の新しい分析方法で調査され、その結果、「大陸間を大きく移動していたのは、男性ではなく女性だった」ということが強く示唆されたという研究発表です。

発表したのは、マックス・プランク進化人類学研究所という世界的な研究所で、ここは、ミトコンドリア DNA の解読から古代人類の分岐ポイントを次々と発見し続けている古代人類研究の世界のトップ機関だそうです。今回はさらに新しい計測方法を取り入れて、古代猿人たちの生活状況の分析と調査を開始したのでした。

初期の人類の女性の役割は人類を世界中に徒歩で拡散させることだったのかもしれません。


用語について

ところで、今回はわからない単語、知らない単語が続々と出て来ましたので、 Wikipedia などからですが、簡単に用語解説を最初に書いておきます。それぞれ、私も翻訳するまで知らなかった言葉です。「レーザアブレーション・マルチコレクタ誘導結合プラズマ質量分析」とかになると寿限無の世界で、暗記することも難しそうですが。



今回はじめて知った用語

・デニソワ人 → 骨のミトコンドリアDNAの解析結果から、 100万年ほど前に現生人類から分岐した未知の新系統の人類と判明した古代人。

・アウストラロピテクス・アフリカヌス → 200万から300万年前の猿人。腰椎が現代人と同様に性的二形(男女の違い)を持っていたことで知られる。

・パラントロプス・ロブストス → 200万から250万年前の猿人。頭蓋の形はゴリラに近い。しかしゴリラより頑丈な顎と人間に近い咬面の歯を持つ。

・性的二形 → 生物における多型現象の一つで、性別によって個体の形質が異なる現象を指す。

・レーザーアブレーション・マルチコレクタ誘導結合プラズマ質量分析 → 高い精度の測定法。よくわかんないですが、こちらのページには、「地球化学試料の分析にはなくてはならない手法」とあります。






それにしても、数百万年前の人類の「行動パターン」までがかなり具体的にわかるようになってきたのですね・・・。ストロンチウム同位元素とかが何のことだかわからないにしても、すごいなあと思います。どんどんと「どのように人類が世界に拡散したか」というのがわかってきています。しかも、このほんの2年くらいの間に。


(余談) なぜアフリカが最初だったのか

私は最近、クレアに書いた「人類の創造神ヌーワ」の記事を書いたあと、19世紀の終わりからのポピュラー音楽の発展を考えているうちに「なぜ人類はアフリカから拡散したのか」ということが、かなり明確に理解できるようになりました。

このことに関しては、いろいろと現状では文字にすることに問題のある表現や概念が出てくることにもなり、文字で書くことは今後もないと思いますが、「どうしてアフリカだったのか」ということはいろいろな面でずっと考えていたことでしたので、それが(個人的に)解けたことは嬉しいです。


ちなみに、人類に「男女の見かけ上の違い」が発生したのは 200万年前くらいにいたアウストラロピテクス・アフリカヌスというヒトたちからだそう。当時から、すでに女性は男性をルックスで悩ませていたようです。


では、ここから翻訳記事です。

後半の内容は難解で、翻訳そのものは大きく間違ってはいないと思いますが、内容に関しては自分自身ではほとんど理解していません。



続きを読む



  

2011年06月03日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





地球外の極限環境下で生息する高度生命体の研究の促進となる可能性も


(訳者注) 「これまで生物が存在するとは考えられていなかったほどの地下深くから虫が発見された」というニュースが、ナショナルジオグラフィックの英語版に出ていましたので、翻訳しようと思いましたら、日本語版でも紹介されていました。

個人的に大変気に入ったニュースでしたので、上の記事とは別に、個人的に訳して資料として載せました。基本的に内容は上のものと同じで、言い回し等を(あとで自分で読んで楽しめるように)自分好みにした次第です。

これまで、地球のいろいろなところで発見された生命のことについてメモしてきましたが、それらはいわゆる「極限環境微生物」という、いわゆる微生物でした。しかし、今回地下深くから発見されたのは 0.5ミリの線虫という、かなり大型の生物だという点で、これまでの中でも最も興味深いニュースです。

なお、 In Deep の過去の極限環境微生物に関してのリンクは記事の下に記しておきます。

これは、「悪魔の虫」と名付けられた今回発見された線虫の顔です。

devil-worm.jpg


なお、今回の記事でも私が感動したのは、研究者たちの「発見に賭ける執念」です。調査にあたったひとりのベルギーのヘント大学という大学の教授は、約1年間、ひたすら、その地中深くの水を濾過し続けて、「約 3万 1582リットルの水を濾過した末に」 ついに、この線虫を発見しています。

1年間、毎日毎日、水を濾過して追い求め続けた小さな虫。


先日の「電子は「宇宙に存在するものの中でもっとも丸い存在」だった (2011年05月27日)」でも、「電子の形」を突き止めるために、英国の研究者たちは約 10年間、単調ともいえる測定作業を繰り返した末に、ついに「電子がほぼ完ぺきな円であること」を発見しています。

やはり、科学者たちのこういう日々の努力というのはすごいなあと思います。

こういう人たち、あるいはこういう研究のお陰で、地味ながら科学は進んでいって、あるいは、何らかの意味がそのうち見出されるのかもしれないです。

感謝したいと思っています。

ここから翻訳です。




続きを読む