<< 1  2  3 

2011年07月08日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




土星で観測されている巨大なスーパーストーム



巨大な彗星が太陽に突っ込み、木星では地球の大きさの何倍もの範囲の巨大嵐が吹き荒れている


(訳者注) まず、木星の巨大な嵐。これは昨日の米国 CBS などで報道されたものなんですが、これはものすごい。

NASA のカッシーニが撮影した写真がこれです。

sut.jpg


土星と地球の大きさを考えると、どれだけものすごい嵐が木星で起きているかがわかると思います。愛知教育大学のサイト「みんなの宇宙」にある「土星と地球の大きさの比較図」が下です。

sut1.jpg


地球が何回か吹っ飛ばされそうな大きな嵐に木星は見舞われているようです。


また、昨日(7月6日)、太陽系外から飛来した彗星が太陽に突っ込んでいく様子が、 NASA の観測衛星の写真で捕らえています。 NASA のスペースウェザーに「太陽にダイビングする彗星」というタイトルで記事になっていました。

こちらの写真を連続写真でご紹介してから、下に CBS の木星のスーパーストームの翻訳記事をご紹介します。


太陽に突っ込んだ彗星


comet.gif



comet-1.gif



comet-2.gif



comet-3.gif



comet-4.gif


私の勘違いなのか、技術的なことなのかわからないですが、彗星が突っ込んだ後に、太陽の光の加減が変わったような感じに見えます。そんなわけないでしょうが。

ここから、木星の嵐の記事です。



続きを読む



  

2011年07月06日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(訳者注) 本題とは関係ないですが、韓国のソウルの高層ビルで「謎の震動により数百人が避難」というニュースが報道されていました。そのうち日本語報道もあると思いますが、何となく興味深いニュースでしたので、先に簡単に要約してご紹介します。

Mystery shaking empties Seoul building(UPI 2011.07.05)より。

韓国ソウルの高層ビルで謎の震動

seoul-build.jpg

ソウル広津区にある39階建のテクノマート事務棟ビルで、火曜日(7月5日)に、およそ10分間にわたり、謎の震動に見舞われ、数百人がビルから避難した。ビルには当時、 3000人の人がいたが、怪我人などの報告はない。

韓国の気象機関等によると、その地域に当日、地震の記録はなかった。

ビルが揺れた原因についてはわからないが、12階にあるスポーツセンターと映画館からの音響施設によるものではないかという指摘もある。



数百人がビルから逃げ出したということは、揺れとしては結構大きかったのかもしれないですね。ビルそのものの問題なのか、地質的に何か起きているのか。


さて、今回は「緑になった水」のニュースを2つご紹介します。

ひとつは、シエオラレオネで「突然、海岸線数十キロにわたって漂着し続ける謎の海草」で砂浜がグリーンに変わってしまったニュースと、米国のニューヨーク州で、町の池の水の色が、突然、「蛍光色のグリーンに変わってしまった」というニュースです。ニューヨーク州のは「藻」の可能性が高いようですが、「ある日突然」というのが奇妙な点のようです。

ちなみに、「藻の大発生」は今では夏の風物詩の感もありまして、昨年の In Deep でもいくつかご紹介しています。

中国山東省の海と海岸を覆い尽くす「大発生した青藻」 (2010年07月01日)




拡大するフロリダ州セントジョーンズ川の未知の藻の大量発生と魚の大量死 (2010年06月18日)




などが昨年はありました。

基本的に藻が大発生する理由は、「その水に藻にとっての栄養があるから」ということで、それは有機物や化学物質だったり、あるいは原油などのこともあります。栄養素はいろいろですが、栄養と適度な温度があれば、それに応じた藻や微生物が発生することはわりと普通のことのようです。



ちなみに、タイトルの「緑の恐怖」は、ウルトラセブンの第2話(1967年10月8日)から拝借しました。

green-seven-2.jpg

当時、幼稚園時代でしたが、怖かった話だったような気がします。

では、ここから翻訳です。
どちらも比較的短い報道です。



続きを読む



  

2011年07月05日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(訳者注) 今日はオカルトなんだかそうではないのだかわからないのですが、ロシアのプラウダに載っていた「バイカルで次々と消える船」の話です。

ロシアではちょっとした話題の模様。

バイカル湖の位置は Wikipedia の地図がわかりやすいです。

baikal.gif

非常に面積の大きな湖(琵琶湖の40倍以上の面積)であると同時に、深さも1,600メートルほどあるということで、いろいろあっても不思議ではない凄みがあります。


また、このバイカル湖という湖にはいろいろな歴史や伝説があるようで、バイカル湖の悲劇 〜人類史上、未曾有の大量凍死〜というページには、20世紀のはじめに、バイカル湖で 125万人の人間が凍死した事件のことが書かれています。
その記事にはこのように記述されています。

 やがて、春が来て雪解けの季節となった。そのうち湖面の氷も溶け出した。
 そうして、兵士や女性、子供を含む25万の凍死した屍はゆっくりバイカル湖の水底深く引込まれるように沈んでいったのである。遺体の中には、生まれたての赤ん坊とともに凍ってしまった婦人も含まれていた。

 こうして、125万人いたキャラバンはことごとく死に絶えてしまった。人類の歴史上、これほど多くの人々が凍死した事実は前例にない。バイカル湖の暗い湖底には今も恨みを残して死んだ数十万の魂が眠っている・・・。



伝説の部分もあるでしょうが、バイカル湖にはいろいろな話があるということではあるらしいです。

また、今回の記事の話にはここ1年くらいこのブログにもたびたび登場する「巨大な渦」の話が絡んでいます。


世界中で頻発する「渦巻き」現象

記事では、バイカル湖に「悪魔のクレーター」と呼ばれる水域があり、そこでは、突然、グルグルと水が渦を描いて回転し、それが船を飲み込んでしまうという記述があるのですが、昨年以来、この「不思議な渦巻きや回転現象」は各地で起きています。

下の写真は、 In Deep の2010年12月18日の記事「私たちを取り巻く「渦」は何を意味するのか」に掲載した写真です。


▲ 2010年秋に、南極上空に現れた「月のサイズ」ほどもある渦巻き。



▲ 2010年11月に、島根県の海上に突然出現した謎の巨大渦巻き(報道記事)。



▲ 2008年7月、日本の天気予報図に出ていたドーナツ型の雲。


これらの原因はどれもわかっていませんが、「丸い渦」というのは今の私たちの生活の上での何らかのキーワードのようにも思います。アデン湾上に現れた巨大な渦というような報道もありました。


また、先週のことですが、デンマークのテレビニュースで、「海に得体の知れない渦巻きが次々と発生している」という報道がありました。

denmark-tv.jpg

▲ デンマークの tv2east のニュースより。動画のリンク先がわからなくなってしまいましたが、わかればリンクしておきます。


では、ここから記事です。




続きを読む



  

2011年07月03日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(訳者注) 昨日の記事でもちょっとふれたチリの火山について、アイルランドの気象庁が「それにより気温が下がるかもしれない」ということを発表していて、その翻訳などをご紹介します。


それにしても、6月は暑かったですね。
先日まで東京などでも続いた暑さは何だか何もかもグダグダになるような暑さでした。特に、「太陽が照っている場所」は、さほど気温が上がっていなくとも、しばらくいると、クラクラとしそうなくらいでした。

今年、自分で「最も快適だと思う気温」に関して緻密に観察してみましたところ、大体 14度から 15度が適温という結論が出ました(暑がり)。なので、夏は苦しい・・・。夏生まれなのに・・・。


というわけで、「今からこんなんだと、今年の夏の気温はどうなっちゃうんだろう」とは誰しも思うところのような感じがいたします。

ちなみに、「世界全体が暑かったり寒かったり」というわけではなく、例えば、この6月だけでも世界のニュースを見ると、いろいろでした。

アイルランドではこの40年間で最も寒い6月だった。

Parts Of Ireland Record Coldest June In Almost 40 years
Irish Weather 2011.07.02


オーストラリア北部は、記録に残る中で最も寒い6月だった。

Darwin chills out in coldest June on record
ABCニュース 2011.06.30


・アメリカの中央部などでは6月は記録的な高温。

Record-breaking June temperatures heighten safety issues
My West Texas 2011.07.02


日本は報道のとおり、6月は暑かったようなんですが、気象庁によれば、「これは一時的な現象で、昨夏のような記録的な猛暑につながるものではない」と言っています。まあ、気象庁の言う通りになってほしいですが・・・。


今後、気温はあまり上がらないという個人的なデータ(不確実)

あんまり信憑性はないですが、これまでの気候データから見て、「ひょっとして今後気温はあまり上がらない?」と思われるようなデータが出ていて、これは NOAA (アメリカ海洋大気局)などの天候長期予測などをする際にも参考にされる「北大西洋振動」という大西洋での海面温度の気温差の指数があるのですが、それが「6月の中旬から長くマイナスにふれている」という点です。

この「北大西洋振動」については、

気候を支配するものたち - 北大西洋振動 (NAO) (地球の記録 2010年02月13日)

などをご参考下さい。

上記の記事では、日本大学文理学部の地球システム科学科の山川教授が書かれた「季節~数十年スケールからみた気候システム変動」という論文から見た「気候変動」というものについて触れています。

非常に簡単に書くと、この北大西洋振動の指数というものがマイナスにふれると、過去の例では、


・地中海で雨が多くなる

・ヨーロッパとロシアの西部で平年より寒くなる

・北アフリカやアラビア半島方面で大雨になりやすい

・シベリアと東アジアでは低温

・アメリカの北東部で低温



となりやすいということが言われているようです。

この北大西洋振動の指数は NOAA の気候予測センター( Climate Prediction Center )で、毎週発表されています。

最新のグラフがこれです。
6月からグラフが下のほう(マイナス)にふれていて、この状態が長く続いた場合、その後は上のような地域が、低温や大雨などの天候異常に見舞われることが多いようです。

nao-2011-06.gif

あくまで過去のデータですので、今年がどうなるかはわかりません。


さて、今回ご紹介する記事は、アイリッシュ・ウェザーより、「チリの火山噴火が寒冷化を引き起こす可能性」という記事です。

チリのプジェウエ火山は 6月4日に噴火して、その様子は、先日もご紹介したように、下のような噴火でした。激しい噴火が今も続いているようですが、アイルランドの気象庁は「これが原因で局地的に寒冷化となるかもしれない」と発表しました。実際、6月のアイルランドの気温は、この 40年間で最低だったそうです。





昨年、何度かふれたことがありますが、世界中でこのような大規模噴火が相次げば、気候に何らかの影響はあっても不思議ではないと個人的にも思います。

日本では、火山というと、富士山の話題が出ることが多いですが、世界的に見れば、富士山の噴火の世界への影響は限定的だと思われ、やはり、アジアにおいては朝鮮半島の白頭山と、超親分級であるインドネシアのトバ火山、ヨーロッパにおいては、アイスランドのカトラ火山、そして、アメリカではイエローストーン火山などの面々が控えていて、これらの噴火は地球の様相を一変させるものだと個人的には思います。

地球には、上のうちのいくつかを含む7つの「スーパー火山」が存在しており、それらの噴火周期は大変に長いですが、いつかはまた噴火しても不思議ではないものです。


7つの超巨大火山は以下の通り。
詳しくは、7つの超巨大火山(地球の記録 2010年01月06日)にあります。


1.イタリアのセージア渓谷

場所:イタリア・アルプス
最後の大噴火:約2億8000万年前
噴火の規模 :セントヘレンズ山の大噴火のおよそ1000倍



2.米国イエローストーン

場所:米国
最後の大噴火:64万年前
噴火の規模 :セントヘレンズ山の大噴火のおよそ1000倍



3.薩摩硫黄島

場所:日本・鹿児島県
最後の大噴火:約7300年前
噴火の規模 :雲仙普賢岳の1回の火砕流噴の数十万倍



4.インドネシア・トバ火山

場所:インドネシア・スマトラ島
最後の大噴火:約7万4000年前
噴火の規模 :セントヘレンズ山の大噴火のおよそ3000倍



5.ニュージーランド北島のカルデラ群

場所:ニュージーランド・北島
最後の大噴火:西暦150年頃



6.シャツキー海台

場所:日本の太平洋側
最後の大噴火:不明



7.オントンジャワ海台

場所:ソロモン諸島
最後の大噴火:1億2000万年前という予測
噴火の規模 :不明



--
それでは、ここから翻訳です。



続きを読む



  

2011年07月01日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





今日、最近のテキスト書類などを整理していましたら、「注目したけど翻訳に至らなかった報道」や、あるいは「難解すぎて翻訳できなかったもの」、あるいは「途中で疲れてしまったもの」の断片がたくさん出て来ました。

いつかまたご紹介したいという意志も含めて、メモとしてここに記しておきたいと思います。


ご紹介できなかったものの中では、特に、アメリカ国立科学財団が発表した「魚からバクテリアへ食物エネルギーを移していたクラゲの群」という報道は、私が数年前から(こちらのクレアの記事「9つのサイクルと自分 - 164億年前から8億4000万年前まで」など)気にしていた、「海の生き物が海流を作り出しているのでは」ということに関してのものでもありそうで、とても気になっていますが、かなり長いのと、私には専門的すぎて、難しいです。

でも、これはいつかはやらないと。


途中まで訳したけれどご紹介していなかったもので興味深いものとしては、米国のオハイオ大学が 6月24日にリリースした「天文学調査から得られた新しいガン治療への可能性」という記事は、冒頭部分を訳した後に本文中の医学用語が理解できずに途中までとなっていますが、これはなかなか興味深いので途中までですけれど、一番下に記しておきます。

これは「天文学での宇宙観察からガン治療の方法の着想を得た」という話だと考えていただければいいと思います。着想だけではなく、現実に治療の段階へと進みつつあります。

それではここからとなります。



続きを読む



  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(訳者注) ここ2、3日、ちょっと子どもの調子がなんとなく不安定というか何というかで、更新していませんでした。私も私で相変わらず睡眠障害というか、「すぐ起きちまう」のが続いています。

しかし、今日ちょっと興味深いニュースが海外で報じられていたので、短い記事ですけれどご紹介します。それは、英国スコットランドでクラゲの群れが原子力発電所をシャットダウンさせたというニュースです。

最近は世界中で、原発がシャットダウンするか、シャットダウンしそうなニュースが相次いでいますが、クラゲというのもあるのですね。この記事によると、「クラゲの原発への進入は日本の発電所でも近年大きな問題となっていた」とのこと。いろいろとありますね。


最近、原発が停止したか、あるいは停止しそうになった代表的なニュースは、

フランスで干ばつのため(In Deep の5月18日の記事
・米国で山火事のため。


などです。

米国の山火事は、山火事そのものがとても深刻で、現在も進行中です。6月29日の米国 ABCニュース によれば、保安担当者の話として、

「火災が近づいている核施設は 20,000バレルの核廃棄物を含んでいる。 また、この建物は、火が簡単に燃え移りやすい材質ビルディングであり、山火事がこれらの地域に到着した場合は、放射能災害可能性もないではない」。


とのこと。


自然災害が多すぎて、とても記事では追いつかないのが現状です

今日時間があれば、6月のはじめに大噴火して、いまだに続いているチリのプジェウエ火山などを含めて、最近の噴火のことなどを書ければ書いてみます。

というのも(最近はうちの子どもとオカルトの話とかは書いていないですが)、ここ数日の様子が3月の最初頃と何となく似ていて、それを見ていて、「そういや、自然災害の発生ペースが実は上がってんだよなあ」と改めて思い起こしたので、そのうちの火山ことでも書いておこうかと思います。

チリのプジェウエ火山は 6月4日の噴火の光景自体がすでに世紀末を思わせるものでした。
下の写真が噴火の時の様子。写真を見た時は苦笑するだけでした(苦笑)。

chile-puyehue-volcano.jpg


噴火から 1カ月経った現在でも噴火は続いていて、空の便や地元に深刻な影響を与えています。

実際、世界中であらゆる自然災害が現在あまりにも頻発していて、ボーッと過ごしている私が記事で追えるような量ではありません。今にも地球が壊れそうなほど毎日毎日、自然災害は頻発しています。そういう報道を日々書いてくださっているブログも多分たくさんあると思いますので、ご参考になさっていただければ幸いです。

では、クラゲの話です。
アメリカの msnbc より。



続きを読む