<< 1  2 

2011年08月12日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




生命の錬金術は是か非か:米国で「独自の遺伝子コードをもつ人工生物の作成」に成功



「原子単位での生命コントロール」により人工のタンパク質を生産して生き続ける線虫


このニュースは・・・まあ、いつかは必ずあるとは思っていましたが、実際に目にするとわりとショックですね。神か宇宙かは知らないけれど、最初にそれら創造主的な存在がおこなったことと「似たこと」を人間が達成してしまったという出来事ともいえ、それは、

米国の科学者が、今までの地球上のものとは違った新しいアミノ酸の配列で作った遺伝子で「生き物を作った」

というニュースです。

Caenorhabditis elegans という線虫から「この世にいなかった」新しい線虫を作り出したということなんですが、最大のポイントはこの線虫が「地球中にはないアミノ酸配列」を持っているということのようです。そして、「人工のタンパク質を自ら生産」します。

地球上の生命は 20種類のアミノ酸の配列からできているのですが、この線虫の遺伝子には「21番目のアミノ酸」が存在します。こういう遺伝子配列を持つ生物は、地球には今のところこの生物だけとなるはずです。


そういうのを作っちゃった・・・のですね。


DNA の構造と配列(つまり宇宙の生命のはじまり)を学習した人類が、新しい生命構造の誕生へと動き出してしまったという・・・。なんつーか、ああ・・・神様、ごめんなさいとでもいうのか、「ここまで来ましたよ」と誇るべきなのか。

なんとも難しい出来事です。


ちなみに、地球上の生命は 20種類のアミノ酸の配列からできているということなのですが、その「たった20種類のアミノ酸の独自の配列の確率」ということに関しては、拙い記事ですが、昔書いたクレアなひとときの


生命の確率(2) (2011年07月18日)

地球の成り立ち(1) - 生命の確率 (2010年03月29日)


の2つの記事にある確率をお暇な時にでもお読みいただけると幸いです。

結局、この世(宇宙)に生命が誕生するためには「偶然」では無理なことはほぼ明らかで、「人為的な作業」が必ず必要となるように私は思っています。

今回も生まれた線虫の中には「新しい宇宙」があって・・・まあ、その宇宙では、この科学者たちが神様なんでしょうかね。


記事は暴動の渦中にあるイギリスの BBC より。






 

続きを読む



  

2011年08月10日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





以前、震災の2ヶ月ほど後の5月に、「マグニチュード9の地震があった前日までに日本上空の赤外線量と電離層の電子量が増大したことがデータ上で確かめられた」ということが、フランス宇宙研究センター(CNES)の観測衛星で確かめられたことが記事になっていることを翻訳紹介したことがあります。

3月11日の地震の前に観測された日本上空の赤外線と電子量の急激な変化
(2011年05月20日)


その続きともいえる報道かもしれません。

それは、「3月11日の地震の影響が、ほぼ宇宙空間にも近い超高層大気圏でも観測されていた」という記事です。

超高層大気」とは、国立極地研究所によりますと、「中間圏と熱圏の領域」とのこと。ただし、規定はわりと曖昧ですので、「非常に高い大気圏」ということでいいかと思います。

図では、このような感じになると思います。

upper-1000.png


大体ですが、上空 80キロメートルから 1,000キロメートルくらいの高層にあたる場所で、上のほうはほとんど宇宙空間です。


この「地震が高層大気に影響を与えていた」ということがどういう可能性を示唆しているかということについては、もう私は書かないほうがいいかと思いますので書きません。以前、In Deep に私個人の地震についての考え方を書いた記事をリンクしておくにとどめます。わかりにくい記事ですが、「宇宙線と地震の関係」について書いています。


コラム・地震のトリガーについて (2011年05月21日)


近代物理学の祖であるアイザック・ニュートンがヘルメスの「エメラルド板」の解釈の中で至ったひとつの考え方である「小さなものに適応できる物理の法則は大きなものにも適用できる」ということなども参考になっています。

地球上(宇宙)のすべての「物質の崩壊」という現象には統一した物理的な規則があって、地震もその例から外れないはずだという考え方です。

まあ、地震に関してはいろいろな研究をされている方がいて、それぞれの方の理論があると思いますので、それぞれの方の考え方でよろしいのだと今では思っています。

なので、地震や自然災害に発生理論に関しての私自身の考えは今後も書くことはないと思います。
(予測に役立つわけでもないですし)


いずれにしても、「地球内部が主原因で地震が起きる」という考えでも、「宇宙線などの外部的な化学的刺激によって起きる」という考え方のどちらから見ても、「熱圏より上の高層大気で地震との関係が見られた」ということは大きな発見だと思いますので、記事をご紹介することにしました。

なお、今回の記事は科学系ブログで簡単に紹介されているもので短いのですが、学術的な日本語の説明としては、東京学芸大学教育学部物理学科の鴨川 仁助教授の書かれた「地震に関連する地圏 −大気圏−電離圏結合」というページが参考になるかと思います。

ここに、

大地震や津波が大気重力波等を通して電離圏まで影響を与えることはよく知られています。
一方、地震時・後のみならず地震前においても電離圏擾乱が見られるという指摘が80年代ぐらいからされており議論が盛んです。

現在は、メカニズムが仮説の段階であること、統計的解析が不十分な場合も多いため現象の存否 については決着がついていません。



とあります。
つまり、もともと、「地震の前に」電離層に変化が観測されているということは以前から議論されていたことのようです。


ところで、昨日、米国 ABC ニュースで「日本政府が東京から逃避する計画の準備を進めている」という英語の記事がありました。最近、日本語のニュースを読んでいないので、報道されていることなのかもしれないですが、「へえ、そうなんだ」と思いましたので、短い記事ですし、本記事の後でご紹介しておきます。

それでは、地震と超高層大気圏の記事は、米国のアメイジング・プラネットより。





続きを読む



  

2011年08月09日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





london-1.jpg


▲ ウインドウが破壊されたデベナムズデパートの前を胸を歩く若者たち。どことなく堂々としています。 2011年08月08日。ロンドン・クラッパム・ジャンクション駅近くにて。




芥川賞作家の町田康さんという人がいます。


町田さんが今から三十数年前の 1979年に(まだ高校生だったと思います)大阪でやっていたバンドでリリースしたアルバムに収録されている曲に「ガセネタ」という曲があります( YouTube )。


その中にこのような歌詞があります。



パンク? パンクやと? しょーもない、あんなもん。何がおもろいんや。
まともなんジョニー・ロットンだけやないか!



ここに出てくる「ジョニー・ロットン」というのは、 1977年頃に活躍していた Sex Pistols というロックンロールバンドのボーカルのジョン・ライドンという英国人のことを指します。


このバンドの代表的な歌に「アナーキー・イン・ザ・UK」(英国の無政府主義者)という曲があります。


今、イギリスではロンドンを中心に、いろいろな街で若者による暴動が起きていて、各メディアはそのニュースで持ちきりですが、海外のブログで、テレグラフやガーディアンなどのいろいろなメディアのロンドン暴動の報道をまとめているブログがあったのですが、そのタイトルが、


アナーキー・イン・ザ・UK :ロンドン暴動 3日目に突入


でした。





その記事を簡単にご紹介しようと思いますが、ロンドン暴動の報道の内容自体は日本語の記事にもなっていますので、そちらを読まれたほうがよろしいかと思います。

いくつか日本語の記事をリンクしておきます。



ロンドン北部で暴動―黒人射殺がきっかけ (ウォールストリート・ジャーナル 2011.08.08)


などです。


それらを読めば概要はわかると思います。


それよりも、個人的に、現在起きているロンドン暴動に「アナーキー・イン・ザ・UK」という冠がついたことに一種の感慨を感じまして、その「アナーキー・イン・ザ・UK」というタイトルの歌を作り、その歌詞を書いたジョン・ライドンという人が「 1970年代のロンドンで描いていた夢」のことを書いてみたいと思います。



その 1977年の「アナーキー・イン・ザ・UK」の歌詞を適当に訳してみました。



続きを読む