<< 1  2  3  4 

2011年12月06日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




別の太陽系の「地球の双子」が NASA により「確定」される



NASA が、太陽系とよく似た恒星システムと、そこにある地球タイプの惑星の存在を確認。太陽系外の生命居住可能領域が確定されたのは地球の科学でこれが最初。


(訳者注) 数日前、「次々と見つかる「新しいタイプの銀河」や「もうひとつの太陽系」」というタイトルの記事を書きましたが、最近はその後のイベントの流れが早いのが特徴です。いろいろなことがあっという間に起きる。

昨日 12月5日の NASA からの発表。
それは地球科学上で初となる「太陽系外での生命が住むことのできる領域としての惑星の確認と発表」でした。

これまでたくさん見つかっている太陽系外の地球タイプの惑星ですが、昨日、NASA は、「太陽系と同じシステムと、そこにある地球と同じような環境の惑星ゾーンを確認した」と発表しました。

今回 NASA が発表したのは「ケプラー22システム(系)」という恒星系システムで、下が NASA が作成した比較図です。
上がケプラー22で、下が太陽系です。


kepler-22.jpg


中心に太陽と同じような親星があり、その周囲を、やはり私たちの太陽系と同じように惑星が周回しています。

その中で上の図にもあります「ケプラー22b」と名付けられた星があり、これが地球と同じような位置に存在しており、ここが「生命居住可能領域(ハビタブル・ゾーンとも呼ばれます)」として、はじめて確定されたというニュースです。

要するにこれもまた「双子の地球」ということのようです。


この報道に関しては、またある意味で別の感慨もあり、翻訳記事の下に記しておきました。生きていることは(たまに)感動的であることに気づきます。


それでは、 NASA のケプラーミッション・サイトのニュースリリースより。



続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2011年12月05日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





自然災害や環境の変化に類する現象は日々たくさんあります。その中でも、「地震や台風や噴火」といった出来事自体が大きな目立つイベントとは違って、長期にわたり続くことが気になる現象がわりとあります。

昔、「地球の記録」というブログを書いていた時から思っていたのですが、それが大きな災害や環境異変に結びつくかどうかということとは別に「長期に渡って発生し続けるいろいろな現象」というものは常にこの世に存在しています。


昨年ですと、 In Deep でもずいぶん取り上げた「世界各地で地面に開く穴」のことがありました。

過去記事として、

などがあります。

ちなみに、「穴」は今でもいろいろなところで開いていて、先日も、米国のオクラホマ州で「一夜にして開いた巨大な地面の穴」のことが地元メディアで報道されていました。

sinhole-usa-2011-11-29.jpg

巨大な穴が一晩で開いた( KFOR 2011.11.29)より。


そして、 今年 2011年の夏頃から、個人的に顕著に感じる自然の異変のようなものの中で、最も強く印象に残るニュースは次のふたつの関連でした。


・世界中で発生している地面の震動

・これまで記録したことのないような強風が世界中で吹き荒れている



のふたつです。

最初の「地面の震動」に関しては、「地震ではなく、地面が振動する」という現象のことで、理由が明らかでなく大地揺れるというものです。

これは、夏頃から、アメリカ、中東、韓国、インドなど全世界で報告されていますが、範囲が広くてまとめるのに時間がかかりそうで、今すぐには書けないですが、いつかご紹介したいと思っています。個人的に気になっている最近の地球の出来事の中で最大のものです。


今回は「」のことについて書いてみます。

「なんだ、風かあ」と思われる方もいらっしゃるかもしれないですが、今、「強風」のニュースがものすごいのです。少なくともこの数年の世界の災害関係の報道で、こんなに風に関する報道を多く目にしたことはないような気もします。

この半月くらいに絞って、代表的な報道を「国別」にいくつかご紹介します。
いろいろな国でこの「強風」が災害に結びついていることがわかります。

内容は要約です。



続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2011年12月04日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





チリの「鼻に傷をもつ」女性学生運動家、カミラ・バジェホさん


(訳者注) 最初に書いておくと、私自身はもともと、「社会革命」に興味がありません。

その理由は歴史上のすべての革命が「トップが変わるだけ」だったからです。

どんな素晴らしい主張を持っていようと、その人がどんなに素晴らしい人や、あるいは集団であろうと、「上下関係という存在」がダメで、ピラミッド構造が少しでもある存在がニガテなんです。

この「ニガテ」は私は小さなころから徹底していて、教師、先輩、上司、あるいは、親などもそうだし、あるいは、神様とか教祖とかもそうだし、「上にいるものは何もかもイヤ」であると同時に、「下という存在もすべてイヤ」でした。後輩だとか、部下だとか教え子だとか。

理想だけを言えば、「完全な平等」しか受け付けない部分があります(もちろん現時点では理想でしかないですが)。


これまで「上も下もどちらも嫌い」という完全な平等な気持ちを満たしてくれるような社会運動はなかった気がするし(大体、リーダーとかトップだとかがいますから)、そういう革命もなかったように思います。


なので、社会革命には基本的に興味ないのですが、それでも、2008年頃から読ませていただいていたウェブボットの中に出てくる「予言の中の革命戦士たち」の中で、私がもっとも心を奪われたのが、「女性の社会革命家」でした。

そして、そのウェブボットの女性の登場人物の中でも、特に魅力的な人物と関わるキーワードは「南アメリカ」でした。

その一部を抜粋してみます。

(ここから抜粋)



非対称型言語傾向分析報告書 1309 バート5
ウェブボット 2009年4月11日

・ 夏から秋にかけてある女性の象徴的なキャラクターが出現する。彼女は内部告発者との関連で出現するキャラクターである。

・ さらにこの人物は、覚醒を目標とするスピリチュアリティーとの関連が深い人物でもある。

・ 彼女は身体の一部を「傷跡」のように形に塗っているか、または実際に「傷痕」があるのが特徴だ。この 「傷跡」は、彼女が属する集団や拡大家族で彼女がどのように見られているのか表している。

・ この女性は、ある犠牲的な行い、ないしは「暴露」に向けて彼女の属するグループを扇動する役割を果たす人物である。

・ この女性は過去に影の支配勢力や悪の存在と関係のあった人物である。

・ この人物の存在が表に出てくることは、彼女の属するグループや家族、そして彼女自身にショックを与える。

・ この人物は次の段階の世界経済の危機が始まるちょうど一週間前に姿を表す。なぜ彼女の出現が重要なのかというと、彼女は次の全世界的な金融崩壊が発生する少し前から影響力をもつようになるからである。

・ またこの傷痕のある女性は、影の支配勢力が保有する膨大な情報のリークが発生するタイミングで現れる。

・ さらに、彼女の存在が公になるとほぼ同じ時期に、渡り鳥の災難、また紫外線にやられ「汗をかく」ようになったトウモロコシや米の問題、さらに新たな金融危機が発生する。





(抜粋ここまで)



私が、この2年前のウェブボットの記述を思い出すに至った、「現実」の人物の写真をまず貼っておきましょう。
この人です。

camila-1.jpg

チリ学生連合の議長のカミラ・バジェホさん。
23歳の女性です。

こちらに、日本語の記事があります。

そこにはこうあります。

彼女の目的は明確だ。政府に圧力をかけ、ピノチェト独裁時代から変わらない教育制度を改正させることである。


これを読む限り、イギリスやフランスなどでの学生抗議運動とさほど変わらないのですが、彼女の姿を見ていると、何というか、個人的に感極まるところがあるような、そんな気もしないでもないような・・・。


ウェブボットの「傷のある女性」という表現を、私は彼女の鼻ピアスから連想したのですが、チリの若者の感覚は多分、日本あたりと似た感覚で、つまり耳にピアスをしている人はいくらでもいるでしょうが、しかし、「耳以外」にピアスをする人の数は決して多くないと思います。


しかし、それにしても、こういうカミラさんのような社会革命の形をとっている時点で、それは今までの革命と何らかわりはない古いものだとは実際に思うのです。


それでも、私が男性だからなのかどうかわかりませんが、カミラさんの「女性運動家」としての姿に何とも感動をおぼえる部分があるのは確かです。

今回は、彼女の活動を詳しく伝えている、チリのスペイン語メディアの報道をご紹介します。9月のもので、少し古いものですが、今のところ、スペイン語ベースでの報道しかあまり見られないようです。



続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2011年12月03日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(訳者注) ニュースの見出しで知った記事で、イギリスのハル大学という大学の研究発表です。

翻訳したものを読み直すと、どうもわかりにくいですので、先に要約しますと、

・「存在しない色」を脳の中で自由に想定した人たちについて

の実験結果の話のようです。

実験は、白と黒のモノクロのパターンを用いて、そこに色が見えるかどうかというのを調査したというものでした。


最近(あるいは小さな頃から)、個人的に「人間の目からの視覚の実態は確実なものではないかもしれない」と思っていたのですが、今回の研究が示すところは、人間は「頭の中で視覚を再構成している可能性がある」ということなのかもしれません。

そして、それだけではなく、研究者は、

経験そのものを脳の中で変える力もあるかもしれない

ということを言っています。

視覚だけにとどまらず、痛みや怒りや感情などの「経験を頭の中で変えてしまえる能力」を人間は持っているかもしれないと。

今回の実験では「一部の人々」となっていますが、能力に差はあれど、多くの人間にはそのような力はあるのかもしれません。

ちなみに、私は知らなかったですが、英国ハル大学というのは比較的新しい大学ながら、科学分野などについて非常に優れた業績を残しているのだそう。漢字で書くと「春大学」ですかね(やわらかい)。




続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





「このような部品は我が国の航空機にはない」と米国連邦航空局が談話


(訳者注) 米国だけではないですが、昨年あたりから「空からいろいろなものが落ちてくる」という出来事は数多くあり、そのような記事を結構ご紹介していると思います。

代表的な過去記事は下のようなものです。
鳥、人、変な物質、と何でも落ちています。




世界中の空から落ちてきたいろいろなもの

[謎の物質 / 米国]ニューヨーク州で空から広範囲に降り注いだ「ネバネバとした」緑と黄色の謎の物質



[謎の物体 / イスラエル]イスラエルに「空から降ってきた」燃え続ける物体





[ムクドリ / イギリス]ムクドリの群れが空から落ち集団で死んでいく光景がイギリスで目撃される

muku48.jpg



[巨大な氷 / 中国]晴天の中を巨大な氷の固まりが空から落ちてきた





[雲 / アラブ首長国連邦]空から雲が落ちてきた

c-2-2.jpg



[謎の巨大物体 /メキシコ]メキシコで宇宙からの正体不明の落下物が地面に30メートルのクレーターを残す





[人間 / 米国]ニュージャージーで上空から降ってきた人物が見つからない





意外と、「空から落ちてくるニュース」をたくさんご紹介していたことに気づきました。
実は私は好きみたいですね、落ちてくるニュース。

個人的には、以前ご紹介した「海から離れた草原の川沿いに打ち上げられていたクジラ」というイギリスのニュースも「空からクジラが降ってきたのでは」と、やや本気で思ったりしています(笑)。

skybig.jpg



今回は「何だかわからない機械部品のようなもの」が空から落ちてきたという報道です。
CBS でテレビ報道もされていたようです。




続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2011年12月02日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





NASA のシュピッツァー望遠鏡が発見した 130億光年離れた場所にある赤い銀河


(訳者注) 先日の、「地球から見える星の数が大幅にアップ: 銀河の数だけでも「7兆」に」というような記事の中でも書きましたが、最近の宇宙観測技術の発展はものすごいもので、 NASA のもつスピッツァーやハップルなどをはじめとする宇宙望遠鏡や、ヨーロッパのハーシェル宇宙望遠鏡などの大型望遠鏡での観測機能は一時留しく上がっています。

しかし、同時に、それらプロだけではなく、実は「アマチュアの人たち」も大活躍していいます。

今回は宇宙での新しい発見に関しての2つのニュースをご紹介しようと思います。

最初はニュージーランドのアマチュア天文家が「もうひとつの太陽系の撮影に成功した」というものです。

これは、家庭用の25センチの望遠鏡だけで、 NASA の超大型望遠鏡よりも細密なその別の太陽系の画像を撮影したということで、世界中の宇宙観測ファンの間で話題になっています。その天文家は一種のアイディアによって、地球から離れた別の太陽系の撮影に成功しています。





NZer captures first photos of another solar system
NZ Herald (ニュージーランド) 2011.11.28

ニュージーランドのアマチュア天文家が「もうひとつの太陽系」の姿をとらえる

solar-system-o.jpg

ニュージーランドに拠点を置くアマチュア天文家、ルドルフ・オルセンさんは、「もうひとつの太陽系」の姿を写真でとらえることに成功した。

オルセンさんはプロの天文家ではないが、「がか座ベータ星」(β Pictoris)の周辺で渦まいているディスク状の塵の太陽系の写真を発表した。彼は、驚くべきことに、25センチのごく普通の望遠鏡だけでこの 年齢1200万歳と思われる別の太陽系の姿をとらえることに成功したのだ。

この「がか座ベータ星」は、NASA の超大型望遠鏡であるハッブル宇宙望遠鏡によって写真が撮影されたことはあるが、それ自身からの強力な光の反射があるため、アマチュア天文家がこのシステムの写真を撮影することはできないと考えられていた。


beta-02.jpg

▲ こちらの写真は NASA のハップル望遠鏡で撮影された、がか座ベータ星。


オルセンさんは、相似星形の画像を撮影し、がか座ベータ星の画像から消していくという手法によって星からの光の反射を画像から取り除き、太陽系の姿をあらわすことに成功した。

オルセンさんが今回の撮影法の着想を得たのは、1993年に米国ハーバード大学でリリースされた、がか座ベータ星の撮影に関しての論文を読んだことによるのだという。






というニュースでした。

そして、一方の NASA は、さらに遠くの宇宙への探索を進めており、今回発見された NASA が言うところの「奇妙な銀河」の距離は、地球から、約 130億光年

とても遠い距離です。

その記事です。

ちなみに、「赤外線銀河」とは、Wikipedia によると、文字通り、「赤外線で強く輝いている銀河」ということでよろしいようです。



続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2011年12月01日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





太陽フレア、ニビル、エイリアンと「2012年問題」に対して続けざまに反論をリリースし続けている NASA が、今度はポールシフトに言及


(訳者注) 最近、「2012年のアルマゲドン問題」や「アセンション的な考え」というようなことに対して、かなり積極的に意見をリリースし続ける NASA 。

最近 In Deep で記事にしただけでも、


などがありましたが、今回は「ポールシフト」です。

ポールシフトに関しては、このブログでも昨年からずいぶんと記事にしていて、その中でわかることは、少なくとも「磁極のポールシフト」は現在もずっと継続中で、しかも加速しています。つまり、すでにポールシフトは起きています。

関係記事として、


などがありますが、実際のところ、環境の異変や天変地異などは確かに以前より大きく感じますが、それが、ポールシフトの影響なのかどうかというのはやはりわかりません。

まあ、いろいろな意見等もあると思いますので、私の意見は書かずに NASA の発表の内容をご紹介します。

ただ、この NASA の記事では、地球の磁場の存在を「地球内部との関係性で」ばかり考えている感じもあり、宇宙局なのに、全然「宇宙と地球の関係」を考慮してくれないのはさびしいことです。つД`) 

宇宙の磁場と地球の磁場はものすごく密接に関係があるのでは・・・とは思うのですが・・・。

それでは、ここから記事です。



続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  


In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(訳者注) 今回の記事のテーマであります「神の粒子」と呼ばれているヒッグス粒子だとかいうものが何なのかということに関して、私自身は何のことだかわからないですが、なんとなく「神の粒子はもはや存在しない」という響きにひかれまして、ご紹介いたします。

Wikipedia のヒッグス粒子から抜粋しておきます。

ヒッグス粒子とは、ヒッグス場を量子化して得られる粒子である。LHCの衝突実験で、およそ10兆回に1回しか生成されないと言われている。

宇宙の初期の状態においてはすべての素粒子は自由に動きまわることができ質量がなかったが、自発的対称性の破れが生じて真空に相転移が起こり(以下略)。



そのヒッグス粒子が「想像上の産物である可能性が高い」という発表です。


なお、先日の米国のサイト「アースファイルズ」でこのことに簡単にふれていて、そこにはこのように書かれていました。

これは「正体不明の物質がヒッグス粒子の探索を邪魔している」ということを、CERN (欧州原子核研究機構)の人物が語っているという内容です。真偽はちょっとわからないですけれど。

そちらも簡単にご紹介します。



UFOs Slowing CERN Search for “God Particle.”
Earthfiles 2011.11.30

未知の物質がCERN の「神の粒子」探索を遅らせている

god-01.jpg

2010年からはじめられている大型ハドロン衝突型加速器(LHC)による「神の粒子」と呼ばれるヒッグス粒子を探索するための準備が確立し始めていた時に、何かの陽子線が小片の衝突の邪魔をし続けている。

この「未確認」の降下物の発生源は何なのか?

未知のソースからの塵なのか、それとも想像のつかない謎の発生源が存在するのだろうか。






ヒッグス粒子というものは、存在が否定されれば、「現在の宇宙論の崩壊」にまた少し近づきそうな感じもしますので、そういう意味では実は個人的には「いいニュース」なのかもしれません。

あんまり難しい話は勘弁してほしいですけど。
難しすぎると、それこそお酒のんで、「うぃ〜、ヒッグス」となりそうです(くつろぎのダジャレ)。

では、英国のインターナショナル・ビジネスタイムスからです。



続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。