<< 1  2  3  4 

2012年04月03日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




世界で習得することが最も難しいのはどの言葉?



(訳者注) ロシアのプラウダの英語版に、に上のタイトル通りの「学ぶのが最も難しい外国語は?」というタイトルの記事がありました。

記事にもありますが、学習する人のネイティブ言語によって、難しい言葉というものは違うわけで、そのランキングそのものにはそれほど興味がないのですが、記事の中に、イスラエルのハイファ大学の科学者たちが行った「左脳と右脳」と「言語」の関係の実験がとても興味深かったので、この記事全部をご紹介しようと思いました。

ただ、どうも上手に訳せなかったので、先に書いておきますと、

・文字そのものに象徴的な意味のある言語は「右脳」と「左脳」の両方とも脳の活動として機能していた。

ということがわかったということなんです。

「文字そのものに象徴的な意味のある言語」はいろいろとあるでしょうが、代表的なものとしては、アラビア語、中国語、日本語などです。


逆に、文字そのものに象徴的な意味のない文字、つまり英語とか、まあ、そういう多くの言語では、

・左脳だけで理解する。

ことがわかったと。

ちなみに、米国の「防衛言語研究所」という研究所では、英語を話す人にとっての「世界の言語の難易度ランキング」をつけていて、それは大きく4つのグループにわけられていますが、その「学習するのに最も難しい超難関グループ」の言語が、

アラビア語、中国語、日本語、韓国語


でした。

ただ、この中で、中国語は文法自体は英語などと似ているようで、英語を話す人にとって中国語は「書き文字だけが難関」のようです。

一方、日本語と韓国語は特殊な文法を持っていますが、韓国語は今では表記はほぼハングル文字です。ハングル文字には象徴的な意味はなく、英語のアルファベットなどと同じ記号としての文字ですので、漢字や日本語などともまた違うはずで、そう考えていくと、「アラビア語と日本語の異常な特殊性」というのは突出します。

まあ、ただ、日本語は、アラビア語とは文字の数が比較にならないほど多いですが。

ちなみに、このプラウダの記事では、日本について、


日本では、12年間の間、日本人の子どもたちは日本語を学ぶ。この12年間のうちに日本人学生たちは、約 1,850個にものぼる漢字についての知識を何度もテストされ、それを習得しないと学校を卒業することができないのだ。


のようになっていて(笑)、なんだか日本人が勉学の鬼のようですが、しかし実際の場合、ほとんどの文字、少なくとも、ひらがなは「目で覚えてきた」はずです。

日本人と日本語と右脳の関係というのもまた、面白いものだと思います。



続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2012年04月02日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





その隠された「月たち」は1年ごとに太陽と地球の軌道上を行き来している。


(訳者注) アメリカのマサチューセッツ工科大学が昨年12月に発表した、「地球はもうひとつの隠された月を持つ」という記事をご紹介したことがあります。

「地球は隠された月を持つ」という MIT の発表
 2011年12月23日

このことに関して、ハワイ大学の研究チームが、スーパーコンピュータを使って「地球のもうひとつの月」のシミュレーションをおこなった結果に関しての記事が数日前の英国デイリーメールに出ていました。図説付きでわかりやすく記事にしていましたので、ご紹介したいと思いますが、これは驚くべきもので、箇条書きにしますと、


・地球のその小さな月(ミニ・ムーン)の数はひとつではない。
・ひとつの月が1年間、地球の周囲を旋回する。
・そして、その後はその月は太陽の軌道に移動して「太陽の衛星」となる。



というような感じです。

言い換えれば、「何個もの月が地球の軌道と、太陽の軌道上を1年ごとに交代で周回しているのかもしれない」という可能性についての話です。


ところで、「月」に関して、最近は科学の世界でもいろいろな疑念や懸念がでています。その中のひとつは「そもそも、どうして月が存在するのか」という疑問です。そのことについて最初に少しふれておきたいと思います。



月はどうして存在しているのか?

今の科学や、あるいは「学校」などで私たちが学んきた「月の正体」については次のようなものでした。

今でも小学校などで教えているタイプのものは、下のものだと思います。
学研の科学なぜなぜ110番の「月はいつどうやってできたの」からの抜粋です。


今から、およそ46億年前に、地球や火星など、太陽系の星たちが誕生しました。
(中略)
この大昔の地球に、いつもにくらべてかなり大きな微惑星が、ぶつかったのです。地球の一部分は、けずり取られ、ふたつに分かれてしまいました。その地球からとび出した部分が地球のまわりをまわるようになりました。これが月のはじまりです。

月と地球はもともとは同じ星だったのです。



moon-1.png



要するに、月は地球にぶつかって飛び出した破片のようなものだと。月というのは「地球の残骸」として存在しているということが現在、「すべての日本人の子どもたちが教えられていること」だと思います。


もちろん、実際には科学上ではいくつもの可能性が考えられてきたようで、宇宙航空研究開発機構( JAXA )の「もっと知りたい! 「月」ってナンだ!?」というページの「まだまだわからない月の謎」という部分には下の図が示されています。

moon-02.jpg


すなわち、

・地球の一部がちぎれて月になった。

・まったく違うところで生まれた月が地球の重力に捕らえられた。

・太陽系ができたときに、地球と一緒に生まれた。

・地球に星がぶつかり、そのかけらが集まって固まり、月ができた。



という4つの学説が主流のようです。

そして、そこにこうあります。


今のところ、巨大衝突説がもっとも有力だと考えられています。しかし、そのような衝突の跡は月や地球の地形に残っていません。また、アポロ計画で持ち帰られた月の石は、月のほんのわずかな部分のため、月全体の組成もまだわかっていないのです。



それにしても、それならどうして、教科書に「月については何もわかっていません」と明記しないのか。

このたぐいの「推定」と「憶測」がどれだけ後の人々の人類生活を「暗いもの」としてしまったか。


宇宙は無限ではなく、有限」とし、
月は地球の欠片が回っているもの」とし、
生き物は無機物が適当に組み合わさって生まれた偶然の産物」とし、
人間はサルから進化した」とし、そして、
宇宙なんて計算で全部わかる」とし、結果として、科学は子どもたちに夢を与えるどころか、どんどん子どもが持つ「無限への夢」を打ち砕く。


地球とか宇宙とか人類なんてそんなつまらないものだったのかあ」と子どもたちは学校教育の中で「必ず」思っています。


こういうことへの何とも言えない一種の苛立ちは確かに感じます。

しかし、それほど遠くない未来に、誰かが、あるいは集団が、適切な宇宙観と科学理念をこの世にもたらしてくれると私は思っています。

その頃に今の私たちはこの世にいないでしょうが、人類は永遠に続くわけですし、どれだけ時間がかかってもいいですので、真実とか何とかそういう難しい言葉ではなく、「人類が生きていることが楽しい意味」ということに向けてこの世が進むといいなと思います。

ところで、この「月の成り立ち」についても、先日の米国の科学系サイトで取り上げられていましたので、今度ご紹介したいと思います。

Puzzle Of The Moon's Origin: Giant Collision May Not Have Formed Moon
月の発祥の謎: 地球との衝突で月ができたわけではない

という記事です。

これは上のほうの子ども科学記事にある「月と地球はもともとは同じ星だった」ということではないという可能性が極めて高くなっているという記事です。


さて、それでは今回の本題の地球の「もうひとつの月」についての記事です。



続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2012年04月01日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





宣伝みたいな記事になりそうですが、そういうわけでもないですので、ご了解下れば幸いです。

今日、ポストに書籍が2つ届いていました。
見ると、それぞれ私にゆかりのあるものなのですが、そのことを少し書いておきます。

ポストに入っていたのは、ひとつは、私が東京に出てきてからの二十数年来の長い「バカ友」のひとりである漫画家・友沢ミミヨさんの新しい本。

もうひとつは、日月神示の中矢伸一さんが発行してらっしゃる「玉響(たまゆら)」でした。
最新号から紙数を与えていただいています。

「玉響」に書くことについては、以前、中矢さんからお誘いいただいたのですが、しかし、私は日月神示も含めて、何に関しても無知ですし、しかもアナーキー系な人間なわけで、そういう人間が、そのような立派な方々の世界の中に介入するというのは失礼な感じもしましたし、それと、最近では、もはや「 In Deep は自分(オカ)が書いているという感じがしない」という気持ちが強いのです。それで躊躇したことがありました。

昔からいろいろな面でそうですが、何だか知らないうちに書いたり演じたりしているということはあって、何だか憑依の世界に近いですが、しかし、私のような悪い人間に憑依するのは「悪いものたち」なのだと思います。魑魅魍魎たちの遊び場としての私の体。

いずれにしても、自分で書いている気がしないのに、そんな私が本名を出して紙媒体に文章を書くなど何だか失礼な気がすることで、そのことを中矢さんに正直に申しましたら、「匿名でもいいですよ」とおっしゃっていただき、それで、このブログの「 In Deep 」という名前で書かせてもらっています。

内容はブログの In Deep に書いた中で、その時に最も気になるテーマをまとめて書いているような感じです。

日本弥栄の会

にその表紙等があります。

あと、中矢さんはそのサイトにも書かれていたように、放射能などに関しての「意味のない悪い風評」を払拭されようとしている姿勢は素晴らしいと思っています。

うちの奥さんなんかも週末などを利用して宮城などに瓦礫の撤去などのボランティアに行ったりすることがあるのですが、しかし、正直、女性の手での僅かな力学的な貢献の瓦礫撤去に汗を流すより、「家族で東北の温泉にでも行って観光で貢献したほうがいいのでは」という話にもなっていて、そういう方向で東北との接点を近づけたいと思っています。

幸い、私はメカブ、ホヤ、ふのりのたぐいがムチャクチャ好きですので、東北の海沿いは天国なんですよ。

・・・というようなことで、玉響に書かせていただいています。



その「玉響」が送られてきたのと同じ日のポストに、もう一冊、メール便が入っていました。


事前に連絡はもらっていたのですが、それが 25年以上の友人である友沢ミミヨさんの最新刊『まるごと まめおやじ』というものでした。


mame-oyaji.jpg

▲ 『まるごと まめおやじ』の表紙。


彼女は、今年中学生になるひとり娘さんと暮らしているのですが、テレビブロスという雑誌に、そのことを「まめおやじ」というタイトルの4コマの漫画で、ずっと連載していて、私はテレビを見ないので、テレビブロスのほうは知らないのですが、その作品の集大成が出たようです。

友沢さんとは大学で知り合ったので、今から28年くらい前ですかね。

当時、彼女は漫画家の内田春菊さんのアシスタントをやっていて、当時の漫画雑誌『ガロ』でよく描いていました。

それがどういう縁か、私の劇団のようなもので、照明家としてスタッフで長く手伝ってくれるようになり、それ以来の知り合いです。住んでいるのも、お互いに西荻とか吉祥寺をウロウロ引っ越しするタイプでした。

本が出るたびに送ってくれるのですが、この前は作家の村上春樹さんと共著した「またたび浴びたタマ」だったような気がするので、本を送ってもらったのは 10年ぶりくらいですかね。

それで、今回の『まるごと まめおやじ』が読むとカワイイし、すげーおもしろい。
さすがに宣伝したくなりました。

娘さんとの12年間の生活が楽しく描かれている。


mame-01.jpg

▲ 『まるごと まめおやじ』より。実際にこんなふたりです。


まあ・・・彼女らあたりも経済的にはラクな生活をしていないと思うので(笑)、興味のある方は買ってあげてください。面白いです。子どものいる人でもいない人でも楽しめると思います。

本屋さんにもあるでしょうし、Amazon にもあります。




本の値段がバカ高いんだよねー」と本人は言ってましたけど、10年に一冊くらいならこんなものでは。


私は大学の頃、つまり30年近く前に「自分が聞くためだけの音楽」というのを何年も作り続けていて、それはほとんど前衛(アバンギャルド)のポップスなんですが、その曲の中には、上の友沢さんに「コーラス」をお願いしたのも何曲かありました。

最近、ちょうど引っ越しで押し入れの段ボールの奥からそれらのテープが出てきました。一般的には聴く価値のるあるものではないですが、貼っておきます。男の声は私(笑)。映像は適当です。


Oka & Tomo / Tiger (1984)



私は「自分が聴くためだけの音楽」をこの何十年もずっと作り続けています。
「自分のためだけの料理を作る」のと同じような感じです。
他の人が食べてもおいしくないけど、自分にはおいしいみたいな。

その多くは他の誰にも聴かせることがないですし、今後もないと思います。


それにしても、いろんな知り合いがいますけれど、とりあえず「東京に出てきてそろそろ30年くらいになる知り合い」という人たちがいて・・・そして、ここから先はどうなりますかねえ。

そして、新しい知り合いも増える場合もあるかもしれないですし。


私なんかは、今こうやって生きているだけでも不思議で不思議で仕方ない時もありますけど、でも、「オレが生きているその意味は?」と考えることができているのだから、それも楽しい。

そんなわけで、何だか珍しく宣伝的な記事となってしまいましたがお許し下さい。

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。