2010年02月28日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




水没した村の姿を出現させたベネズエラの激しい干ばつ



Drought uncovers hidden underwater village
干ばつが水没した村の姿を出現させた
Metro.co.uk 2010.02.26

drougt-venezuela.jpg

ベネズエラを襲っているこの数十年で最もひどい干ばつは、1985年に水没してからずっと水面下にあった村の姿を出現させた。

アンデスの町であるポトシには約1,200人の住民がいたが、1985年水力発電用に建設されたダムのために立ち退きを余儀なくされた。町の象徴だった教会は、水が満水の時には、屋根の十字架しか見ることが出来なかったが、今では建物すべてが姿を見せている。また、墓地、住居、町の広場などが出現した。

Venezuela's worst drought in decades has brought to the surface a village that has been underwater since 1985, when it was flooded.

The Andean town of Potosi had around 1,200 inhabitants but was evacuated and its residents dispersed to create the Uribante reservoir that now feeds a hydroelectric dam.
But the dry spell has revealed eerie remnants: the church, demolished houses, a cemetery, a square.
Normally only the church spire can be seen sticking out of the 20-square-km reservoir.

タグ:干ばつ