2010年04月16日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




アメリカでの緑色の火球の爆発



MIDWESTERN FIREBALL
Spaceweather.com 2010.04.15



・動画は YouTube より。昨夜のアメリカのウェザーチャンネルで放映されたものらしいです。


昨夜、米国のミネソタ、ウィスコンシン、アイオワ、イリノイ、そしてミズーリの各州の空で、緑色に輝く火球が観測された。ウィスコンシン州マディソン郡の観測カメラが、空中で爆発する様子を捕らえている。

この火球は、地球の大気圏に浅い角度で侵入してきた小さな隕石によって起こされた。予備の超低周波音測定値は、不確実な数値ではあるが、20トンのTNT爆弾に相当する爆破のエネルギーだとみなした。NASA の隕石調査担当のビル・クークによると、この隕石は約1メートルの幅で、重さ1260キログラム相当だという。

「このサイズの火球は非常によくあることです。平均だと、1カ月で約14回ほど地球に衝突しています。多くは日中だったり、あるいは、目撃されない場所で起きるので、あまり注目されないのです。」と、ビルは言う。

Last night, around 10:05 pm CDT, sky watchers in Minnesota, Wisconsin, Iowa, Illinois and Missouri witnessed a brilliant green fireball streaking across the sky. Images from a rooftop webcam in Madison, Wisconsin, show a brilliant midair explosion:

Peter-Pokrandt1_strip.jpg

Credit: University of Wisconsin - AOS/SSEC

The fireball was caused by a small asteroid hitting Earth's atmosphere at a shallow angle. Preliminary infrasound measurements place the energy of the blast at 20 tons of TNT (0.02 kton), with considerable uncertainty. Bill Cooke of NASA's Meteoroid Environment Office estimates that the space rock was about 1 meter wide and massed some 1260 kg. "Fireballs of this size are surprisingly common," he notes. "They hit Earth about 14 times a month, on average, although most go unnoticed because they appear during the day or over unpopulated areas."

タグ:火球

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。