2010年05月05日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




朝鮮戦争での最高の狙撃手は中国軍人



朝鮮戦争当時の最高の狙撃手
Yahoo! Korea Funny Blog 2008.01.15

(訳者注) 韓国のブログの記事の翻訳です。




朝鮮戦争当時の最高の狙撃手は誰?

朝鮮戦争当時、敵を少なくとも214人も射殺した狙撃手がいます。残念なことにその犠牲にならなければならなかったのは、私たち韓国軍をはじめとするUN連合軍でした。

その狙撃手とは?

それは当時、北朝鮮を支援するために「人海戦術」でやって来た中国軍の軍人で、名前は Zhang Taofang 。 彼こそが32日間で214人を射殺した朝鮮戦争での最高のスナイパーです。





1953年1月11日に、24軍団214連隊8中隊に配置を受けた当時は、彼がスナイパーになるとは全く考えられないことでした。何しろ、他の部隊から配属を受けた彼は、スナイパー教育を受ける際に初めて狙撃を試みた時には、12発を撃って1発も的に当てることができないほどの実力だったといいます。

しかし、実戦の中で彼の狙撃能力は日に日に開花していったといいます。およそ1カ月後の2月15日頃には9発のうちの7発を的中させられるほどになり、程なく彼は狙撃手のグループ内でも最高の実力を持つようになります。

sniper-2.jpg

彼が公式に打ち立てた記録では、32日間で214人のUN連合軍の軍人を射殺したということになっています。 より驚くべき点は、彼が使った銃は銃身にスコープがない一般的な小銃であったという点です。 第二次大戦最高の狙撃手シモ・ヘイヘ(※1)と共に、スコープなしで照準器だけで狙撃した朝鮮戦争当時最高の狙撃手です。


sniper-3.jpg


(※1) シモ・ヘイヘは、史上最多の確認戦果505名射殺の記録を残している狙撃手です。Wikipedia







  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。