2010年05月22日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




カトラ火山での地震が増加



Katla Volcano Update 21 May 2010
Modern Survival Blog 2010.05.21

カトラ火山最新情報 2010年5月21日


katla-volcano-earthquakes-21-May.gif

今この瞬間にも、カトラ火山での地震の頻度が増加し続けているのかもしれない。

5月17日から、カトラ火山のある Myrdalsjokull 氷河で起きた5回の地震のうち、カトラ火山とそれに非常に近い場所で4回の地震があった。

この地域で起きたこの4日間の数回の地震が、火山活動の急激な変化を示す兆候というわけではないが、興味深いのは、5月21日のもっとも最近の2つの地震がそれぞれ3時間以内に起きたという事実だ。あらためて、エイヤフィヤトラヨークトルだけではなく、カトラ火山も共に注視することが大事だと思われる。

これらの地震はカトラ火山で起きているどんなことを表しているのか?

火山性の地震には、周囲を圧力で変化させる岩盤までマグマが到達して起きるタイプのものがある。その岩盤が割れるか動くかすることがボイントだ。この種の地震が頻繁に起き始めるか、あるいは、群発地震が起き始めると、噴火が起きる前兆としての警告であるということもいえる。

我々がカトラで見ていることは緊急的なものではないと個人的には思うが、しかし、活動を観察し続けることには意味がある。


氷の下で続いている何かがある

カトラは歴史的に、エイヤフィヤトラヨークトルの噴火(4月14日に始まった)と連動し、その後に噴火している。カトラ火山の威力はエイヤフィヤトラヨークトルより10倍あると言われ、噴火した場合、世界的な混乱を引き起こす可能性がある。


参考サイト:
アイスランド気象庁・地震情報

タグ:カトラ火山