2010年05月23日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




原油の掘削が地震の原因になるという理論



Earth Changes Media 'Exclusive': Oil and Earthquakes
Earth Changes Media Newsletter 2010.05.22

石油の掘削と地震の関係

最初の質問: 原油か天然ガスの掘削が地震を引き起こす原因になる?
答え: そうだ。
2番目の質問: なぜ?
答え: 多くの行動は予期せぬ結果を招くもので、油田の掘削にもダイナミックな結果を伴う可能性があるのだ。世界中での油田の掘削は1日あたり何十億バレルという石油になっている。その結果として、物理学的にもともと石油があった場所に、何もない空間が発生してしまうのだ。


earth-0522-1.jpg


この現象は「流体置換」として知られている。流体を地球から抜き出すか、あるいは満たすと、地球の地質の置換えが起こるのだという。

テキサス大学の地球物理学研究所 (UTIG) は、地質学、地球物理学での主要な学問研究グループとして国際的に知られている。 UTIG の科学者たちの研究では、テキサスで起きたいくつかの地震が石油と天然ガスを吸い上げていることで(あるいは、化学廃棄物を処理するための流体の注入によって)、引き起こされた可能性を示唆している。サンアントニオの東南にあるプレザントン地域での地震はほぼ確実に油田からの吸い上げにより起きている。テキサスのパンハンドルでの地震も同じような原因だと思われる。


earth-0522-2.jpg


アメリカ地質調査書 (USGS) の地質学者は以下の声明を出した。

「高い技術力のある最新設備をもつ石油会社は、海底の原油量の豊富な地域を探し出し、時には1万フィート(約3キロメートル)の深海で、大規模にピンポイントでの掘削をおこなっている。大量の流体が吸い上げられると、それによって生じた空間を満たそうととして周辺の岩盤が移動する。何百万バレルもの石油が生産される時には多大な量の置換が発生し、それによる大地の動きが地震を引き起こす場合がある。」

タグ:石油リグ