2010年05月26日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




カトラ火山の噴火を覚悟しているアイスランド政府



Katla Volcano In Iceland Shows Signs Of Increased Activity
Clare Herald 2010.05.26

アイスランドのカトラ火山が活動の増加の兆候を見せている

アイスランドのカトラ火山の地域の火山活動がここ数日、200%以上増加しており、来たるべきその噴火の日への恐れが高まっている。

アイスランドの地球科学研究所の地球物理学者は、カトラ火山の噴火は地元と、そして世界全体にも悪影響を及ぼすと言っている。

ここ数日の地震の記録からは、この地域の振動が大幅に増加していることを示している。

一部の物理学者たちは、エイヤフィヤトラヨークトルの噴火が、より大きくて危険なカトラ火山の噴火を誘発するのではないかという懸念を持っている。過去1000年、エイヤフィヤトラヨークトルで記録されている三つの噴火は、それ以後のカトラ火山の噴火を誘発している。カトラ火山の最後の大きな噴火は1918年だったが、1955年にも小さな噴火がカトラで起きている。

カトラの噴火は、現在のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火より破壊的である可能性がある。

アイスランドのグリムソン大統領は、火山の噴火が、その兆候から「間近になっている」と、周辺のヨーロッパ各国に警告した。大統領は、「我々アイスランドはすでに準備を完了している。ヨーロッパの政府と航空会社、そして、世界すべてが、カトラ火山の噴火に対しての準備をする時だ」と語った。


カトラの現在の様子:ウェブカメラ

katla_thumb_medium499_361.jpg

写真は2010年05月26日 標準時10:30 am
タグ:カトラ火山