2010年06月18日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




タイ各地で「人の皮膚の下からたくさんの羽虫が飛び立つ」現象



(注) 生きた人体にハエが産卵してウジが涌くことは、それほど珍しいことではないかもしれないですが、「元気な人間の皮膚の下から何百羽もの羽虫が飛び出す」というのは珍しいと思いましたのでクリップしておきました。

--

タイ北部ラムパン県 6月10日

皮膚の下から羽虫続々 傷口にハエが卵? タイ北部
newsclip.be 2010.06.17

 タイ北部ラムパン県の病院で10日、かゆみを訴え診察に来た男性(52)の皮膚の下から体長2―3ミリの羽虫が続々と出てくる騒ぎがあった。男性は山中で暮らしており、タイ保健省はミバエなどが傷口に卵を産みつけた可能性が高いとみている。



タイ南部チュムポン市 6月17日

皮膚の下から羽虫、タイ南部でも 北部の男性は300匹以上
newsclip.be 2010.06.18

 17日付のタイ字紙タイラットによると、北部ラムパン県の男性に続き、南部チュムポン市で人の皮膚の下から羽虫が出てくる症例が報告された。31歳の農家の女性で、足、手、頭などに多数の赤いはれ物ができ、中から小さな羽虫が続々と出てきた。近くの診療所で注射を受けたが症状は改善しなかった

 ラムパンの男性は全身がかゆくなり、手の小指の先から小さな羽虫が出てきたため、今月10日に入院。その後も体長2―3ミリの羽虫が手や足などの皮膚を食い破って続々と出現し、300匹以上が出てきたという。タイ保健省はミバエなどが傷口に卵を産みつけ、体内で羽化した可能性が高いとみている。



--
参考ページ:チェンマイ雑記帳
人体に寄生するハエの幼虫


昨晩放送された、チャンネル7の報道特集番組でのショッキングな映像。
それは、人体に寄生するハエの幼虫(いわゆる蛆虫)である。

番組では、鼻腔に寄生された子供の手術やや口腔に寄生された赤ん坊の治療の様子、また、蛆虫が皮膚へ半分潜り込んでいる様子などが放送された。

映像では無かったが、赤ん坊などの眼球にも寄生するらしい。

魚を使った実験で、その様子が紹介された。

問題のハエは、卵を産み落とすのではなく、卵が孵化するまで自分の体に貼り付けておき、孵化した蛆虫を直接宿主の体に数十匹単位で置いていく(実験では魚の眼球へ)。

蛆虫は鋭い顎を持っており、宿主の柔らかい粘膜や赤ん坊のような柔らかい皮膚を食い破って宿主の体内に侵入するのである。



参考ページ: UMA ファン
人間に寄生する ヒトヒフバエ


タグ:タイ