2010年07月25日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




南米の大寒波:ペルーで国家非常事態宣言



Peru declares emergency over cold weather
BBCニュース 2010.0724

ペルーで寒波による非常事態宣言

ペルー政府は、寒波と異常低温に関して、国の半分以上に渡る地域に国家非常事態を宣言した。

もっとも寒波の影響を受けているのはペルー南部だ。この地域は通常でも今の時期には気温が氷点下まで下がることがあるが、しかし、今年はマイナス24度にまで気温が低下している。

今回の国家非常事態宣言は、地方当局が被災者に薬品、毛布、そして避難所を提供するための緊急資金を提供することを意味する。


国家非常事態宣言は、ペルーの24の州のうちの16州に発令された。

ペルーの首都リマでは今週、46年ぶりとなる8度の最低気温を記録し、高温多湿で知られるペルーのアマゾン地区でも気温が9度まで下がった。ジャングル地帯でも寒波を記録している。

ペルー南部の山岳地区では、夜間の気温がマイナス20度まで下がっており、多くの人が肺炎などの低温が原因と見られる病気で亡くなっている。半数近くが小さな子どもたちだ。

海抜3000メートル以上の高高度の地域に住む貧しい人々が今回の寒波ではもっとも影響を受けている。死亡の原因には栄養失調や劣悪な住居環境から来る極度の疲労が関係していると医師たちは言う。



--
関連記事:
南米で未曾有の大寒波。収まらない異常低温により複数の国で凍死者が続出
ブラジルの海岸に500羽以上のペンギンの死骸が打ち上げられている

タグ:ペルー