2010年09月01日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




太陽で高さ60万キロメートルに及ぶ巨大なフィラメント爆発が発生



BIG ERUPTION
NASA スペースウェザー 2010.08.31

巨大な爆発

8月24日と25日に、巨大な磁気フィラメントが、ゆっくりと太陽の表面から立ち上り、そして爆発した。 NASA の STEREO-A のスペースクラフトは、その時、太陽の西の半球上に配置されており、今回の太陽活動を完全な状態で記録できる位置にあった。

以下の動画はその活動の30時間の出来事を微速度撮影(コマ撮り)したものだ。





フィラメントは馬蹄の形をしており、太陽のおよそ60万キロメートル上空まで伸びた。放出されたプラズマの多くは地球へとは向かわずに太陽のほうへと戻った。

今回の爆発による地球への影響はない。

--
参考比較図:太陽と地球の大きさ

Earth とあるのが太陽と比較した地球の大きさ。

sun_earth.jpg


--
関連記事:
黒点と連動していると推測される太陽フィラメントの爆発で発生したコロナ質量放出 (CME) が地球に向かって進行中 (2010年08月02日)
NASA が7月3日に1日合計4度のコロナ質量放出(CME)を観測 (2010年07月04日)
太陽の病気: SDO がとらえた「アバターの樹」(2010年04月30日)
太陽の病気: SDO がとらえたプラズマの雨(2010年04月29日)

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。