2010年09月18日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




カリフォルニア・モントレー湾の90%以上のイルカが皮膚病変の問題を抱えている



Skin lesions plague many Calif. dolphins
マザー・ネイチャー・ネットワーク 2010.09.17

多くのカリフォルニアのイルカが皮膚の病変で苦しんでいる

dolphin_6.jpg


最近発表された研究では、カリフォルニアのモントレー湾のおよそ 90パーセントのバンドウイルカが皮膚病変を持つことが示された。

モントレー湾に拠点を置く非営利的団体オケアニス・リサーチの研究者たちの報告によると、モントレー湾の 90パーセントに及ぶバンドウイルカが皮膚病変で苦しんでいることが明らかとなったという。オケアニスは、2006年から2008年にかけて、同地のイルカの調査を行った。

このレポートは今年初めの AMBIO(人類環境ジャーナル)誌に発表された。




どうして、これだけ多くのイルカが皮膚に病変を持つのかという理由は明らかではない。しかし、調査チームのリーダーであるダニエラ・マルディーニ氏は、「農薬、重金属、有機塩素、燃焼抑制剤などの汚染物質が疑わしい」と述べたとニュー・サイエンティスト誌は書いている。

今回の報告では、なぜこれらの汚染が、特にイルカだけに強く影響したのかを明らかにしている。

生物学的濃縮のプロセスによって、これらの汚染物質が特にクジラ類では非常に有毒なレベルで体内に溜まり、それによって免疫系を落ち込ませて、症状を悪化させる可能性があるのだという。

皮膚病変は、水中の塩分や水温などの環境要因での他の原因でも起こり得ると報告は語る。
これは世界的な気候変動がイルカの病気の原因とも関係しているという可能性を示す。

--
関連記事:

ルイジアナの大量死続報:現場にはクジラの赤ちゃんの死体も漂着していた (2010年09月16日)

メディアの報道から削除された丸焦げのクジラの死体の写真の行方 (2010年07月04日)


タグ:海の異変