2010年10月04日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




アメリカを侵略している南京虫は DDT にも耐えられるスーパー南京虫(後編)



前記事:アメリカを侵略している南京虫は DDT にも耐えられるスーパー南京虫(前編)

--

Invasion of “Super Bed Bugs” in America
EARTHFILES 2010.10.02

インタビュー:ヴァージニア工科大学 ディニ・ミラー昆虫学博士
都市害虫コントロールの専門家。


「南京虫が拡大しており、また、激しくなっていっている理由のひとつが、殺虫剤に対して南京虫に耐性がついていることです。彼らの多くには殺虫剤をほとんど体内に通さない体の表面の外皮があり、残留物等を摂取することがないのです。害虫駆除の専門家である我々は、殺虫剤で殺せるものはすべて殺しているわけで、そこで生き残ったものは殺虫剤での影響は受けにくい。」


 Q:今回の問題はDDTを禁じたためではないかという人たちもいますが。

「思い起こしてほしいのですが、 DDT を1950年代に使用開始してから、たった8年で、南京虫は DDT に対しての耐性を高めたという歴史があります。 DDT の後には、マラチオン(有機リン・有機硫黄系殺虫剤の一種)を使い始めました。それからというものは、昆虫対策のために専門家が使おうと試みたすべての化学薬品に対して、南京虫たちは耐性をつけていったのです。その頃、米国では、南京虫だけではなく、ハエなど他の虫たちも DDT に対しての耐性をつけていました。」

「すでに耐性を持った虫たちに対して、私たち米国人がやったことというと、DDT の使用量を増やしたということでした。多くの人々が DDT の粉末を、家具だろうと、家族だろうと、どこにでも誰にでも散布し始めたのです。寝室では、枕にもマットレスにも DDT を散布しました。我々は、南京虫が DDT に耐性を進化させ続けていることを知らなかったのです。そして、さらなる耐性が発生しました。現在、私たちがコントロールしようとしている非常にタフな南京虫たちがそれらなのです。」


 Q:この南京虫の問題が特にこの10年で爆発的に拡大したのはどうしてだとお考えになりますか?

「それは・・・たとえば、生態系の中では、生物はエサが増えると増加します。そして、南京虫の場合はエサが人間となるわけで・・・エサが増えたということです。つまり、(米国に)人が増えたことが理由だと思います。」


 Q:これはいわゆる「スーパー南京虫」の話と理解してよろしいのですか?

「はい。」


 Q:彼らに食物を供給するのは人間だけですか?

「唯一ではありません。しかし、人間は長い間、南京虫の主要な食糧源でした。もともと、南京虫の祖先は洞穴などに住んでおり、コウモリをエサにしていました。そして、洞穴に人間がやって来た時以来、南京虫は人間を食料源として生き始めました。人間はいろいろな場所に移動することができます。そうして、人間は世界中に南京虫を運びました。南京虫は人間の他には、鳥をエサにできます。」




どうして南京虫は人間に病気をうつさないのか


 Q:私がもっとも不可解に感じることのひとつは、南京虫は病気を人間にうつさないということですが、どうしてなんでしょうか。

「それはあなたの家にいる限り、虫たちはあなたの家にある病原菌しか持っていないからです(外から来て病原菌を持ち運ばないということ)。なので、虫たちが家の中にいる限りは、ペットの犬や猫よりも家に病原菌は持ち運ばないのです。南京虫が病気を媒介しない理由を必ずしも私たちはわかっているわけではないですが、彼らは主に人間をエサにして、病原菌を保持していないのは確かで、これは、彼ら自身のライフサイクルの中で病気有機体を持つ方向には進化しなかったという可能性はあります。」


 Q:強い薬剤耐性を持つゴキブリに対して使われているような殺虫剤が、南京虫にはありますか?

「いえ、それはないのです。ゴキブリはすべての薬剤に対して高度な耐性を持っていますが、現在ではそれに対しての毒餌があります。チャバネゴキブリは、現在、南京虫が耐性を示す多くの薬物に高い耐性を持っていますが、開発された餌タイプの殺虫剤を彼らは食べます。しかし、南京虫が食べる毒餌は存在しないのです。」


 Q:それは南京虫のエサが人間だから?

「そうですね(笑い)。まったくその通りです」



--
関連記事:ニューヨークの侵略者たち

オポッサム



ブルックリンでドブネズミ制御のために導入した有袋類オポッサムが異常繁殖 (2010年09月21日)


南京虫

南京虫の異常増殖に対しニューヨークで南京虫対策の特別キャンペーン (2010年08月03日)



タグ:南京虫