2010年11月05日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




すでに数万人が避難しているインドネシアのムラピ山の噴火活動が拡大



(訳者注) 先週あたりから自然災害の報道があまりに多くて、すべてにふれるのは無理なのですが、インドネシアのムラピ山の噴火(先週より)と、被害がどんどん拡大しているタイとマレーシアの過去最悪級の壊滅的な洪水(10月中旬より)について今日はふれておこうと思いました。
--

New deadly Mount Merapi eruption in Indonesia
BBC 2010.11.05

インドネシアのムラピ山で新たな噴火

インドネシアのムラピ山で新たな噴火が始まり、これまでに少なくとも11人が死亡した。

merapi.jpg

▲ 最新のムラピ山の噴火により火山灰で覆われた住民たち。


先週の噴火よりもさらに激しい今回の火山ガスの噴煙は、山間の村を直撃しており、約 50人の村人が負傷した。先週からのムラピ村の噴火ではこれまで 55人の人々が亡くなっており、避難している住民の数も 75,000人に及んでいる。

世界で最も活発に活動している火山の1つであるムラピ山は、ジャワ島中央部の人口密集地区にある。


最新の火山活動は木曜(2010年11月04日)に始まり、住民たちを避難させ、山は火山灰で覆われた。
インドネシア当局は、火口から半径15キロメートルに設定していた「危険地帯」を、20キロメートルまで拡大することを決定した。
4日の早朝には、上空5キロメートルの高さまで火山灰による噴煙が上っているのが目撃されている。

今回のムラピ山の噴火エネルギーは、先週の噴火と比べて三倍大きなエネルギーとなっているとインドネシア政府直属の火山学者スルノ氏は述べた。

科学者たちは、今後数週間でさらに大きな噴火が起こることを警告している。


--
参考地図: ムラピ山の場所

merapi-map2.jpg

朝日新聞より。


--
関連記事:

400年以上噴火していないインドネシアの火山が噴火 (2010年08月29日)