2010年11月12日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




地球の生命は地球外のゾンビかもしれない: 死骸の遺伝情報が新しい命を導くという説



生体分子そのものは死んでも、その膨大な遺伝子情報が他の宇宙に新しい生命を生み出す

(訳者注) パンスペルミア系の報道があると、タイトルだけで嬉々として訳し始める私です(苦笑)。しかし、この WIRED の記事は、タイトルこそ「地球のすべての生命は宇宙から来たゾンビ」という刺激的なものですが、個人的には最近のニュースの中でもっとも目を見張るもので、私の持っていたいくつかの疑問を補うものでした。

パンスペルミア説では「生命そのものが宇宙に拡散している」というものですが、今回の記事にあるのは、伝達されるのは生命そのものではなく、「遺伝情報」のほうであるという点です。

「ゾンビ」という WIRED の言い方も素晴らしいと思いました。

それは、人間を含めて多くの生命体では「死んだ後」も DNA などの遺伝情報の根幹はそのまま残っており(なので、犯罪捜査や動物死体の種類解明などで死者に対しての DNA 分析が成り立ちます)、仮に、その後、その情報が拡散して何らかの役割をすることができるならば、それは「ゾンビの復活」に他ならないと考えるからです。

宇宙すべての生き物が何らかのコピーの繋がりであるというようなことも考えてもいいのかもしれません。もちろん、死者の DNA が生きている者の DNA として復活するかどうかなどはわかりませんが、数多くの「死者の DNA が地球や宇宙を漂い続けている」ことは確かなのかもしれません( DNA に寿命はないと思われます)。

なお、今回の記事を読んで、私の不勉強を読者の方々にお詫びしなければならないと思ったのは、 In Deep で何度か「最初にパンスペルミア説を提唱したうちのひとりがフレッド・ホイル博士」というようなことを書いていたのですが、今回の記事で、パンスペルミア説の発祥の歴史はもっと古く、1870年代のケルヴィン卿(ウィリアム・トムソン)まで遡ることを知りました。

その後の地球生命発祥説やダーウィンの進化論のような不思議仮説が科学界に台頭したことによって、パンスペルミア説は学会から事実上「潰されてきた」感がありますが、もしかすると、あるいは流れも少し変わってきたのかもしれません。

いずれにしても、今回記事に出てくる天文学者ポール・ウェッソン氏の意見は、私がいくつか持っていたパンスペルミアの現実的な展開への疑問を明らかに解いたもので、この記事と巡り会えたことに感謝したいと思います。

さらに言えば、失礼とは思いますが、フレッド・ホイル博士やチャンドラ・ウィクラマシンゲ博士の説より広がりがあるかもしれません(生きた生命が降ってくる説では、微生物でも寿命があるので到達できる距離は限られるけれども、遺伝子情報なら何十億年でも遠くからやって来られるため)。これに関しては「地球の生命」について、以前、クレアなひとときというブログに書いた内容を少し刷新する必要があるようです・・・。うーん、どうしましょうかね。

なお、私は DNA の持つ遺伝子情報、あるいは DNA そのものこそが聖書やコーランや仏典やヒンズー教典などでニュアンスとして伝えられる「永遠の命」だと考えています。

それでは、ここから WIRED の記事です。




All Life on Earth Could Have Come From Alien Zombies
WIRED 2010.11.10

地球のすべての生命は地球外のゾンビたちかもしれない

Flu-virus.jpg


地球上の生命は、地球外のウイルスの残骸から成長したものなのかもしれない。

そのウイルスは死んではいるけれども、新しい生命を生み出すのに十分な情報を含んでいる。

以前より、生命は宇宙から地球にやって来たと考える科学者たちは大勢いた。パンスペルミア説と呼ばれている概念は、実に1870年代から存在しており、今から 140年前のその頃、ケルヴィン卿は、微生物が彗星か小惑星に乗って地球にやってくる可能性を示唆した。

他のパンスペルミア説提唱者たちは、微細な有機体が、塵の粒子に閉じ込められることによって、宇宙空間を横切ることができると推測した。そして、星の放射線によるわずかな圧力によって、ひとつの恒星系から他の恒星系へと移動していくことができると提言した。

しかし、多くの宇宙生物学者は、その放射線自体がデリケートな微生物にとっては死を意味すると考えている。

カリフォルニアにある SETI 研究所の宇宙生物学者、ロッコ・マンチネッリ氏は、「古典的な感覚で考えれば、放射能の存在はパンスペルミア説を成り立たせない」と言う。

しかし、カナダのハーズバーグ天文学研究所の天文学者ポール・ウェッソン氏は、「その古典的な感覚は間違っていることになるかもしれない」と言う。

ウェッソン氏は、学術雑誌スペース・サイエンス・レビューの最新刊において、たとえ、その微生物が地球到達時に死んでいたとしても、その断片に残る情報が、地球で生命の惹起をもたらすかもしれないと言う。彼はこれを、ネクロパンスペルミア( necropanspermia =死のパンスペルミア説)と呼ぶ。

「大多数の有機体は死んだ状態で天の川まで到達する。しかし、そこから復活することは可能かもしれない」と、ウェッソン氏は書いている。

問題の鍵は、どれくらいの遺伝情報が宇宙の中で残っているのかという点についてあるとウェッソン氏は言う。

生命体の遺伝情報は DNA のヌクレオチド配列でエンコードされている。この情報は、コンピュータ処理と同様にビットで測ることができる。

たとえば、大腸菌のようなバクテリアは、その DNA におよそ 600万ビットの情報を運ぶ。

これまで行われてきたランダムな化学プロセスではこうはいかず、単純な細胞さえ走らせるような情報も十分に生じさせることはできなかった。ランダムに分子をシャッフルした場合、5億年以上にわたって続けても 194ビットの情報が生じるだけとウェッソン氏は言う。

このパラドックスに対して考えられることのひとつとして、地球の生命は、すでに大きな遺伝情報を持つ既存の生体分子によって、遺伝を接種されたという考えだ。たとえ、生体自身は死んでいても、大きな遺伝情報は宇宙空間を生き伸びているということだ。

ただ、ウェッソン氏は、その遺伝情報がどのように新しい健康な生き物へと変換していくのかについては曖昧になる。

「パンスペルミア説では、どの意見においても、宇宙の実体が地球に運ばれた後にどのように我々が生命と考えている物へとなっていくのかということに関しては、知識の穴に苦しめられることになるのだ」とウェッソン氏は書く。

ウェッソン氏は、すべての情報を運んできたものとして、ウイルスをよい例として挙げる。

ウイルスは基本的に、タンパク質と、時には脂肪の被膜に入っている遺伝物質の要素からなる。ウイルスは、およそ 100,000ビットの遺伝情報を持っており、従来の細胞から独自に進化したものかもしれない。ウイルスは、他の微粒子や特定の遺伝情報のアシストを必要とすることなく、タンパク質の粒子から自分自身を集めるようだ。


宇宙の生命の研究をしているカール・セーガン・センターのディレクター、デヴィッド・モリッソン氏はこう語る。

「非常に推論的ではあるけれど、興味深い意見だ。重大な問題は、核酸の中の壊れた網の中にある情報が、他の世界での生命のテンプレートとして用いられることができるのかどうかだ。実際、我々は地球で生命が始まったブロセスをほとんど何も知らない。だから、どの意見でもそれが事実だとは言えないのだ」。


しかし、今回の研究に参加していない宇宙生物学者のロッコ・マンチネッリ氏は、この意見を買わない。

「一度あなたが死ねば、あなたは死んでいるのだ」と彼は言う。

マンチネッリ氏は、宇宙空間で細胞やウイルスを殺すことができる要素として、放射能の他にもあると言う。カリウムのような要素は宇宙空間を横切る何百万年の間で、それらを腐敗させ、仮に生命体が放射線から保護されたとしても、それにより別のダメージが与えられる。

「宇宙空間にはすべての核酸を切り刻むのに十分な放射線がある。生命体が生き残る方法がないのだ」と彼は言う。

「他の問題としては、水素とヒドロキシ基を含む分子は、細胞から切り離されると水を形成するために結合するという点がある。このデシケーター(乾燥)と言われるプロセスで、カラカラに乾き上がってしまう。それはタンパク質の特性を奪うのだ。そして、ズタズタにして再結合するので、もはや何の機能もそこにはない」と彼は言う。





(訳者注) この記事で私が注視していただきたいと思ったのは、反対派の意見の学者として登場する宇宙生物学者のロッコ・マンチネッリ氏の言葉です。こう言っています。

「一度あなたが死ねば、あなたは死んでいるのだ」( “Once you’re dead, you’re dead,” )

一見合理的であるこの意見が、あまりにもこれまでの西洋的な生命認識にあや取られていて、「今でもこんなこと言ってる人がいるのかいな」と、少しため息がでます。「人間の形をした唯一の自分の意識の中の人間しか人間の生命として認めない」という意識。

しかし、それなら、死んでも我々、あるいは多くの生物の体内に残る DNA の遺伝子情報とは何なのでしょうか。膨大な情報を持つこれらは「単なる生命のオマケ」でしょうか。そうではなく、生命の根幹こそが遺伝子情報であり、他がオマケであるのかもしれません。

ロッコ・マンチネッリ氏は「一度死ねば、死んでいるのだ」と言いますが、その彼の中の DNA さえそこからほぼ永遠に生き続けます。マンチネッリ氏の中にあるような遺伝子でも。


ちなみに、幽霊や夢や前世や天国や地獄や宗教など、様々なオカルト的要素の「不思議」の一部分にも DNA 、あるいは遺伝子情報が強く作用すると私は考えています。


--
In Deep での関連記事:地球と宇宙の生命の関係性

米国ローレンス・リバモア国立研究所で地球の生命が宇宙から来たアミノ酸だという研究発表 (2010年09月16日)

フレッド・ホイル博士の霊に捧げる:インドに降った赤い雨の中の細胞が 121度の温度の下で繁殖し、銀河にある光と同じ光線スペクトルを発した (2010年09月07日)

地球の極限環境で生きる生命から太陽系の生命の存在を考える天文学会 (2010年10月01日)

1億年の冬眠サイクルをもつとされるバクテリアがスヴァールバル島沖合の海底で発見される (2010年09月21日)

宇宙空間で553日生きのびた細菌の研究が英国オープン大学から発表される (2010年08月26日)