2010年11月14日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




インドネシアのバリ島海域に新しい島が突如隆起



(訳者注) オリジナル記事がインドネシア語で、内容が多少不正確になるかもしれないですが、ウェブボット等を含め、新しい島の隆起は未来予測で常々出る話題ですので、何とか記してみます。

現在、インドネシアでの火山活動は非常に活発で(11月05日の記事「すでに数万人が避難しているインドネシアのムラピ山の噴火活動が拡大」など)、未だに衰える兆しは見えません。




Anak Gunung Muncul di Perairan Jembrana
KOMPAS 2010.11.03


インドネシア・ジュンブラナの海に「山の子ども」が突然現れた


bali-mountain.jpg


大量の岩か、あるいは山のような隆起がバリ州ジュンブラナ県の海域に突然現れた。住民たちはこれを「山の子ども」と呼び、地区の住民たちの間には、火山が現れたのではないのかとして不安が広がっている。

ペンガンベンガン村の漁師が語ったところによると、この島が現れたのは 11月3日だという。ジャワ島とバリ島の中間にある海域の中央に、珊瑚礁が海面に突き出たかのような奇妙な形で現れた。

この場所はペンガンベンガンの中心地から2、3時間の位置にあり、近隣住民たちは不安を募らせている。

この岩の塊が円錐形をしており、山のような形をしていることから、村の人々は海から出現したこの島が火山であるかどうかについて互いに語り合っているという。

漁師によると、この山のようなものは、およそ海域のおよそ1ヘクタール(1万平方メートル)の領域を覆っているという。

今のところ、この山に火山活動の徴候はないが、しかし、住民たちは火山での災害を恐れている。

「もし噴火したら、このあたりは大変な被害を受けるはずだ」と、地区の住民のサイハさんは言う。これは火山ではないと主張する意見もあるが、多くの住民はこれが火山に違いないと信じている。

「長老たちはこの山が爆発すると信じているようだ」と、彼は言った。

住民たちは、地方政府に対して、この隆起の調査を始めるように求め、住民たちに早期の情報開示をするように要求している。

「これが単に海底の堆積物が隆起しただけなら、それほどの心配はないだろうが、仮に火山だとしたら警戒が必要となるだろう。政府は早急に、この心配を取り除くための正確な情報を住民たちに提供する必要がある」と、サイハさんは言う。






場所:

記事から推測した大体の位置です。ここでは陸地を指していますが、この少し南(下)の海域だと思われます。

map-11-14.gif

Google Map
タグ:新しい島

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。