2010年11月17日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




アデン湾からすべての商業船が消えている



今回は特別な記事の翻訳ではなく、ちょっとしたことを見つけてしまいましたので、そのご紹介です。

昨日、「アデン湾で観測されている異常な群発地震」という記事をご紹介させていただきました。このニュースは個人的にはあくまでも地質学的な興味(深さ10キロ地震)、あるいは脅威(アフリカ大陸の分断の始まり)としてのものでした。

しかし、昨日になって、Live Marine Map Shows NO Ships Off Somalia/Gulf Of Aden (ソマリア沖のアデン湾に船舶が見当たらないという 米国のBBSでの投稿を見つけました。

商用船などのリアルタイムの運行情報を地図で表す MarineTraffic というサイトがありますが、その本日 11月17日の状況を見ますと、こうなっていました。四角で表される黒い部分が船です。

aden-1.jpg

日本語で周辺地名などを入れましたが、ご覧になっておわかりの通り、「アデン湾周辺に一切の商業船などの船舶活動が見当たらない」ことがわかります。

ちなみに、こちらが世界全体。

w-m.gif

全体では普通に交易が行われています。

アデン湾のあたりは世界でもっとも海上交易の盛んな海域で、商業船がまったく見当たらないというのは、それほど頻繁にあることではないのではないかというような気もします(このあたりはよくわかりません)。

ちなみに、この図には軍艦や空母など軍関係の船舶はあらわされません。


アメリカの CIA 系シンクタンクのストラトフォーの軍関係船舶リアルタイムマップによると、商業船とは逆に、このアデン湾のあたりには米英仏などの軍艦、空母などが結集しているということで、また、一般ニュースの報道ベースでも、アラビア海、ペルシャ湾、ソマリア沖に各国の軍が集結しているという情報が多いです。

下の地図は、Walk in the Spirit さんのところにあったもので、位置関係が上の地図と照らし合わせると、わかりやすいと思います。

NATO.jpg


さらに、現在も続いている群発地震の地図。




いろいろな要素がこの中東の地に圧縮されてきているような感覚を受けます。

もちろん、何も起きないかもしれないですが、世界の何分の1にもあたるであろう大軍隊を展開することに対して、「それには何の意味もない」と考えるのは難しいことで、さらに、「これまでほとんど地震のなかった場所で、M5弱の強い群発地震が延々と続いている」ことも、普通のことだととは言い難い側面はあります。


Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。