2011年01月18日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




オーストラリア上空に出現した巨大なリング



(訳者注) 地域によって峠は過ぎたとはいえ、きわめて深刻な洪水が続いたオーストラリアですが、そのオーストラリアの気象レーダーが、昨年などにも何度か報告されている「ドーナツ型の雲」と、それとは別に「それよりも小さな」ドーナツ状をした正体不明のものが通過していく様子を写し出したという記事です。

また、「ドーナツ雲」は、1998年頃から気象衛星の画像に写っていたことが コリン・アンドリュースという人のサイトでわかりました。下の GIF 動画は 1998年にアメリカの気象衛星がとらえたものです。

11-17nav.gif

他の画像も記事の下に掲載します。

・・・ただ、私が気になったのは、この記事で紹介されているものが、 In Deep の昨年12月18日の記事「私たちを取り巻く「渦」は何を意味するのか」に掲載したオーストラリア上空の気象衛星画像と同じに思えるのですが・・・(下)。



この時の記事の出典を覚えておらず、日時はわからないのですが、2010年12月18日に書いたということはそれ以前のものでしょうし、多分、以前のものを勘違いしたか、何かの意図かもしれませんが、そのことを注記して紹介します。

いずれにしても、世界中でこのドーナツみたいな「リング気象現象」が頻発していることは事実ではあるようです。





Huge ring appears over Australia, is HAARP involved?
Pakalert Press 2011.01.16

オーストラリア上空に巨大なリンクが出現

気象衛星画像で、オーストラリア上空に奇妙なものが写っているという報告を受けて、そのデータをチェックした。確かに非常に不思議で興味深いものだ。

現在、私はオーストラリア政府の気象庁からのこの現象についての説明を待っているところだ。

これがそれだ。


australia-ring-1.jpg

▲ 2010年1月15日 22時30分(米国東部時間)


この情報の提供者は、「オーストラリアの南西に異常な天候が出ているので、注意してほしい」と私に警告した。彼は国立気象衛星サイトの画像を添付してくれた。このページは今は見られない。

australia-ring-2.jpg


上の画像を見ると、オーストラリアの南西部に、小さなドットからなる何百マイル ( 1マイル=約 1.6キロメートル)にも及ぶ広大なエリアをカバーする巨大なリング上のものが写っている。気象衛星の画像はその後はページは暗号化され、アクセスできなくなっていた。

なので、この時の画像(上の画像)は、現在は国立気象衛星サイトにはない。


これとは別に、1月16日 16時30分に撮影された衛星画像も非常に興味深い。それは、オーストラリア西部上空に大きな輪を描いて回転して進んでいく「小さなリング」だ。この小さなリングは3個現れた。これらはこのオーストラリア西部から北西方向に進んだ。

これらの気象現象に関しての公式見解がオーストラリア気象庁から発表されることを望む。

australia-ring-3.jpg


australia-ring-4.jpg

▲ 2010年1月16日 16時30分(米国東部時間)


・オーストラリアの1月16日の洪水状況

(訳者注) 赤が大洪水が発生している場所で、洪水の被害状況として、続いて黄色、緑、青となっています。

screenflood.jpg


参考資料:上空のリング

Recent Circles & Rings Discovered in Ice, Clouds and Radar Returns Raise Serious Questions より。

・アメリカの気象レーダー画像 1998年

1998-SE-USA-248x130.jpg


・アメリカ北東部 1999年

1999-NorthEastUSA-RadarRetu-353x218.jpg


(訳者注) これとほぼ同じ気象衛星画像は日本でも観測されています。下のは 2008年7月の気象庁の天気予報でのものより。




--

サウスカロライナ州 - 3つ同時に出現したホールパンチ雲 (2011年01月11日)