2011年09月09日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




アメリカ西海岸で原因不明の大規模停電が進行中



(訳者注) 現在、アメリカ西海岸の広い範囲で、「原因不明の大規模な停電」が発生しているようです。そちらの速報をご紹介しておきます。


massive-san-diego-power-outage.jpg

▲ ついさきほどのサンディエゴの現地テレビ放送より。


原因は不明ながら、

・システム異常
・テロ


などがささやかれているようです。


なお、関係ないとは思いますが、2日前に太陽でXクラスの太陽フレアが発生していて、大量のコロナ質量放出(CME)が、ちょうど今日あたりに地球に到達しているはずで、そのあたりとの関係はどうなのかなとも思いました。

9月7日の太陽フレアのニュースは、スペースウェザーにあります。

 Solar flare alerts (太陽フレア警報)


なお、NOAA (米国大気局)の今後48時間のフレア予測は 70パーセント前後と非常に高い数値の予測を出しています。

noaa-2011-0908.png


なので、多分、この2日間くらいのあいだに他のいくつもの太陽フレアが発生するものと思われます。
X級フレアの大きなもの(X5以上など)だと、何かしらの地球への影響はあるかもしれません。


あと、これも全然関係ないと思いますが、以前何度か取り上げた「電磁パルス攻撃( EMP攻撃)」の小規模なものを受けると同じような「突然の広い地域での大規模停電」となります。今回、テロという言葉が出ているのはそのためなのかもしれません。

記事下に関連リンクをおいておきます。


いずれにしても、現在、米国のサンディエゴ一帯の多くが停電しているようですので、現地に関係のある方はご留意下さい。

CBS ニュースの報道をご紹介します。




Power out for millions in Southwest
CBS 2011.09.08

アメリカ南西地域で数百万戸以上が停電

power-outage-2011-0909.png

▲ 空中から撮影した現地の夕方の写真。停電により渋滞が発生している。


サンディエゴの電力会社、サンディエゴ・ガス・アンド・エレクトリック社のダーチェル・ハルク氏は、9月8日(日本時間9月9日)に発生した停電は、システム障害による可能性が高いと語り、人々の「テロではないのか」という懸念の払拭に努めた。

停電は、サンディエゴ地域の全域で報告されており、また、ユマ地区へ至るすべての道路も停電している。
サンクレメンテなど他の多くの地区でも停電が発生している。

サンディエゴ国際空港のリンドバーグ飛行場から発着するすべての飛行は停止されている。また、警察は停電により緊急通報を受けることができなくなったために、現在は発電機を使って対応している。

メキシコのティファナとの国境沿いにあるバジャ・カリフォルニア地区の大部分でも明かりが消えていると、サンディエゴの現地メディアは報じている。


この停電が発生したのは9月8日の午後3時45分頃(日本時間 9月9日深夜)だった。

サンディエゴ市の広報によると、サンディエゴの全域が停電しているように見えると語った。あるいは、停電はさらに広い範囲である可能性もあるという。

サンディエゴ・ガス・アンド・エレクトリック社は、ネット上にメッセージを掲載した。


「我々は現在、停電の原因の追及に必死で取り組んでいます。原因と展望がわかり次第、記事を更新いたします」。


カリフォルニアの大手卸売のカリフォルニアISOのスポークスマンは、「現在、何も報告できる状況にはない」と語り、それ以上のコメントを拒否した。


--
[電磁パルス (EMP) 兵器]の関連記事:

「 EMP 攻撃シミュレーション」だったとすると完全な成功を収めたように見える北朝鮮のミサイル実験
2012年04月17日

米国の保守系シンクタンクが「米国は電磁パルス攻撃で壊滅する」と報告
2010年11月30日

北朝鮮はスーパーEMP兵器を完成させたのか?
2011年06月27日



Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。