2011年09月29日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




「目玉焼き星雲」の愛称で呼ばれる超巨星の姿が銀河に現れるまで



(訳者注) 世界最大の天体観測施設のひとつである ESO (欧州南天文台)の天体観測設備やその望遠鏡での観測成果は素晴らしいとしか言えないものだと思いますが、最近の発表でもっとも興味深く思ったのは、下の写真の恒星(太陽系でいう太陽)の写真でした。


face-nebula-1.jpg


これが最近になってから、「太陽よりはるかに大きい超巨星」であることが判明したということが昨日報道されていました。この恒星に正式につけられている名称は「 IRAS 17163-3907 」という味気ないものですが、天文家たちの愛称は「目玉焼き星雲」(Fried Egg nebula)

実際、 欧州南天文台からリリースされた正式な論文のタイトルも、

独立したシェルに囲まれた赤色超巨星 IRAS 17163-3907 、あるいは目玉焼き星雲
A double detached shell around a post-Red Supergiant: IRAS 17163-3907, the Fried Egg nebula

というものでした。

この超巨星は、地球から1万3000光年の距離にあり、明るさはなんと太陽の500,000倍 (50万倍)


今回この星のことを紹介しようと思ったのは、 ESO が発表した静止画から作った動画が YouTube で公開されているのですが、「銀河の中からこの目玉焼き星雲」が浮かび上がる光景が面白くて仕方なかったということが理由です。

動画も貼っておきますが、YouTube の動画は結構消えたりすることも多いですので、スクリーンショットで「銀河の中から目玉焼き星雲」が浮かび上がる様子を残しておきます。





Zooming Into The Fried Egg Nebula
YouTube 2011.09.28

目玉焼き星雲へズームイン


私たちの住む天の川銀河。

feg-1.jpg



そこには無数ともいえる星があります。

fe-2.jpg



拡大していくと、銀河の中心近くに赤く光る星が。

fe-3.jpg



これは明るい!

feg-04.jpg




おお、その光の中心に何か見えてきた。

fe-05.jpg




これはまるで顔のよう。そこにいるのは神か天使か?

feg-07.jpg




・・・って、なんか変なものかあ・・・。

feg-11-2.jpg


という気持ちの流れでした(笑)。

銀河の中心には意外に奇妙な形のものたちがいるようです。
でも、ちょっと顔っぽいのは確か。


こちらが動画です。




しかし、これは、まさに 1902年のジョルジュ・メリエスが製作したサイレント映画「月世界旅行」で月が現れてくる様子そのものであります。

moon-2011.jpg

ちょっと笑いました。

あと、太陽のことで追記しておきます。


太陽の十字架ふたたび

先日の「今後48時間の太陽活動」という記事で、黒点 1302という巨大な黒点群が地球方向に向いていることを書いたのですが、その太陽黒点 1302 が現在、「十字のかたち」を作っています。

下の写真は、スペースウェザーに掲載されている写真です。矢印のあたりの比較的広い範囲が黒点1302の領域。

sunspot-1302-01.jpg


拡大して撮影されている他の写真で見ると、こうなります。

sun-cros-02.png


左のほうに白い十字のかたちがわりとハッキリと写っています。
これは大きさでいうと、地球の数十倍くらいの大きさだと思います。

この「太陽と十字架」の話は In Deep でもずいぶんと頻繁に登場しています。

最近では、2011年07月29日の記事「太陽から吹き出たプラズマの形は十字架? 女神? それとも天使?」のこの写真。



海外では、「天使か女神か」と騒がれたものです。


2011年02月13日の記事「「光の十字架」に関する2つの話」では、太陽から噴出するプラズマが十字を描きました。




とりあえず、今はそれらを見て、まあ、視覚的に楽しんでいればいいのかなと。
私にこれらの原理がわかるわけでもないですし。

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。