2011年11月29日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




ヨガは悪魔のための儀式?: バチカンのエクソシストが語る「悪」



季節と関係するわけではないでしょうけれど、年末やクリスマスが近づいてくると、エクソシズム(悪魔祓い)系の報道が出てきます。

昨年も、


などの記事をご紹介したことがありました。


今回はバチカン(ローマ法王庁)のエクソシズム部門の最高責任者(85)が、「ヨガもハリー・ポッターも悪魔の仕事だ」と語ったという話です。

同時にこの神父さんは、ヒンズー教や東洋の宗教を「間違った輪廻に基づいている」などと言ったりと、東洋の一部の宗教関係の人たちがきくと、やや怒りそうな感じのものなんですが、まあしかし、これは愚痴の一種かと。

死んだうちのジイサンなんかもそうでしたけど、男の人は老人になると、愚痴が多くなります。
最近の若いもんは」と。

そういうふうに読めば、それほど波風も立たないのではないでしょうか。

しかし、こういうちゃんとした地位にある人こそ「悪魔とは何か」ということをちゃんと追求してほしいですけど。


ともあれ、ご紹介します。
英国のデイリーメールの記事です。





Yoga is the work of the devil, says Vatican's chief exorcist (and he doesn't like Harry Potter much either)
Daily Mail 2011.11.25

ヨガは悪魔の仕事であるとバチカンのエクソシストの責任者は語る(そして、彼はハリー・ポッターも好きではない)

father-01.jpg

▲ バチカンのエクソシズム最高責任者のドン・ガブリエル・アモース神父が、イタリアのウンブリア・フィルム・フェスティバルで「嫌いなもの」を語った。


ガブリエル・アモース神父は、バチカンのエクソシスト部門の最高責任者であり、これまで、 70,000以上の悪魔払いをおこなってきた。現在 85歳となる神父は、25年前に当時のローマ法王である故ヨハネ・パウロ2世に指名されて現在の地位を得た。

最近おこなわれた宗教会議において、ガブリエル・アモース神父は、彼が「この世で最も嫌いなもの」のいくつかを挙げた際に、その中に「ヨガ」と「ハリー・ポッター(小説)」が入っていたことが世間を驚かせている。


ものごとを率直に言うタイプの人物であるアモース神父だが、以下のようなことをその会議で述べたのだった。

「ヨガは悪をもたらす。それは、ハリー・ポッターを読むのと同じほどの悪だ。どちらも人々には無害に見えるかもしれない。しかし、そのどちら(ヨガとハリー・ポッター)も悪魔の魔法によって、悪に仕えるためのものだ。」。

また、このように続けた。


「ヨガは悪魔の仕事だ。ヨガは、単に体のためのストレッチ運動だと考えるかもしれないが、ヨガはヒンズー教に至るものだ。そして、すべてのこれらの東洋の宗教は、輪廻の間違った信念に基づいているものなのだ」。


これは、イタリアのテルニで開催されたウンブリア・フィルム・フェスティバルで行われた「人類と信仰」という講演の中で語ったものだ。



yoga-potter.jpg

▲ ヨガは人をヒンズー教へと向かわせ、ハリー・ポッターは人を悪の道へと導くとアモース神父は信じている。



神父は、ハリー・ポッターとその作者への嫌悪を露わにして次のように言う。

「子どもたちのための小説として、ハリー・ポッターは無害だと考える人は多いだろうが、ハリー・ポッターには悪の魔法によって悪魔に仕えることが書かれている。サタンはいろいろなものに隠されている。そして、悪魔は、自分は存在しないということを人々に信じ込ませたいのだ。善と悪に立ち向かう人々について悪魔はよく研究している」。


さらに神父はこのように言った。

「悪魔は常に私たちを誘っている。若い人たちへのアドバイスとしては、ナイトクラブなどに気をつけることだ。アルコール、セックス、ドラッグ。そして、ナイトクラブには悪魔の結社もある」。


アモース神父が率直な意見によって物議を醸したのはこれが初めてではない。

1954年に聖職者として任命された後には、バチカンのラジオで、「ヒトラーとスターリンは悪魔にとりつかれている」という発言をしたこともある。

なお、最近公表されたバチカンの秘密文書によると、第二次大戦中、当時のローマ法王ピオ12世は、ヒトラーに対しての「長距離リモート・エクソシズム」を試みたことが記されている。しかし、その効果はなかったという。



ヨガ協会の反発

アモース神父の発言に困惑する意見が出されている。

イタリア・ヨガ協会のヴァンダ・バンニ氏はこう言う。

「ヨガが悪魔の修行? 勘弁してください。言いがかりも甚だしい。神父の告発には何の根拠もない。ヨガは宗教ではなく、スピリチュアルな訓練の一種です。ヨガの訓練によって、その人の内部で、自分自身を見つけることが目的なんです。そして、自分の中の自由を発見していくのです」。

さらに、バンニ氏は、

「ヨガは宗教と関係ありません。悪魔の結社とも無関係です」と言った。

ローマでヨガ・アカデミーを運営しているジョルジョ・ファーラン氏によると、ごく少数のヨガからヒンズー教へと向かう人たちがいるが、ほとんどのヨガの実践者たちは宗教とは関係ないという。





(訳者注)ヨガ協会の人の「勘弁してくださいよ」が何とも切ないですね。相手が相手だけにあんまり大っぴらに責められないでしょうし。

あと、文中のバチカンの秘密文書に記載があるという、


> 第二次大戦中、当時のローマ法王ピオ12世は、ヒトラーに対しての「長距離リモート・エクソシズム」を試みたことが記されている。


長距離悪魔払い!
いろんなことをやっているのだなあと思います。


ところで、今日あたりから「昨年の今日の記事」を記事下にリンクしておきます。
1年経つと、いろいろ忘れているものだと自分でも気づきましたので。

--
1年前の2010年11月29日にご紹介した記事

英国紙が使う「朝鮮半島は第三次世界大戦の最前線」というフレーズ
超弦理論学者から発表された「宇宙は永遠のサイクル」論

--
タグ:パチカン

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。