2012年01月29日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




カナダのテレビニュースでの謎の音についての報道



(訳者注) 最近、「謎の音」についての記事をいくつか取り上げたりしていましたが、どうやら噂やフェイクの範疇を越えてきているような感じがいたします。

数日前、カナダの最大の民放テレビネットワークである CTV のニュースで、「空に響き渡る謎の音」のことが取り上げられ、その中では、ノース・バトルフォードという市の市長も登場し、市長本人もその音を聞いたことをニュースの中で語っています。


north.jpg

▲ カナダのノース・バトルフォード市の位置。


文字報道ではないので、テレビの内容を要約して記しておきます。
このニュースでは、「最近、世界中で謎の音が報告されている」ということにもふれられていますした。


最近の「謎の音」関連の過去記事は、

世界中で響き渡る「謎の轟音」の正体は? (2012年01月17日)

です。

あと、全然関係ないのですが、 In Deep では「空からいろいろなものが降ってくる」というニュースを取り上げるのが好きで(笑)、最近も「ナミビアの上空から飛んできたボール」のことを取り上げたりしましたが、数日前、イギリスで、「青いボール状のゼリーみたいなもの」が空から降ってきたことが、英国 BBC テレビで取り上げられていましたので、謎の音の記事の下で写真などをご紹介します。


では、ノース・バトルフォードの「謎の音」。




Latest : Strange sounds : CTV Saskatoon: Strange sounds recorded around the world
CTV (カナダ) 2012.01.25

世界中で報告されている奇妙でミステリアスな音の正体は何か


mayor.jpg

▲ ノース・バトルフォードの市長であるイアン・ハミルトンさん。


カナダではこの数週間、奇妙や音やノイズが数多く聞こえていた。そして、最近、世界中の屋外やあるいは室内でも「奇怪な音が聞こえる」ということが報告されていた。

カナダでの最新の「奇怪な音」は、この週末にノース・バトルフォード市で記録された。

ノース・バトルフォード市長のイアン・ハミルトンは、「説明できるような音ではないのです」と言う。

「私が聞いた音は、たとえば除雪装置のような、削るような感じの音でした」。


市の住人であるハルステッドさんは、その音がしたときには眠っていたが、知人からの電話で起きた。その電話は「奇妙な音がする!」というものだった。

そして、その後、続々と彼の携帯には友人からの音に関しての報告があった。

「鳥肌が立つほと怖ろしかったよ。今でもまだ町のみんなは音のことばかり話していて、何だか騒然としているよ」。

同じような「音」の現象は、カナダのサスカトゥーン地方、北サスカチュワン地方で報告されていて、米国とヨーロッパの一部でも報告されている。





(訳者注) 前回の記事で「フェイクの可能性もあるのでは」などと書いたのですが、やはり結構な範囲で奇妙な音が聞こえているのは、ある程度事実のようです。

そこまで全世界的に聞こえているのなら、日本でも聞こえていてもおかしくはない感じもします。

ちなみに、私の今住んでいる場所は「米軍所沢通信基地」というところのすぐ裏で、つまり、米軍基地と隣接した住宅街なんですよ(苦笑)。多分、歩いて5分くらいじゃないでしょうか。これはこちらに来てはじめて知りました。

引っ越してから、「ここは妙に低いところを飛行機が飛ぶなあ」と思っていたら、裏から軍機が発進しているわけなのでした。空港の下から飛行機を眺めるのと同じ程度の高度で飛行機が見えます。

北海道にいた時は、裏が自衛隊の演習場でしたが、今度は「米軍」が裏ということで、軍隊の近くによりやすい体質のようです。


それはともかく、そういう状況なので、わりと頻繁に「飛行機の音」とか、ソニックブームみたいな「ブォーン」という音がするため、私の住んでいるところでは奇妙な音を聞くのは難しそうです。仮に音がしても、飛行機の音と聞き分けられないと思います。

静かなところに住んでらっしゃる方々は、注意深く空の音に耳を澄ましてみるのもいいかもしれませんね。


それと、「英国の空から降り注いだ青くて丸いゼリー」の件を追記します。



空から降ってきた「丸いゼリー」

これは、英国の BBC で報道されていたもので、イギリスのボーンマスという町で、何かまったくわからない「青いゼリー状」のものがたくさん降ってきたというニュースです。

このようなものです。


blue-jelly.jpg

▲ BBC 「Bournemouth resident mystified by 'blue sphere shower'(空から降る青い球に困惑するボーンマスの住民) 」より。


現在分析しているようですので、わかりましたらご報告するかもしれません。

これはどうして興味があったかというと、「」なんですよ。
ブルー。

昨年記事にした中で、空から降ったものの「色」としては、


・米国のオレンジ色の物質



ニューヨーク州で空から広範囲に降り注いだ「ネバネバとした」緑と黄色の謎の物質 (2011年01月21日)より。



・アラスカのオレンジ色の物質



アラスカの空から降り注ぐ正体不明のオレンジ色の物質 (2011年08月07日)より。



・イスラエルの黒の物質



イスラエルに「空から降ってきた」燃え続ける物体 (2010年04月25日)より。


などがあり、多くが「ネバネバした感じ」のものだったんですが、今回は青いものが降ってきたということで、次の色は何かなと(いったい何を期待しているのだ)。


それにしても、本当に最近はいろいろと降ってきますね。

これに関しても、 ヘルメスのエメラルド版(エメラルド・タブレット)などを思い出してしまいます。


唯一となる奇跡の実現のためには、下のものが上のように、あるには上のものが下のように。


というあたり、上からたくさん降ってくるなら、「下からもたくさん降ってくる」という公式もあるのかなとか思います。


--
1年前の In Deep

2011年01月29日の記事

「In Deep の意味」、「 23 の意味」、そして「悪魔」
タグ:奇怪な音

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。