2012年01月30日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




バルト海のミレニアム・ファルコン



(訳者注) 今朝、Yahoo! のニュースを見ていましたら、「海底に眠るUFO? バルト海で謎の巨大物体を発見」という見出しがありました。CNN 発のニュースのようです。

このようなニュースです。


北欧のバルト海で海底に沈んだ難破船を捜索していたスウェーデンの海底探査会社が、深さ80メートルの海底で巨大な物体を発見した。その形状から未確認飛行物体(UFO)ではないかとする説まで飛び交ったが、正体は分かっていない。

この物体は海底探査を専門とするオーシャン・エクスプローラー社が、スウェーデンとフィンランドの間の海底で発見した。それまで9日間にわたって付近一帯を探索したが何も見つからなかったため、引き上げようとして最後の音波探知をかけたところ、直径60メートルの円盤形の本体に、長さ400メートルの尾のようなものが付いた物体の画像をとらえた。さらに約200メートルほど離れた場所に、円盤形の物体がもう1つ見つかったという。

最初はUFOを見つけたと思ったというチームリーダーのピーター・リンドバーグ氏は、「20年近くこの仕事をやっているが、こんなものは見たことがない」と話す。

物体の正体をめぐって現地では、映画「スター・ウォーズ」に登場する宇宙船「ミレニアム・ファルコン」説や、地球の中心に通じる入口説まで飛び交った。一方、スウェーデンの海洋博物館の専門家は、音波探知機が1方向からとらえた画像だけでは、地形なのか何らかの物体なのかを判別するのは難しいと慎重な見方を示している。


すでに上のように、日本語の記事になっているので、それ以上ご紹介する必要もないとも思ったのですが、なぜか写真が載せられていませんでしたので、写真が出ていた英国デイリーメールの記事をご紹介します。

先に写真を載せますと、バルト海で見つかったという、その「直径60メートルの円盤形の本体に、長さ400メートルの尾のようなものが付いた物体の画像」はこれです。

falcon.jpg


これが「ミレニアム・ファルコン」と似ていると。

ミレニアム・ファルコンというのは映画スターウォーズに登場する乗り物です。ハリソン・フォードが演じている役の人の乗り物で、ガラクタなだから高速までスピードを出せる宇宙艇。

私は1977年のスターウォーズを見た中学生の時に、「こんなにカッコイイ乗り物を見たのはサンダーバード2号以来だ」と感じたものでした。上の海底の物体の写真の角度からだと、下のミレニアム・ファルコンの写真などと比べるとわかりやすいかと思います。

falcon-03.jpg


でも、まあ・・・今回の深海のものは「単なる地形の形」のようにも思いますが・・・(夢がなくてごめんなさい)。それでも、何か夢のあるものだったらいいですね。

ただこれも「形と認識の問題」として取り上げたいと思いました。

あと、記事の後に「富士山の記録」も記しておきます。
昨日と一昨日の2日間だけで有感地震を 19回も数えておりました。

それでは、ここからデイリーメールの記事です。




'It's either the Millennium Falcon or a gateway to hell': Shipwreck hunters find mysterious object at bottom of Baltic Sea
Daily Mail 2012.01.29


それはミレニアム・ファルコンか、あるいは地獄への入り口か: 難破船ハンターがバルト海で発見した不可解な物体


daily-ufo-01.jpg

▲正体不明の宝物。これが何なのか、海洋会社は当惑している。


難破船を調査する海底探査会社のチームが、バルト海の深海で注目に値する物体を発見した。それが何であるのかはまだわかっていない。

スウェーデンの海洋調査会社のオーシャン・エクスプローラー社で、同社のソナー技術を使って、未確認の物体を見付けた。正確な場所は明らかにしていない。

また、そこから 200メートルほど離れた場所に、似たような円盤形の物体がもう1つ見つかった。

それはソナー画面を通して見る限り、スターウォーズの有名な宇宙艇ミレニアム・ファルコン号とよく似ている。


これに関して、すでに様々な立場の人からの意見がでているが、このチームのダイバーでもあるピーター・リンドバーグ氏の言うように、「これは地球内部への入り口か何かではないかとも思う」という意見さえ出ている。


ただ、現在のソナー技術による映像の正確さへの懐疑的な意見も多い。過去には、ソナー映像が「単なる岩」を間違った物体と混同してとらえたことも多い。

今のところ、潜水艦などでの人間による探査が始まるのを待つしかない。


daily-03.jpg

▲ チームのダイバーであるピーター・リンドバーグ氏は、潜水艦で現地に赴くことを希望している。





(訳者注) 何はともあれ、毎日いろいろなことが起きますね。

ところで、富士山の地震ですが、1月28日から1月29日の2日間だけで全部で20回近くの有感地震が発生していました。

まあ、これは一応記録しておいたほうがいいので、こちらに記しておきます。
時間は地震情報発表時間です。




2012年1月28日-29日の富士五胡震源の地震の記録

2012年1月29日 20時44分 山梨県東部・富士五湖 M 2.6 震度1
2012年1月29日 18時43分 山梨県東部・富士五湖 M 2.9 震度2
2012年1月29日 18時31分 山梨県東部・富士五湖 M 2.3 震度1
2012年1月29日 17時46分 山梨県東部・富士五湖 M 3.2 震度2
2012年1月29日 17時41分 山梨県東部・富士五湖 M 2.8 震度1
2012年1月29日 16時51分 山梨県東部・富士五湖 M 4.7 震度4
2012年1月29日 15時20分 山梨県東部・富士五湖 M 2.9 震度1
2012年1月29日 00時23分 山梨県東部・富士五湖 M 2.2 震度1
2012年1月29日 00時02分 山梨県東部・富士五湖 M 2.9 震度1
2012年1月28日 15時10分 山梨県東部・富士五湖 M 2.6 震度1
2012年1月28日 13時24分 山梨県東部・富士五湖 M 2.7 震度1
2012年1月28日 12時50分 山梨県東部・富士五湖 M 2.7 震度1
2012年1月28日 11時03分 山梨県東部・富士五湖 M 2.6 震度1
2012年1月28日 08時11分 山梨県東部・富士五湖 M 3.3 震度1
2012年1月28日 08時07分 山梨県東部・富士五湖 M 4.1 震度3
2012年1月28日 07時56分 山梨県東部・富士五湖 M 2.7 震度1
2012年1月28日 07時51分 山梨県東部・富士五湖 M 4.1 震度3
2012年1月28日 07時54分 山梨県東部・富士五湖 M 5.5 震度5弱
2012年1月28日 07時44分 山梨県東部・富士五湖 M 5.0 震度4






fuji-2012-012-23.jpg

▲ 2012年1月23日の富士山の雲。ブログ記事から拝借したのですが、そのリンク元がわからくなってしまいました。見事な雲ですが、うちの奥さんがお正月過ぎに富士山の近くに旅行に行ったのですが、その時にもこのような雲が富士山の頂上を覆うように出ていたそうです。


Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。