2012年06月07日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




太陽系の中で発見された「巨大な燃える物体」が地球に接近中?



ずいぶんと以前、天文写真に写る直径240キロメートルの巨大な物体が地球に向かっている? (2010年09月15日)という話題をご紹介したことがありました。下の数百キロくらいの大きさの物体が天文写真にうつっていたというもので、私自身も確認しています。





今回も似たような話題ですが、「Google Earth で、太陽系の中に巨大な物体がうつっていることを見つけた」という話題です。太陽系の中とつくあたりがやや違います。ただし、太陽系の中に位置することが実証されているわけではないです。


翻訳としては、この話題が最初に紹介された英国デイリーメールの記事をご紹介しますが、まずその物体の動画を載せておきます。


動画といっても、Google Earth で検索する様子が収められたもので、現物は長いですので、音声を消して、早回しにしました。





私自身でも Google Earth で確認してみましたが、上の物体は確かに写っています。


下の写真がそれです。


huge-google-earth.jpg


現在のバージョンの Google Earth には「スカイマップ」という夜空の地図も搭載されていて、夜の空をほぼすべて見ることができます。


Google Earth をお持ちの方は、起動させた後、ウインドウ上部の惑星アイコンがあるところから「星空」というところ(下の写真の部分)をクリックして選択すると、宇宙地図に移行します。


hoshi.jpg




そして、左上の検索ウインドウに座標を入れるか、自分で画面をドラッグして動かしながら、宇宙の星などを見ることができるというソフトです。


上の物体の座標は、5h 11m 33.74s -12 50' 30.09"となります。


なお、以前、 In Deep の記事で、



 2011年10月27日


という記事を書いたことがありますが、私は宇宙や夜空の写真はよく見るほうで、そして、そこに「何かおかしなものがうつっている」ということには慣れたというような感覚があります。


とにかく宇宙にはいろんなものがあります。


興味のある方は一日くらいを費やして、 Google Earth やスカイマップなどで星空をご覧になるのもよろしいかと思います。



まあ、「変なもの」というより、「きれいなものが多い」ということが宇宙のひとつの特徴かとも思います。今回も、 Google Earth を起動していたついでに、いろいろと見ていたときもいろいろときれいなものを見つけました。


たとえば、私はしし座生まれなんですが、しし座の周辺を見ていた時にとてもきれいな星(?)がありました。


下の画面はしし座のあたりですが、この中央に「あ、きれいっぽい」と思うものを発見。

矢印をつけた部分のものです。


google-sky-01.jpg



これをどんどんと拡大していくと・・・。


google-sky-02.jpg



このようなものが写りました。

座標は写真の下に書いてあるものです。


おおお! なんだかよくわからないけどキレイだ!」・・・というようなものが無数に宇宙にはあります。



まあ、宇宙に詳しい人は、これらの現象の理由とか名前なども知っているのだと思いますが、私のような普通の人はとりあえず、その美しさを楽しめればそれでいいのだと思います。


あるいは、今回の本題の「物体」のように巨大な物体はどこに向かっているのかと考えてドキドキするのもいいのではないでしょうか。ただ、記事にあるように「これが地球に向かっている」というようなことはないと思いますけれど。


では、ここからデイリーメールの記事です。







Daily Mail (英国) 2012.06.05



小惑星? それともソフトの不具合? グーグルスカイのユーザーが私たちの太陽系の中に燃え上がっているような巨大な奇妙な岩を発見した



最初にこの物体を Google Earth のグーグルスカイマップで発見したユーザーは、その様子を YouTube にアップし、そこに「この物体は地球に向かう小惑星ではないのだろうか」というコメント添えた。


ob-01.jpg



これが実際に小惑星だとすると、科学者や天文学者によって発見されていない小惑星だとアップロードしたユーザーは述べている。


しかし、グーグルマップを含めた Google Earth には多くの不具合があると言われており、この物体も不具合である可能性であるという他のコメントもあった。


この物体の画像に関しての詳細はわからないままで、また、アップロードしたユーザーが主張している「この物体は、地球に向かっている」ということも立証することができない。


しかし、いずれにしても、もしこの物体が実際に太陽系の中に存在している物体だった場合は、この物体を発見した業績は相当なものかもしれない。


この物体は Google Earth のスカイマップ「座標 5h 11m 33.74s -12 50' 30.09" 」で、誰でも見ることができるが、一方で陰謀論的な話題も出現しており、そのうちグーグルアースに手が加えられるのではないかというようなことを語る人々も現れている。





[太陽系の巨大な物体や異常な現象]の関連記事:



2010年10月09日






2012年02月10日




2012年05月24日




--

[1年前の In Deep ]

2011年06月07日の記事




--

[2年前の In Deep ]

2010年06月07日の記事








  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。