2015年04月23日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




グルグルと読み書き不可にてお休みさせて頂きます



Dizziness.jpg
Dizziness


この2ヶ月くらいの間は基本的に「めまい」と共に生活しているのですけれど、何が関係している周期なのかわからないですが、症状が激しい時と、そうでもない時の「周期」があって、3日ほど前から結構激しいのです。

めまいそのものには慣れてきているのですが、今日のめまいは「パソコンの画面や文字がブレて、読み書きが難しい」ほどのもので、記事を読んだり、長く文字を書ける状態ではなく、お休みさせていただきます。

まあ、この今のめまいのもととなったと考えられる病気の説明にあります「ふらつきは数ヶ月あるいはそれ以上継続する事はある」というようなものの場合ですと、めまいそのものが続くことは覚悟するしかありません。

それにしても、今日のように読んだり書いたりするのにも差し支えるほどなのに、生活上は何ともないというのは、小脳の慣れのお陰なんだと思います。耳が原因の様々なめまいが次第に軽快化していくのは、前庭とか三半規管などの平行機能の異常な情報を「小脳が補正してくれる」ためのようです。

大したもんだと思います。

そして、また今日もポストに「本」が届いていました・・・。

読み終える時間に、本の届くサイクルがまったく間に合っていなくて、私の机(私は椅子の生活が苦手で、若い時からずっと座卓です)の横のサブパソコン机がどかされ、下のような状態に・・・。

books-heaven.jpg


とはいえ、今日は本を読むこともできなそうです。

症状というのは、どんな症状でも苦しいものでしょうけど、以下の言葉を書いておきたいと思います。


シュタイナー『薔薇十字会の神智学』より

病気に耐えると、しぱしば来世で特別美しい体に生まれる。肉体の美しさは、多くの場合、前世における病気をとおして得られたものなのである。

美は病気とカルマ的な関係を有しており、病気の成果なのである。



特別に、カルマだ前世だと信じなくとも、何か病気や苦痛をお持ちの方は、この世にはそういうような見方もあると、病気や苦痛の意味のとらえ方を少し変えてみるという試みも悪くないかとも思います。

それでは、改善いたしましたら、また更新させていただきます。

週末には比較的大きな外出がありますので、明日には少し良くなっているといいのですけれど。

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。