2010年09月03日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




中国の一角牛



Unicorn cow
Female First 2010.09.02

ユニコーン牛

unicorncow.jpg

まるでユニコーンのような一角牛のいる場所が中国の観光名所となっている。

その牛が赤ん坊の時に額に小さなコブがあることに気づいたと牛の飼い主である中国北部の河北省の農民 Jia Kebing は言う。

しかし、そのコブは、その後の2年間で 20 センチメートルの長さのユニコーンのよう巨大な角に成長していったのだという。

彼の農場はこの牛がいることで有名となり、今ではたくさんの人々が牛を見るために訪れる。今ではこのユニークな動物を一目見るために、観光客が遠方からツアーを組んでやってくるという。
続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年08月05日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Masvingo farmer shocked as cow gives birth to a pig
Zimdiaspora (ジンバブエの新聞) 2010.07.30

牛が豚を産んでショックを受けているマシンゴの農民

cow-pig.jpg

飼育している牛が子豚を産み落とした光景を見たそのジンバブエの農民は、しぱらく呆然としたままだったとレポートは伝える。

ジンバブエのマシンゴ州の東高原にあるチャツワース市の農民、チノス・ムベリさんは、その奇妙な生き物を目にした時、自分の見ているものを到底信じられなかったという。

豚と牛が交尾をすることは不可能だと彼は言う。

「全身の姿と大きさは子豚そのものだった。鼻と口も豚のものだった。ただし、毛がなかった。」とムベリさんは言った。

ムベリさんは、この異常な出来事は魔術でおこなわれたに違いないと語る。

「多分、これは黒魔術師の仕業だと思う。そうじゃなきゃ、こんな恐ろしい出来事の理由を考えつくかい? これは黒魔術師の私への脅迫だよ」と彼は述べた。

この牛が出産するのはこれが初めてで、ムベリさんも出産することを予想していなかったという。

マシンゴ地区の獣医局のアーネスト・ジムワシャ博士は、これは希ではあっても、特別に珍しい現象ではないと語った。

「これは単なる奇形の子牛で、その外見が子豚と似ていただけだ。奇形の子牛の中には怪物のような姿をしているものもある。”ブルドッグ子牛”と呼ばれているものが有名だ」と博士は説明した。

「彼らはブルドッグと似ているように見えるかもしれないが、実は人間にもっともよく似ている」と博士は付け加えた。
タグ:ジンバブエ

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年07月25日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Air temperatures in Moscow beat all records
Voice of Russia 2010.07.24

すべての記録を塗り替えつつあるモスクワの気温

3RIA-726859-Preview.jpg

モスクワの気温がすべての記録を塗り替えつつある。

7月24日に記録した最高気温36.7度は、1936年7月に記録されたモスクワでの史上最高気温を2度上回った。

天気予報士たちは、この熱波は7月の記録を塗り替えるだけではなく、モスクワの夏の最高気温を塗り替えるだろうと予測している。

気象観測が始まったこの130年の間で最も熱い夏の気温は1920年に記録された36.8度だ。

モスクワの地域では40度を越える気温の中で住民たちは厳しい暑さの中、過ごしている。

この異常な高温は7月の中旬からモスクワを襲っており、この熱波は記録に残る中でもっとも長い期間に渡る激しいものとなっている。
続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年07月12日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





malaysia-txic.png
シンガポール・プレス 2010年07月11日

パハン州のマラン川「恋人たちの滝」が毒化。住民6人が死亡

マレーシア・パハン州にあるマラン川の水が細菌で汚染される事件が起こり、6人の近隣住民が死亡した。マレーシア保健省はただちに、マラン川の通称「恋人たちの滝」を閉鎖し、住民たちに検査を施している。

マレーシア保健省の衛生部長のリャオ・ライ氏は、精密な検査をした後、死亡の原因はレプトスピラ菌であることを突き止めた。病原性のレプトスピラはネズミなどの保菌動物に保菌され、尿から排出される。

また、マレーシア保健省は、衛生部が現場で同時にもうひとつの菌を発見したと発表した。それは、類鼻疽(Melioidosis)で、それが死亡したもうひとつの原因であるかもしれないという。

この滝は昨日(7月10日)から閉鎖されており、しはらくは近づかないでほしいとライ氏は言う。その区域での水遊びや水泳は危険だと中国語紙の「南洋商報」は報じている。

事件は、先月の6月27日に「恋人たちの滝」での水難事故に起因している。マラン川で溺れた人を救助するために、地区の消防隊員とボランティア・スタッフたちが川に救助に出向いた。

その後、川に赴いた消防隊員とボランティア・スタッフの8名が原因不明の病変に陥り、その中の6人が死亡した。この全員が、川での救援作業に参加していた人たちだった。

保健省は事態の深刻さを考慮し、昨日午前に精密な検査を実施し、地区の保健所、細菌の専門家、専門の医師らと緊急の会議を開いた。

衛生部のライ氏は、事件のあった地域を隔離して、できるだけ早くすべての住民の検査を実施したいと語った。また、住民は細菌には感染していないだろうという。

その理由としては、これらの菌は、水源を通して感染が拡大することはあっても、空気感染で広がるものではないという。衛生部では水源の検査を急いでいる。

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月26日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(訳者注) 紹介されているビデオは、2008年頃にヒストリーチャンネルで放映されたもののようです。番組は英語です。与那国島の海底にこのような形の遺跡が存在しているとのことで、下に、番組のいくつかのスクリーンショットを載せますが、こんな形の巨大建造物(これは模型)が与那国島の海底に事実として存在しているようです。

yona-1.jpg




ここから記事です。




Japan's Mysterious (under-water) "Pyramids" - video
The Rumor Mill News Reading Room 2010.06.25


日本にあるミステリアスな海底ピラミッド


超古代文明のようにも見えるいくつかの記念碑や建造物などの驚くべき再発見のうちのひとつとして、1987年に、日本の南方の沖の海底で発見された謎の海底の遺跡のビデオ。

こういうものは、どんな考古学者も地質学者も(ただひとりの学者を除いて)この話題には触れたくないし、見たくもないだろう。

いつもそうだが、有史以前の文明に関しては、疑い深い人もいるし、ビリーバーもいる。それぞれの意見が予想されるが、考え方は人それぞれでいいと思う。

ここに、この42分の驚くべきビデオのリンクがある。


http://www.guba.com/watch/3000111861/Japan-s-mysterious-pyramids

--
参考写真:番組のスクリーンショット

yonaguni-2.jpg

・これが実物らしいです。


yonaguni-4.jpg

・沖縄の場所から、与那国島への詳しいアクセス方法も紹介されています。


yonaguni-3.jpg

・上の文章にある「ただ1人の学者を除いて」というのは、琉球大学の木村政明教授などのことのようです。
続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月25日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Arsenic in Water Kills 1 in 5 in Bangladesh
マザー・ジョーンズ 2010.06.23

バングラデシュでは飲料水に含まれるヒ素により5人に1人が死亡している

・写真は、インド西ベンガルのモンスーン池。

IMG_1300_2.JPG.jpeg今まで語ることが避けられてきた悲しい事実だ。

インドの西ベンガル地方やバングラデシュでは、モンスーンによって作られる池の水を飲料水にすることによって発生する慢性下痢や寄生虫の問題、あるいは赤痢、腸チフス、コレラなどの様々な感染症が存在しているが、それを避けるために飲料水を井戸へと変更してきた。しかし、井戸の水はバングラデシュの多くの人々に違った死をもたらしてしまった。


医学雑誌「ランセット」に掲載された最近の研究によると、バングラデシュのおよそ3300万人から7700万人の人々が、飲料水の中に含まれているヒ素の脅威にさらされている。世界保健機関( WHO )は「史上最大の大量中毒」と呼んでいる。

調査とその結果:

・バングラデシュ(人口1億2500万人)の5人に1人が、1リットル中10マイクログラム以上のヒ素濃度の飲料水に関わって生活している。

・ヒ素との接触は、心臓病や、あるいは皮膚病などの慢性疾患、また、皮膚癌、膀胱癌、肺癌などよる死亡率の増加と結びついている。

・すべての死因のうちの約70パーセントが、ヒ素濃度の高度な井戸から得られた飲料水(1リットル中150から864マイクログラム)によって引き起こされていることがわかった。

・また、研究者たちは、バングラデシュの安全基準(50マイクログラム/リットル)や WHO での推奨する安全基準(10マイクログラム/リットル)内の比較的、低いヒ素濃度でも、用量依存性効果により死亡率が上がることがわかった。

残念なことだが、これらの中毒は過去の援助と善意の努力の結果でもある。1970年代に、飲料水からの感染症と戦うために開発機関がバングラデシュに1000万個にも及ぶ井戸を建設した。確かに新しい井戸はいくつもの病気や感染症を防いだ。

しかし、同時に、自然発生するヒ素が飲料水に徐々に混入していったのだ。

今よりも深い井戸を掘るか、あるいは、水の濾過システムを展開させれば、ヒ素は避けられる。実際、すでに安全な水を飲んでいるバングラデシュの人々も10万人いるのだから。

続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月21日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





New sinkhole appears in Guatemala
新華社 2010年06月19日

グアテマラに開いた新しい穴

13358539_31n.jpg

穴は、6月18日にグアテマラの首都グアテマラシティで、10家族が済んでいる土地にできた。穴は現在、幅2メートルで、深さ4メートルとなっている。これは、排水システムの欠陥からできたもので、以前さらに大きな穴を2つ開けている。


13358539_41n.jpg

調査する消防署員。
続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月20日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





片足ツチガエル46匹 寄生虫? 遺伝? 原因は不明 北九州市の板櫃川
西日本新聞 2010年06月19日


201006180020_001.jpg 北九州市は18日、同市八幡東区高見2丁目の板櫃(いたびつ)川河川敷で、片方の後ろ足がない奇形のツチガエルが46匹見つかったと発表した。原因は分からず、7月上旬に専門家による原因究明検討会を設けて調査する。

 5月8日に市民から「板櫃川河川敷に足がないカエルがいる」との情報が寄せられ、市は計4日かけて現地で97匹を捕獲。その結果、46匹が、後ろ足の左右どちらかがなかった。市は「1カ所でこれだけ集中して奇形が見つかる例は、国内では聞いたことがない」としている。

 ツチガエルは国内に広く生息し体長は最大6センチほど。オタマジャクシの状態で越冬し、春に変態して足が生える。今回見つかった46匹はすべて今春変態した若いカエルで体長2−3センチだった。

 市は、河川敷の泥と水を採取し、有害物質などの有無を調べているが、今のところ異常は見つかっていないという。現場の河川敷は、有害物質がないことが確認されるまで立ち入りを制限する。

 小野勇一九州大名誉教授(動物生態学)は「カエルの奇形は世界で数多く報告され、寄生虫や化学物質、遺伝、紫外線などさまざまな原因が考えられる」と話した。



Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月18日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





(注) 生きた人体にハエが産卵してウジが涌くことは、それほど珍しいことではないかもしれないですが、「元気な人間の皮膚の下から何百羽もの羽虫が飛び出す」というのは珍しいと思いましたのでクリップしておきました。

--

タイ北部ラムパン県 6月10日

皮膚の下から羽虫続々 傷口にハエが卵? タイ北部
newsclip.be 2010.06.17

 タイ北部ラムパン県の病院で10日、かゆみを訴え診察に来た男性(52)の皮膚の下から体長2―3ミリの羽虫が続々と出てくる騒ぎがあった。男性は山中で暮らしており、タイ保健省はミバエなどが傷口に卵を産みつけた可能性が高いとみている。



タイ南部チュムポン市 6月17日

皮膚の下から羽虫、タイ南部でも 北部の男性は300匹以上
newsclip.be 2010.06.18

 17日付のタイ字紙タイラットによると、北部ラムパン県の男性に続き、南部チュムポン市で人の皮膚の下から羽虫が出てくる症例が報告された。31歳の農家の女性で、足、手、頭などに多数の赤いはれ物ができ、中から小さな羽虫が続々と出てきた。近くの診療所で注射を受けたが症状は改善しなかった

 ラムパンの男性は全身がかゆくなり、手の小指の先から小さな羽虫が出てきたため、今月10日に入院。その後も体長2―3ミリの羽虫が手や足などの皮膚を食い破って続々と出現し、300匹以上が出てきたという。タイ保健省はミバエなどが傷口に卵を産みつけ、体内で羽化した可能性が高いとみている。

続きを読む
タグ:タイ

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月17日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





ELECTRIC BLUE CLOUDS
Spaceweather.com 2010.06.16


青く光る雲

ヨーロッパのオブザーバーから光り輝く夜光雲(noctilucent clouds NLCs)の報告がありました。アイスランドのピーター・マッケイブは、「昨夜、素晴らしいショーを見た。青く輝く雲は実に感動的だった」と語っています。彼はキヤノン 450D を使ってこの写真を撮影しました。


Peter-McCabe1_strip.jpg

写真の詳細: キヤノン450D、20mm 広角レンズ、6秒、f3.2、ISO100


「今まで見た中でもっとも激しい夜光雲だったわけではないが、数週間程度先まで期待できそうだ」と、マッケーブは言います。 北半球での夏季の始まりで、夜光雲はさらに多く見られることになりそうです。 夜光雲のピークの時期は正確に予測できるものではないですが、一般的には6月から7月にもっとも激しくなります。

これらの光り輝く奇妙な雲の要因としてわかっていることのひとつには、太陽活動周期があります。 夜光雲と太陽黒点には周知の相関関係があります。夜光雲の活動は、上層の大気が低い太陽活動で冷えて、雲を作る氷晶の成長を促進して起きるので、数年の太陽活動極小期の間にピークに達する傾向があります。 太陽活動は、この数世紀での最小クラスからゆっくりと大きくなっていて、この段階では夜光雲を見るいい機会となります。
続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。