2010年04月27日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




1997年に深海にいたものは何だったのだろう



The Bloop: A Mysterious Sound from the Deep Ocean
NASA APOD 2010.04.27



・ APOD の写真にその音を被せたもの。


深海から聞こえる謎の音

地球の太平洋でこの奇妙な音を出しているのは何なのでしょう?

上記写真は、その奇妙で大きな音の視覚的描写です。これは、Bloop (ヒューヒューとする音のこと)と呼ばれていて、1997年に深海にあるマイクロフォンで捕えられました。上記のグラフの中で、時間は水平軸で示され、音の高低は垂直軸で示されます。明るさは音量を示します。

Bloop はこれまで、地球の様々な海でいくつかの違った音量で記録されていますが、これが何から発せられているのかはわかっていません。Bloop 音は南米の南海岸沖でしばしば発生していて、これは 5,000 キロメートル離れた地点で聞き取ることができました。

この音は、生きている生物によって出される声と類似点はあるのですが、しかし、巨大な生物であるシロナガスクジラさえ、こんな大きな声は出すことはできないのです。 その点から、この音が、(シロナガスクジラなどより)さらに大きな形態の生物が地球の深い海の未知の領域に棲んでいるのではないかという興味をそそる仮説を示してもいます。

しかし、他の可能性として想像できることとしては、この音がある種の氷山の産出から生じたという説もあります。1997年以来、Bloops はいっさい記録されていません。

-------------------------

(参考)
Calls from the deep 深海からの呼び声
New Scientist 2002.06.15

タグ:深海

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年04月23日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





kor-monster.png
Yahoo! Korea 2010年04月23日


世界中で見つかるモンスターたちの正体が明らかに

いわゆるモントークモンスター(Montauk monster)という名前を聞いたことがあるでしょうか。 2008年 7月に米国ロードアイランド州にあるモントークビーチで死んでいた動物で、それはこ地球上には存在していないような姿をした動物の死体でした。


montauk-1.jpg


これらの動物の死体は、既存のものとは異なる実際の動物でしたが、正体はわかっていませんでした。

これに対する世界の科学者たちやネットユーザーたちの推測はまちまちでした。 甲羅が落ちたカメ、突然変異した動物、米軍の生体実験場から逃げ出した「失敗作の実験動物」であるいう意見までありました。実際に、モントークビーチの近くには米軍の生体実験場が存在しています。

似たような伝説の怪物がもう1つあります。

それは、チュパカブラ (Chupacabra) と呼ばれるものです。「南米の血を吸うモンスター」として有名なこの生き物も、北米、南米大陸で頻繁に発見されています。

実物の写真は次のとおりです。

montauk-2.jpg

montauk-3.jpg


最近、中国でもこのようなモンスターが発見されています。

中国では、「中国のイエティ」と呼ばれています。(実際には、これはまったくイエティと呼ばれるものとは似ていません。中国の人たち特有の呼び方でしょう)

montauk-4.jpg


科学者たちの調査の結果、これらはすべて疥癬(mange)と呼ばれる皮膚の寄生虫(ヒツジキュウセンヒゼンダニ)に感染したほ乳類であることが分かりました。 モントークモンスターの場合、タヌキ(腐敗がかなり進行した状態)、チュパカブラはコヨーテ、中国イエティは山猫だと判明しました。

これは、哺乳類の細孔を掘って入り、皮膚の中で数万匹が増殖し毛をすべて排除する恐ろしい寄生虫です。 つまり、これらの「未知の生物」は、病気にかかって毛を失い苦しんでから死亡した、かわいそうな動物たちということのようです。

驚くべき事実は、この寄生虫は人間にも感染するという点。

これらの哺乳類との物理的な接触は避ける必要があると思われます。


--

(参考) 動物衛生研究所 - 疥癬(mange)

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年04月18日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





アイスランド火口、まるで悪魔の顔
大紀元日本 2010年04月18日

m52095.jpg

 14日のアイスランドでの火山噴火後、火山灰による噴煙が欧州各地の上空を覆い、各国の航空便に大きな影響をもたらしている。15日、NASA衛星「Terra」は北大西洋上空に漂う厚い火山灰を捉えた。また、16日に撮影したエイヤフィヤトラの3つの火口を撮影したレーダー写真は、悪魔が叫んでいるかのように見える。

 今回の火山爆発により発生した大量の噴煙は、一部の氷河を融解し、洪水を引き起こし、付近の道路や橋梁を破壊している。また、火山灰はポーランド北部海岸、ドイツ、フランス、ベルギー、英国南部海岸、ロシア西北部地区を覆った。気象専門家によると、風が弱く、噴煙がゆっくりと欧州大陸に拡散しているため、欧州地区の空の便が最も深刻な影響を受けたと説明している。調査では、この先数日間は噴煙の脅威で、更に多くの空港が閉鎖される見込み。

 エイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山は成層火山で、高さはおよそ1千666メートル。前回の噴火は1821年で、2年後の1823年まで噴火が続いた。現在、専門家はこの噴火によりアイスランドで最も危険な火山と言われるカトラ火山の連動爆発を警戒している。両火山の距離は12・8キロで、その上にはミールダルスヨークトル氷河が横たわる。

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年04月13日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





無数の蛇が村“襲撃”、住民徹夜で300匹以上を退治=広東
サーチナ 2010年04月12日

  広東省広州市の増城村で10日夜、無数の蛇が出現した。道路も「うごめく蛇」で覆われた状態になり、「毒を持つのでは」と心配した住民は、朝までかかって300匹あまりを殺して、撃退したという。チャイナネットが報じた。

  蛇があらわれたのは、10日夜だけではなかった。同日未明にも自宅近くで10匹程度の蛇を見たという男性住民や、昼ごろ農作業のための小屋付近に「50匹以上が集まっていた」と語る女性住民もいる。

  住民の記憶をさかのぼっても、同村で過去に、蛇が大量に発生したことはない。老人も「初めてだ」と驚く。住民の多くは、蛇が室内に入り込むことを恐れ、住宅の周囲に硫黄(いおう)をまいた。

  “蛇襲来”のピークだった10日夜から翌日朝にかけては、村人総出で蛇を殺した。警察と林業局職員も駆けつけ、蛇何匹かを生け捕りにした。専門家に依頼して、蛇の種類や大量出現の理由を調べる方針だ。

  蛇はほとんどが同一の方向に移動していたという。そのため、「だれかが故意に放した」と考える人も多い。「この村出身で、官僚として出世した人物がいる。そのため恨みを買った。蛇は、その人の報復だ」との噂まで飛び出したという。
タグ:

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年04月01日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





室蘭でオーロラ? 深夜に幻想的な緑色の光のカーテン
室蘭民報 2010年04月01日

20100401m03.jpg

室蘭市寿町付近に現れた光のカーテン(男性が撮影した動画を静止画にした画像)=31日午前0時14分

 えっ、オーロラ?

 31日午前0時ごろ、室蘭市寿町付近は緑色をした細長いカーテン状の光に包まれた。近隣の住民たちは「まるでオーロラのような輝きを放つ」夜空を眺めて楽しんだ。

 光に気づいたのは同町で飲食店を経営する60代の男性。同時刻に偶然空を見上げ、南側に浮かぶ月の右手に連なる明かりを発見した。ビデオカメラを回しながら光が消えるまでの約1時間、隣人たちと「不思議なお月見」を満喫した。

 室蘭市山手町の室蘭地方気象台では同時刻、地上から5〜13キロほどの高さにできる氷晶「上層雲」を確認。同気象台によると、光は「月光が雲に反射したものと考えられる」

 一般的に上層雲に反射する月明かりは月全体を囲む円形に見えることが多い。「月の右側にだけ現れた幕のような形は、高い建物が放つ電灯など地上の光を受け屈折してきた可能性がある」という。

タグ:上層雲

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年03月26日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Sky and clouds
Yurock 2010.03.24

(※)上記サイトに他に数十枚あります。


thumbs_08.jpg


thumbs_20.jpg


thumbs_25.jpg


thumbs_60.jpg


thumbs_68.jpg


thumbs_74.jpg

タグ:

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年03月23日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





南極、再び血を流す氷河
大紀元日本 2010年03月23日

m33477.jpg

南極マクマード乾燥谷に出現した「血の氷河」。まるで傷口から血が流れ出ているように見える。

 最近、南極のある氷河から血のように赤い水が流れ出す現象が再び現れた。今回この現象が現れた氷河はマクマード乾燥谷に位置する。この地区には風速320キロに達する強風が吹き付け、全く氷が存在しないポイントがあり、南極で最も不思議な地区の一つとして知られている。

 血を流す氷河は1911年ロバートF.スコット氏の探検隊が初めて発見し、その後、この赤い水の成分は酸化鉄によるものと証明されている。調査によると、氷河は毎回、一定の時間毎に鉄分を豊富に含んだ液体を流す。この後すぐに酸化作用のため、河水が赤く見えるようになる。

 『ディスカバリー誌』によると、これらの液体は氷の下1300フィート(約403メートル)の塩分を豊富に含む塩湖から来るもので、新研究においてこの過酷な環境の中、硫黄と鉄の化合物に頼り生活している微生物が発見されている。このように暗く、低温で酸素がなく、また生態環境の無い時から、この微生物は150万年以上も隔離されてきた。微生物の作り出す「血の氷河」は太陽系の中に似たような生命が存在する可能性が考えられている。たとえば火星や木星の極地の氷の下にも生命が存在する可能性があるのではないかと科学者は述べている。



続きを読む
タグ:南極

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年03月13日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Abnormal for Norfolk
ノーフォークに不思議なもの
SUN 2010.03.10

ufo-1.jpg


ufo-2.jpg


イギリスのノーフォーク州ダウナムの町で、神秘的な飛行がを写真に捉えられた。

撮影したのは57歳のプロのカメラマンのピーター・ライ氏。彼はこの日カレンダ−の撮影のために風車にカメラを向けたが、出来上がった写真に映っていたのは風車だけではなかった。緑色に光る神秘な飛行体が何枚かの写真に映っており、右から左へ飛んで行く様子が確認できた。

有名なUFO研究家のニック・ポープ氏は「これは興味深い写真だ」と語った。


A UFO could be checking out our old technology - as it sails over a Norfolk windmill.

The mystery object was captured by a local photographer - putting a fresh spin on old saying "Normal for Norfolk".

Stunned Peter Rye, 57, only realised it was on his images of Downham Market's Denver mill - taken for a calendar - when he checked them later.

Peter, of King's Lynn, said: "From the photos it moved across the sky from right to left."

UFO expert Nick Pope said: "It's an interesting image."
タグ:UFO

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年03月10日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





チリ大地震後、地球の重力に変化、今も続く振動
大紀元日本 2010年03月10日

m50897.jpg

チリ大地震は鐘を鳴らした後のように地球を揺らす(SAM YEH/AFP/Getty Images)

 2月27日のチリ大地震からすでに1週間以上が経過した。国立天文台(NAOJ)はチリ大地震発生後、地球の重力に変化が生じていることを観測した。この重力変化は地球全体が膨らんだり縮んだりするわずかな振動によるもので、このような状態は2カ月ほど続く可能性があるという。チリで発生したM8・8の強震はチリに甚大な被害をもたらし、地球全体をも揺り動かしていると言えるだろう。

 国立天文台によると重力計のデータから、大地震後地球全体に振動が生じ、岩手県では連日0.1ミリの振動が発生していることが確認されている。これは鐘を鳴らした後に小刻みな振動が発生する現象に似ている。

 このような振動は長野県にある気象庁精密地震観測室でも確認されており、今も続く振動は今回の地震の規模の大きさを証明していると言えるだろう。
タグ:重力

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年03月08日



2015年10月7日に In Deep は http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





‘Gorilla’ seen in Nasa snap from Mars
SUN 2010.03.03

sun-gori.jpg

これは火星の巨大なゴリラなのか?

宇宙ファンの中にはこの火星の写真を見て、生き物の兆候を感じる人もいるのかもしれない。

熱狂的なマニアであるナイジェル・クーパーは「これは絶対にある種の生物だ」と言う。クーパーは、NASA のローバーから送られた写真を何枚も研究して、オンラインで発表している人物だ。

クーパー氏は「私は地球以外に生命があると確信している」と付け加えた。

続きを読む
タグ:火星 NASA

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。