2010年09月16日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。




文明生活を拒絶する自給自足のアーミッシュたちが米国で増え続けている



(訳者注) アーミッシュ ( Amish ) とは、 米国に住むキリスト教一派のドイツ系アメリカ人で、近代文明を拒否して生活しており、電気、電話などは一切使わず、また基本的に自給自足で生きている人々です。 他に、Wikipediaによると(抜粋)、

・唯一の交通手段は馬車
・怒ってはいけない。
・喧嘩をしてはいけない。
・読書をしてはいけない。
・賛美歌以外の音楽はきいてはいけない。
・義務教育以上の高等教育を受けてはいけない。
・化粧をしてはいけない。
・派手な服を着てはいけない。
・離婚してはいけない。

などの規律があるようです。





Amish population growing, heading west
USA トゥディ 2010.09.15

増大しながら西へ延びている米国のアーミッシュ人口

buggyx-large.jpg

amish_street_sign_sm_001.jpg明るい黄色に馬と馬車のイラストで描かれる新しい交通標識は、ペンシルバニア、オハイオ、インディアナの農村地帯などの、多くのアーミッシュたちを受け入れている地域でよく見られるものだ。

ペンシルバニアのエリザベスタウン・カレッジでの年次調査によって、アーミッシュの人口は増大していることがわかった。現在では、コロラド、サウスダコタからモンタナ州にまで、西へと人口地区は伸びている。

北アメリカでのアーミッシュの人口は 2009年の 237,500 人から、現在では 249,500 人となり、率として 5パーセント増加した。

アーミッシュのコミュニティは現在、全米の 28の州にある。そして、毎年 5パーセントずつ人口が増加した場合、北米でのアーミッシュの人口は 2024年までに現在の2倍になると調査では報告している。
続きを読む

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年06月15日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Belgium separatists win election
aljazeera.net 2010.06.15


201061353952596734_5.jpg

勝利したバート・デ・ウィーバー新フラームス同盟議長。


ベルギーで分離独立派が選挙に勝利

「ベルギー国家の段階的な消滅」を主唱する民族主義派政党・新フラームス同盟がベルギーの総選挙で最大得票を獲得した。

北部オランダ語圏の独立を掲げる新フラームス同盟は、ベルギーの北部で、日曜日の投票では150議席のうち27議席を獲得した(前回選挙では8議席)。

フランス語を話す南部のワロニア地方では、社会党が26の議席を得た。

前回2007年の国の選挙の後、言語問題(北部のオランダ語圏と南部のフランス語圏の対立)と公的な資源の配置に関する地方の間の緊張が原因で、新しい政府の編成に6ヵ月以上がかかった。

勝利したバート・デ・ウィーバー 新フラームス同盟議長と他の党首たちは、次の政府の組成に関して選挙の翌日、ベルギーの国家元首アルバート王との会談を開いた。

デ・ウィーバー(39)は、ベルギーは何ヵ月にも及ぶ政治的不安定によって余裕がなかった。新しい政府は出費を抑制しなければならないと述べた。


議長は、フランダース地方とワロニア地方(共にフランス語圏)の自主ルール作りの進展は彼ら400万人のフランス語を話すベルギー人の意欲に依存すると語った。


Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年05月29日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





Yemen suffers ’99 percent’ slump in tourism
kip report news 2010.05.29

イエメンは観光で "99パーセント" の落ち込みにはまっている

中東の最貧国のひとつであるイエメンが、訪れる観光客の数の激しい減少を経験していると Maktoob.com が報告している。

続発する誘拐事件は、イエメンの対外的なイメージを著しく損なっており、それは、旅行者数の大幅な減少という結果となって現れている。 国の GDP の約3%が観光産業から成っているイエメンでは、観光産業の崩壊は災害に等しい。

今週イエメンで起きた武装民族による2人のアメリカ人の誘拐は、イエメンの観光産業の息の根を止めたと、観光ガイドのひとりは言う。

「そりゃそうだ。あの事件の後、観光客の99パーセントが来なくなったんだ」と彼は語った。

誘拐はイエメンで日常的だ。部族の指導者により、政府への要求を通す材料として、しばしば人質が使用される。ほとんどの誘拐の場合、人質はほんの数日で解放され、また、危害を加えられることもない。 とはいえ、一部の例外はある。

イエメンの2300万人の人口のうちの40パーセント以上は1日あたり2ドル未満で生活している。観光産業は2009年にイエメンに9億ドルの富をもたらした。
タグ:イエメン

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年05月28日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





French workers on strike over retirement
Press TV 2010.05.27

ghahri20100527213621840.jpg


フランスで労働者たちが定年年齢引き上げに抗議のストライキ

フランスの労働組合員は、年金受給の年齢を引き上げるとしている政府計画に抗議するために、全国的なストライキに入った。

公務員、一部の輸送労働者、教師、そして郵便労働者たちが、木曜日にデモ行進をした。

組合は何人がストライキに参加したかについては言明しなかったが、80万人が参加したとされる3月23日のストライキ程度の数を期待していると語った。

ストライキは、地下鉄や空港の運営に支障をもたらした。

財政赤字は欧州他国と同様に、フランス自身の問題へとなってきている。

サルコジ政権は、公共負債を理由に公共年金制度を見直そうとしている。そして、政府は、現在60歳としている年金受給年齢を引き上げようとしている。
タグ:ユーロ

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年05月07日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





NY株急落、一時998ドル安で1万ドル割れ
日本経済新聞 2010年05月07日

dji.gif

・現地時間午後に、ダウは1000ドル近い下げを示した。

 6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は急落。一時、前日比998ドル50セント安となる9869ドル62セントまで下落した。

 ギリシャなど欧州諸国の信用不安を嫌気した投資家のリスク回避の動きが加速。米東部時間午後2時(日本時間7日午前3時)過ぎに外国為替市場でユーロが急落したのをきっかけに、株などリスク資産の売りが一気に広がった。

 ユーロは対円で一時、1ユーロ=110円台半ばまで急落。対ドルでも1ユーロ=1.25ドル台前半まで下落した。円は対ドルでも買われ、一時87円台後半まで円高・ドル安が進んだ。

 ダウ平均は午後3時前から急速に値を戻している。午後3時(日本時間午前4時)現在、ダウ平均は前日比539ドル61セント安の10328ドル51セントで推移している。

 ダウ平均が終値で過去最大の下げ幅を記録したのは2008年9月29日の777ドル68セント安。


Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年04月10日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





<在日中国人の目>中国で光らないウインカーと日本で光る「ありがとうハザード」
大紀元日本 2010年04月10日

文・劉依林

 中国に帰省した時には、子供はタクシーに乗るのが好きだ。「ジェットコースターみたい」とワクワクする彼を横目に、隣に座る私はドキドキハラハラ。タクシー運転手のドライビングテクニックが「無謀」と言えるほど高い。町の大通りや小道、少しの隙間も見落とさず、自由自在に車線変更し、颯爽と通り抜けて行く。

 しかし、ちょっとお待ちを。車線変更する時にウインカーを出していないのではないか? 周りを見渡せば、確かにそのような車が多い。「ウインカーを出すと、逆に後ろの車が詰めてきて、いつまでたっても入れない」 とある運転手がその「極意」を話してくれた。もちろん、そうやって無理矢理割り込む車には後ろからの大きな「ブー」が待っている。

 ルールも思いやりも感じない中国の運転事情。乱暴な運転に光らないウインカー。鳴り響くクラクションに窓越しの「ジャマ」な車への罵声。カーチェイスのようで、まるで戦場だ。実際、交通事故の現場に遭遇しない日はほとんどない。

 最近の中国人には「余裕」がない。中国人自身もよく「浮噪(フーヅォ)」という言葉で自分たちを形容する。浮ついていて、騒々しい。心が落ち着かない意味である。それに対して、『広辞苑』に載っている中国語からの外来語に「マンマンデ」があり、中国人がよく使う言葉として「没問題」がある。前者は漢字で表すと「慢慢的」となり、ゆっくりとした様子を表し、「没問題」は問題ないという意味で、両者とも一昔前の中国人を代表する言葉である。つまり、昔の中国人はゆったりと大きく構えるのが特徴だった。

 もちろん「慢慢的」も「没問題」もマイナスな面はある。しかし、それらの対極にある「浮噪」もまことに厄介だ。人が浮ついて落ち着かないと、他人への配慮が生まれない。社会が浮ついて落ち着かないと、目先の利益だけに目が奪われやすい。度々指摘される中国人のマナーの悪さ、粉ミルク問題や農薬問題、食品の安全問題などなどの社会問題の根底には、「浮噪」という心理が悪さをしているのではないか。そしてさらに「浮噪」という心理の背後には、伝統文化・伝統思想の破壊で生じた精神文化の欠如が潜んでいるのではないか。

 異国の日本に戻るのがなぜかホッとする。空気がきれいな分、町中を走る車がきれい。隣の車線の車が車線変更のサインを出した。少しスピードを抑えて入れてあげたら、その車から「ありがとうハザード」が戻ってきた。日常の1コマに心が温かくなった。譲り合いや思いやり、他人を思う心は社会の潤滑剤であるかもしれない。いや、それ以上に血液であるかもしれない。


(参考ソング)文中の

> 最近の中国人には「余裕」がない。中国人自身もよく「浮噪(フーヅォ)」という言葉で自分たちを形容する。浮ついていて、騒々しい。心が落ち着かない意味である。

から思い出した、中国の女性歌手、フェイ・ウェンの1994年の歌「浮躁」を。



(歌詞)

九月天高人浮躁
La Cha Bo
La Cha Bo
九月里 平淡無聊
一切都好 只缺煩惱

タグ:中国

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。
  

2010年04月09日



In Deep のトップページは http://indeep.jp に移転しました。よろしくお願いいたします。





グリーンスパン前米FRB議長、将来的な危機の可能性を警告
ウォールストリート・ジャーナル 2010年04月08日

> 同氏は、将来の金融危機の可能性が高く、それには「これまで誰もが聞いたこともなく、今日誰も予測できない」金融商品が含まれると考えられることから、金融システムを一段と弾力性のあるものとする新基準を課すことが必要だと主張した。

 グリーンスパン前米連邦準備理事会(FRB)議長は7日、米政策当局者らに対し、金融サービス業界に資本と担保に関する極めて厳格な条件を課すよう呼びかけ、「大き過ぎてつぶせない」企業や、民間市場ならびに規制当局者が大きなリスクを予測することができない点に対処する措置が取られなければ、将来的に危機が再発する可能性が高いと警告した。

 グリーンスパン前議長はこの日、米議会の金融危機調査委員会の公聴会で用意した原稿を読み上げ、ここ数年間の出来事は「これまでで最も悪性の世界金融危機」とみなされようと指摘した。

 さらに同氏は、将来の金融危機の可能性が高く、それには「これまで誰もが聞いたこともなく、今日誰も予測できない」金融商品が含まれると考えられることから、金融システムを一段と弾力性のあるものとする新基準を課すことが必要だと主張した。

 グリーンスパン前議長は、どのような金融機関も大き過ぎて、もしくは相互関連が強過ぎて清算できないとか破たんを容認できないという概念を排除する努力を支持した。同氏はこうした概念の「存続を容認できない」と指摘した。

 同前議長は、システミックリスクを及ぼす企業に対処する良い解決法がほとんどないことを認め、政府が先制的に対応できるようリスクを認識することが可能だとの見方には懐疑的姿勢を示した。その上で、同氏は市場参加者は過去2年間に行われたような救済は将来は起こらないと確信する必要があると述べた。

 グリーンスパン前議長は、「米国民の乏しい貯蓄の生産的な利用は、破たんの危機にあり、納税者の資金により支援され、システム全体にとって重要とみなされる金融機関によって脅かされている」と指摘した。

 同氏の議長退任後に発生した金融混乱への前段階は同氏の在職中に既に始まっていたという批判が一部にあることから、同前議長の金融危機調査委員会での証言は大いに予想されていた。

 「不公平」ならびに「悪用されている」融資慣行に対処するために米議会が1994年に可決した住宅所有者保護法の実行ペースが遅いとして、FRBに批判が高まっている。グリーンスパン氏は、FRBは同法律が「忠実に実施される」よう確実にするために必要な政策を取ってきたと反論し、FRBならびに他の連邦規制当局者はサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンの展開を注視していると主張した。

 資本と担保の一段と厳しい条件に対するグリーンスパン前議長の支持は、オバマ政権ならびに議員らによる金融市場改革に向けた法案への取り組みの加速につながる可能性がある。上下両院の議員らは金融機関が潜在的なリスクに対し保証を強化するよう求める様々な取り組みを支持している。グリーンスパン前議長は、こうした条件があれば2008年終盤に発生した市場の混乱を鎮めるのに役立った可能性があると主張した。

Sponsored link


・ In Deep も» 人気ブログランキングに登録しました。よろしければクリックして下さると幸いです。