In Deep (旧)

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

太陽系9番目の巨大惑星の存在についての公式アナウンスが近いという報道
(oka at 02/15 18:20)
[2/5ページ]
Wikipedia より。

オールトの雲とは、太陽系を球殻状に取り巻いていると考えられる仮想的な天体群をいう。オランダの天文学者ヤン・オールトが長周期彗星や非周期彗星の起源として1950年に提唱した。存在を仮定されている天体は、水・一酸化炭素・二酸化炭素・メタンなどの氷が主成分であると考えられている。



・テュケー

Wikipedia より。

ギリシャ神話においてテュケー(Tyche)は都市の財産と繁栄、そしてその運命を司る中心的な女神であった。その名はギリシャ語で「幸運」を意味し、ローマ神話のフォルトゥナに対応する。


ここから翻訳記事です。

Sponsored Link

In Deep 記事広告





Largest planet in the solar system could be about to be discovered - and it's up to four times the size of Jupiter
Daily Mail (英国) 2011.02.14

太陽系で最も大きな惑星が今まさに発見されつつあるのかもしれない。その惑星の大きさは木星の4倍

科学者たちは、太陽系の遠い領域で木星の重量の4倍ほどもあると思われる新しい惑星の発見を確信しているようだ。その軌道は、地球と太陽の距離の何千倍もあり、そのことが、これまでその惑星が発見されずにいた理由ではないかとされる。

<<[4]前ページへ  [6]次ページへ>>

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

このブログのトップ
Seesaaブログ